吉木りさ、若手芸人のできちゃった結婚に不満を漏らすナイナイ岡村に怒り爆発


 先週の放送で、企画の最中にもかかわらず女性と遊んだナポを「お前なめてんのかよ!」「自分の立場わかってんのか!」などと叱り飛ばした吉木。もちろんこれは昨年夏に放送されて大きな話題を呼んだ深夜番組『吉木りさに怒られたい』(テレビ東京系)の影響によるもの。ここのところ“怒りタレント”としてバラエティに出演することの多い吉木に白羽の矢が立ったカタチだ。

 ただ、後に判明したところによると、ナポは交際相手の女性から妊娠の報告を受けたばかりで、ちょうどその時期に結婚の決意をしたところだったという。そのため、自宅で話す機会も多く、カメラの前に登場してしまったとのこと。30日の放送にスタジオゲストとして登場した吉木は、このナポの告白を聞くと、いくら番組サイドの依頼だったとはいえ罵声を浴びせて怒り狂ったことを少し反省したようで、「そうだったんだ…」と声を漏らしていた。

 吉木とは対照的に若手芸人のできちゃった結婚の報告を受けた岡村は、「そんなんアカン」とぼやき始め、「時代なのかもしれんが、よくないなぁ」と愚痴をこぼす。そしてそんな岡村に対して怒りを露わにしたのが吉木。いきなり顔をこわばらせたかと思うと、岡村に向かって「さっきから古臭いこと言ってんじゃないよ!」と言い、「ねたまないで許してやんなさい!」と激しく詰め寄るのだった。それを受けた岡村はしゅんと肩を落としながら、ナポに対して祝福の言葉を力なく呟いた。ちなみに今回の放送で行われたナポVS宇治原のクイズ対決の結果は、接戦の末、宇治原が勝利した。

「『吉木りさに怒られたい』以降、吉木さんはバラエティで怒りキャラを披露することが多いですね。もちろんそれは番組サイドから求められているため。今回の放送でも、ナポさんの結婚報告に不満を漏らす岡村さんを叱るという流れは台本で決まっていたハズ。アシスタントのアナウンサーからも『そんな岡村さんをどう思いますか?』といったフリがありましたからね。吉木さんの口調もドラマほど迫力のあるものではなかったですし、途中ニヤけてしまうようなところもありましたから、バラエティバージョンの怒りキャラといえそうです」(テレビ関係者)

 深夜に放送されていた番組がタレントのキャラ設定を決めることも珍しい。それだけインパクトのあるものだったということだろう。いずれにしろ、バラエティへの起用にもつながっているとなれば、吉木にとっては新たな個性を獲得したといえそうだ。今後さらに怒りキャラが浸透するかどうかは、アドリブでどれだけ発揮できるかにかかっているのかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up

ニュース関連トピック