メンズサイゾー >  AV >  中出し >  津軽弁のアヘ声が心地イイAV

AV

「奥さ、あだってる!」津軽弁のアヘ声が心地イイ!! 穢れを知らなさそうな地方娘と1泊2日でハメ撮り三昧


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第195回
■過去のレビューはコチラ

 ハメ撮りカメラマンが地方を訪れ、その地域の女性とエッチする様子を撮影。ちょっとしたロードムービーを彷彿とさせるのが、今回紹介させていただく『絶対顔出しNG契約!「奥さ、あだってる!」青森・津軽弁まる出しの色白むっちり娘をガチはめ!じょんがらラプソディー』だ。

 そんな内容とは知らず、このジャケット画像のインパクトに惹かれて手にしたのだが、コレがまた実に大当たり! 普通のAV作品に食傷気味の方に強くオススメさせていただきたい!!

 綺麗な海の見える丘で待ち合わせしたカメラマンと今回の主役であるこころチャン。標準語のカメラマンにあわせて会話するこころチャンなのだが、言葉の端々に青森弁がチラチラと出てしまう。絶対に顔出しNGということでサングラスをしているのだが、それでも美形だというのが丸わかりだ。

 現在27歳のこころチャンは工場勤めをしていて、修学旅行以外で青森を離れたことがないという純朴な娘さんである。そんな会話を聞いていて、筆者はすぐに彼女のなまりが津軽弁だとわかった。青森弁と言っても奥羽山脈を隔てて、日本海側の津軽弁と太平洋側の南部弁ではかなりの違いがあるからだ。筆者の親戚にはこの津軽弁を話す人が多いので、子どもの頃から馴染みがある。それゆえ、すぐにピンときたのである。

 ということは冒頭の海のシーンは日本海なのだろう。そんな日本海を望む風光明美な土地を車でドライブしながら、カメラマンとこころチャンの会話が続くのであった。

 最初は無理して標準語をしゃべっていたこころチャンだが、カメラマンと打ち解けていくうちに津軽弁が前面に押し出されてくることに。言葉を省略してしまい、濁点が多く、独特なイントネーションとスピーディーな津軽弁に馴染みのない人にとっては字幕スーパーが必要になるのではと余計な心配をしてしまうほどだ。

 ホテルに到着してからも二人の会話は止まらない。津軽弁ではチンコのことを「ガモ」と言い、こころチャンは初めてフェラガモというファッションブランドの名前を聞いた時にビックリしたんだそう。そんな会話が延々と続き、気が付くと鑑賞開始から30分近くが経過していた。

 実はこの作品、全体の半分近くがこうした会話シーンとなっている。普通のAV作品なら到底考えられないような割合だ。しかし、地方に赴き現地の女性とハメるという本作のコンセプトに従えば、こうした会話シーンがあるからこそそのリアリティを楽しめるというものだろう。

 その後ハメ撮りがスタートするのだが、サングラスを着用して目を隠したり、マスクを着用して口元を隠したりとせわしない感じである。途中でカメラマンがマスクのクチの部分をくり抜き、その穴を上手く使ってキスしたりフェラしてもらったりとシュールなシーンが続く。

 今まで男の人を攻めたことが無いというこころチャンの初々しいリップご奉仕も見応え十分。さらにバインと重そうな美巨乳とむっちりした肉付きも迫力があって予想以上にエロくてヌけるカラミとなっていた。

 そのままホテルに1泊して、翌日もドライブしながら会話シーンが繰り広げられる。途中で無人駅に立ち寄って露出プレイを行って、ラブホに到着。

 360度鏡張りのその部屋の中央には円型ベッドが置いてある。東京ではすっかりお目にかかれなくなった昭和臭漂うラブホだ。

 そこでまた一戦始まるのだが、このカラミは60分近くの長丁場となりとにかく濃厚なのだ。

 さんざん会話していたのでカメラマンに気を許したのだろう。前日のエッチではコンドームでの避妊を絶対条件としていたこころチャンなのだが、この日のエッチではみずから「生で入れで」と言いだす始末である。

 ピストンの最中も津軽弁丸出しでヨガりまくりアエぎまくるこころチャン。何年も彼氏がおらず日照り状態だったとのことだが、その反動で物凄く淫乱になってしまったようだ。

 クライマックスに近づくと、中出ししてもいいよとカメラマンに告げるこころチャン。

 ここで筆者は気付いてしまった! 冗長とも思える会話シーンだったが、その会話があってこそこころチャンは心を開き中出しまで許可してくれたのだろうと。

 こうして無事に中出し発射でフィニッシュ。素人女性相手なのでアクロバティックな体位や派手なアエギ声などとは無縁だったが、まさにプライベートのエッチという具合でリアリティ度が非常に高かった。

 結局最後までこころチャンの顔を拝むことはできなかったが、中出しされた後に自らカメラマンの背中に手を回して「大好きホールド」を行う彼女を見てマジ惚れしてしまったトコショー。こういう擦れていなくて情の厚い女性を1泊2日の間好き放題にできたカメラマンが羨ましくて仕方がなかった。

 筆者トコショーも一応はハメ撮りカメラマンの端くれでもある。けれども、ライター業が忙しくてここ最近はハメ撮りの仕事が御無沙汰状態となってしまっている。しかし、本作『絶対顔出しNG契約!「奥さ、あだってる!」青森・津軽弁まる出しの色白むっちり娘をガチはめ!じょんがらラプソディー』を鑑賞して、またハメ撮り仕事に意欲が湧いてきてしまった。

 ハメ撮りとは全く無縁の男性であっても、カメラ片手に地方巡りの旅をしたくなる。本作はそんなロードムービーであったといえよう。
(文=所沢ショーイチ)


『方言人妻 笑顔咲く君とずっぽりハメたい!可愛いさくらんぼのような山形の人妻』

出身県のヤツは萌えるだろうな

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週