MEGUMI、酔っ払い相手にMC能力発揮! 親しみやすさ抜群でバラエティにも再進出か


 そんなMEGUMIの様子を見た視聴者からは「さすがの知名度だな」「オジサンの扱いがうまいな~」「一緒に飲んだら楽しそう」などと感心するような声が上がっている。18歳で芸能界デビューし、グラドルとして絶大な人気を博したMEGUMIだが、2008年に前述のバンド・Dragon Ashのボーカルである降谷建志(36)と結婚し、翌年には一児の母となりメディアへの露出は控えめとなったものの、いまだに人気は健在のようだ。

「出産後のMEGUMIさんはグラドル時代と変わって、ドラマや舞台を中心に活動をしており、若干女優業にシフトしている感じもあります。また、子ども服をメインに扱うセレクトショップ『CALMA.』にも関わっており、そちらの仕事も忙しいようです。かつては歯に衣着せぬトークでバラエティでも活躍していましたが、家庭と仕事を両立する上で自然とタレント的な活動が少なくなったといえそうですね」(芸能ライター)

 結婚や出産を機に、芸能界での自分のポジションを変更するタレントは多い。MEGUMIにもそれが当てはまる部分があるのかもしれない。とはいえ再びバラエティする活躍する可能性も高いのではないかという。

「かつて出演していたバラエティでは、本質をついたようなストレートな物言いで人気を集めたMEGUMIさんですが、当時は少々キツい感じもしました。しかし最近では、母親になったことが影響しているのか、どこかマイルドになったような印象を受けます。相手の話をしっかり聞くようになったというか…。今回の『ハシゴの旅』でも、酔っ払いを相手にうまくトークを回しており、そのテクニックは若手タレントにはなかなか見られないもの。少々無難な感じがしてインパクトに欠ける気もしますが、今のバラエティ界には女性タレントに“まとめ役”となるタイプは少ないため、MC的なポジションも狙えるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 過去の「ハシゴの旅」では、女優の鈴木砂羽(42)が芸能界でも随一といわれる酒豪の本領を発揮し、自身のメーターを振り切った“ごきげんなレポート”を披露している。また、モデルの佐藤栞里(25)が酒はあまり飲めないながらも屈託のない笑顔を振りまいて、いかにも楽しげなレポート姿で好感度をアップさせている。しかし、何気ない感じですんなりと酔っ払いの懐に入っていくMEGUMIは、鈴木や佐藤と異なる親しみやすさを感じさせるものだった。そうした魅力はかつて出演していた多数のバラエティ番組で培ったものなのかもしれない。いずれにしろ、姐御的なキャラの彼女には再びバラエティに積極的になってほしいものだ。
(文=aiba)

men's Pick Up

ニュース関連トピック