男性器が“2本”の男性が送る、“二刀流”の性生活!


 この他、彼のイチモツならぬ“ニモツ”は、パンツの左右どちらに収められているのか、という質問に対し、彼は「左右に分かれて収めている」と回答したりしているが、これだけ多くの質問を受けながらも、まだ誰にも聞かれていないことがあるとして、昨年末にとうとう『ダブル・ヘッダー:二本のペニスを持つ人生』と題した自伝を電子書籍で刊行。同著の中で、彼は自身の生い立ちの他、1000人以上の男女と経験し、“2本の刀”を持った“両刀使い”(両性愛者)であることを明かしている。

 かなり奔放な性生活を送っている彼だが、中でも特に面白かった相手のリアクションについてウェブメディア「Rolling Stone」で語っている。

「ある男性は自身をストレート(異性愛者)だと言っていたんだけど、『ゲイの友達に羨ましがられたいからフェラしたい』って言うんだ。はじめは冗談だと思って僕は笑っていたんだけど、本当にやりはじめたから、感心したよ」

 彼によると、ストレートを公言しながらも、言い寄ってくる男性が後を絶たないそう。彼の“二刀流”は“一刀流”の男性をも両刀使いにしてしまう何かがあるようだ。

 そんな彼に対し、ゲイや潜在的ゲイ以外からも熱い視線が注がれている。それは、ポルノ業界。5百万分の1の存在である彼であれば、ポルノ界のスターになれる可能性は十分にありそうだが、しかし、彼はその選択を否定している。

「そんな作品、誰も見たことがないだろうからね。ポルノ業界に入ることを考えたことはあるよ。でも、商品にはなりたくない。自尊心は売り物にしたくないんだ」(bbcの記事より)
(文=ツジエダサト)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック