乃木坂46関連グループに『鳥居坂46』! ライバルの裾野が広がり、AKBグループ全体も活性化?


 以前からその人数やグループ数の多さから「結局AKB48以外成功していないのでは?」といった指摘もあるAKBグループ。ただ、そうはいっても今年上半期のオリコンチャートのシングル売り上げランキングでは、1位と2位がAKB48、3位がSKE48、6位にNMB48、少し離れて12位にHKT48と上位に位置しており、ライバル乃木坂46にいたっては4位に飛び込むなど、人気は衰え知らず。こうした結果から、秋元氏もある程度勝算があった上で新グループを作り続けている可能性は高いが…。

「地方グループ同士が競い合うカタチで盛り上がっている現状を考えれば、AKB本体には及ばずとも、NGT48にはある程度の成功は見えますし、地元企業を中心にしたスポンサーからの出資が見えた時点でビジネス的に“勝算アリ”。鳥居坂46に関していえば、地方グループよりも力をつけつつある乃木坂46の勢いをそのまま拡大したいという思いもあるのでは。“ライバル”の裾野が広がることは、AKBグループ全体の活性化にもつながるハズ。

 確かにグループ乱発のイメージはありますが、これもさまざまなタイミングが重なってのことではないでしょうか。NGT48にしても鳥居坂46にしても、当然ながら発表に至るまでの準備期間はそれなりに長いと思われます。にもかかわらず、これほど時期が近くなってしまった理由には、柏木さんのスキャンダルの件が少なからず影響している気がします。真偽はさておき、ネガティブな話題を打ち消す意味でも、とにかく新たな、しかも“できるかぎり前向きな”話題こそグループには必要ですから。

 “鳥居坂46”というグループ名に関して『もっといい名前があったのでは?』との声があるようですが、乃木坂46も結成当初同じようなことを言われていましたね(笑)。乃木坂がそうであったように、ビジュアル的な面やCD売り上げなどで結果を残せば、周囲の雑音も自然となくなるでしょう」(芸能ライター)

 乃木坂46には「Ray」(主婦の友社)の専属モデルを務める白石麻衣(22)をはじめ、「CanCam」(小学館)専属モデルの橋本奈々未(22)と松村沙友理(22)、そして8月からは川後陽菜(かわご・ひな/17)も「Popteen」(角川春樹事務所)の専属モデルとして活動するなど、アイドル以外での露出が増え、同性からの注目度もアップしている。この勢いに乗って、乃木坂46の関連グループが誕生することは絶好のタイミングなのかもしれない。鳥居坂46は、これまでのように大所帯のグループの可能性もある一方で、オーディションの結果次第ではソロの可能性もあるとのことだが、いずれにせよ乃木坂46との差別化は必要だろう。AKBグループに限らず、アイドルグループが乱立状態の中、秋元氏がどのような試みを目論んでいるのか楽しみにしたいところだ。
(文=サ乙)

men's Pick Up

ニュース関連トピック