幼すぎる顔立ちの長谷川美裸がアナル処女を喪失! ノーモザイクの肛門接写をとことん堪能!!

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第136回
■過去のレビューはコチラ

 
 おいおいおいおいおい! こんな少女みたいな娘のアナル開発モノだと!? こんな作品が合法的に流通している我が日本。本当にいい国である。

 というわけで、今回紹介させていただくのは『反応が良くてカワイイ女の子のアナルセックス 長谷川美裸』だ。主演の長谷川美裸(はせがわ・みら)チャンは身長144センチというミニマムバディ。なんの穢れも知らない未通女みたいな顔してるくせに、こんなハードな作品に出るとは! 鑑賞前から期待でキンタマ袋が張り裂けそうになってしまうトコショーなのであった。

 まずは美裸チャンが制服姿で登場。もうJKどころじゃない! あどけなさの残るその顔のせいでもっともっと若く見えてしまう。そう、ジャケット画像なんかより遥かに幼いのだ。くどいようだが、これは合法的な作品である。だが、あまりの幼い容姿に背徳感が半端ない!

 そんな美裸チャンがアナル処女を失うのを記念して撮影するというのが本作のコンセプト。それゆえ肛門へのこだわりが尋常ではない。性器ではないのでノーモザイクで肛門が映し出される。それもドアップで!! 綺麗な線対称の菊門がヒクヒクと動く様子を見ていると、ヘタな無修正動画なんかよりも興奮してしまう。

 こうしてアナル開発がスタート。男優が指で念入りにほぐしてからゆっくりとその指を挿入していく。未知への期待と恐怖からか美裸チャンは肉食獣に追い詰められた仔鹿のような表情を浮かべる。もう、この顔だけで十分オカズになってしまいそうなほどだ。

 指やアナルバイブなどを駆使され、見る間に開発されていく美裸チャンの肛門。最初は指の第一関節がやっとだったのに、いつの間にか美味しそうにアナルバイブを飲み込んでしまっているのだ。

 ほどよく肛門がふやけた所で本格的なカラミが開始。相互愛撫を経て、男優が「生」でマンコに挿入開始!
 
 
 
 
 えっ?
 
 
 
 
 アナルじゃないの? 呆気に取られてしまうが、男優は生挿入にウットリしながら腰を激しく振るだけだ。

 その後、チンポを引き抜いたかと思うとそのままアナルへの挿入開始! なるほどそういう流れだったかと納得。

 アナルバイブより遥かに太い肉棒なのでなかなか挿入が上手くいかない。だが、マンコから流れ出ている愛液を潤滑油代わりにしてなんとか挿入に成功。

 あまりの太さゆえ痛みを感じているのか美裸チャンは苦悶の表情を浮かべる。そんな彼女をなだめすかすようにしながら男優がゆっくりと腰を動かしていくのである。

 痛みを与えないようゆっくりとしたピストン。しかも根元まで挿入するのではなく亀頭の先っぽだけを出し入れするというものだ。まさに処女喪失モノの醍醐味とも言えるシーンだろう。今回はアナル処女ではあるが、女体を気遣ってのスローな腰振りに優しさと愛情を感じてしまう筆者であった。

 気がつくとピストンの速度が早まっていた。美裸チャンの顔からも苦悶の相が消え、快感による嗚咽の声が漏れ始めていたのだ。

 そしてそのままアナルの中に中出し発射!! チンポが引き抜かれると、菊門からドプドプと白いザーメンが流れ出てくる。もちろんその様子はノーモザイクである! いや、いくら性器じゃないとはいえ、こんなのを無修正で拝めるとは。本当にいい時代になったものだ。

 その後もアナル開発は進み、ラストはマンコとアナルへの同時生挿入にも挑戦! ただでさえ小さい美裸チャンの身体が男優二人に蹂躙されていく様子は夢に出てきそうなほどエロくてたまらないものだ。そして2連続でアナルに中出し発射されてフィニッシュとなるのであった。

 筆者トコショー、アナルセックスの経験は片手で足りるくらいしかない。だが、本作を見てしまって久しぶりにアナルセックスがシたくてたまらなくなってしまった。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

AV関連トピック