ダレノガレ明美、男を意識したセクシーグラビアに挑戦! 素朴で可愛らしい素顔も告白


 また、ダレノガレは誌面の中で意外な一面も告白している。“毒舌キャラ”のイメージがある彼女だが、友人の結婚式の日にちを間違えるほど、かなり天然なところがあるという。そのため友人たちの間ではドジっ子として扱われているとのこと。ダレノガレといえば、かつて出演したバラエティで読者モデルを激しい口調で批判したり、先輩モデルに噛みついた過去を暴露したりするなど、歯に衣着せぬ物言いで知られるが、それも素直な性格ゆえからなのかもしれない。

 さらに、得意料理として「肉じゃが」を挙げたり、お酒があまり得意ではないために最近では飲みに行く機会も少なく、自宅で過ごす時間が楽しいと語るダレノガレ。ホリが深くハッキリとした顔立ちの彼女には派手な印象を抱いている人も多いだろうが、素の性格には控えめな部分もあるようだ。

 それにしても、なぜ急にダレノガレは男性誌で水着グラビアを披露して、新たなキャラをアピールするような発言をしたのだろう。

「2013年に一躍ブレイクして売れっ子タレントの仲間入りを果たしたダレノガレさんですが、一時期に比べて最近では落ち着いた芸能活動を送っています。コンスタントにテレビに出演してはいますが、準レギュラー的な立場が多く、ゴールデンタイムのバラエティでレギュラーを務めていたこともある彼女とすれば少し寂しい状況ともいえそうです。そのため、これまでのイメージとは違う素朴で可愛らしい一面を披露することでファン層を拡大し、仕事につなげようとしているのかも」(芸能ライター)

 毒舌キャラで知られるダレノガレが、実は天然で料理好きだと広まればポジティブなギャップとして受け入れられることだろう。あまり露骨になっては「あざとすぎる」といったバッシングを受けてしまうことにもなりかねないが…。いずれにしろセクシー路線には積極的に挑んでもらいたいものだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up

ニュース関連トピック