20歳の女の子のセックスを生で見ている感覚! 紺野ひかる『快楽に理性は崩壊。』でガチ汗だくセックス!!

0312konnno_main04.jpg

 
──AVを始めて、改めて気付いた自分ってありますか?

ひかる:始める前はこんなに自分が「もっとして」とか言っちゃうタイプだと思わなかったです(笑)。

──TEPPANの良さは、女の子のそんな性癖の部分を引き出してしまうところにあると思うんですが、AVですらこれだけ素の自分でエッチを楽しめちゃうと、プライベートの恋はできなくなるのでは?

ひかる:そうなんです! 撮影が気持ち良すぎちゃって、逆にプライベートでエッチをできない体質になってきました(笑)。でも、今は仕事優先。男優さんたちが彼氏だと思っていますよ。でも、やたら自分が攻める側の作品が続くと、Mのわたしが物足りなくなって、プライベートで攻めてくれる人が恋しくなったりすること もありますけどね。 
 

0312konnno_geki05.jpg※画像:『快楽に理性は崩壊。』(Amazonはコチラ/DMMはコチラ

 
──プライベートではどんな女の子なんですか?

ひかる:家に引き込むか、お酒飲んでるか、犬と遊んでます。どちらかというとひきこもっているタイプです。小学校のときはやんちゃだったんですけどね。今はアニメとかが好きなので。

──今後やりたい役とかありますか。

0312konnno_sub02.jpg

ひかる:学校のプール? そういうシチュエーションかな。あと姉か妹なら妹がいい。妹キャラがやりたい!「お兄ちゃん!」っていう言葉がなんか“良い”じゃないですか(笑)。(“よい”は紺野ひかるの口グセ? “いい”ではない)

──M気質を活かして縛られるのとかは?

ひかる:亀甲縛りとかですか? まだしたことがないんですよ。別にNGなわけではないですけど。

──今年は女優としてどんな感じに活動していこうと思っていますか?

ひかる:今年はもっと目標を持ってやろうって。例えば、この仕事のゴールを自分なりに探してみるとか。今、何も目標がなく突っ走っているだけなんで、ゴールを見つけて そこに突っ走っていって、そこが終わったらまた違うモチベーションで次のゴールに向ってという感じでやってみたいですね。

──最後に作品のPRをお願いします。

ひかる:今回の作品は20歳の女の子のセックスを生で見ている感覚になれる作品です。何も作らずに欲望のまま。素のわたし。そういう意味では、わたしの性癖がバレる作品かもしれないですね。わたしの攻略法がみなさんにわかってしまうかも(笑)。
(文=名鹿祥史/写真=尾藤能暢)

■TEPPAN公式サイトはコチラ
■DMMはコチラ
■Amazonはコチラ

men's Pick Up

AV関連トピック