木村文乃、新ドラマ『銭の戦争』での“クールビューティー”ぶりが話題に


 今ではCM美女として、多くの視聴者の目に焼き付いている木村。しかし一時は芸能界を辞める覚悟だったという彼女が、再び女優業を本格化させたのはなぜだろう。

「演技派俳優が所属する現事務所に入ったことで、木村さんも演じることに対する意識が変わったようです。周囲からの刺激が、彼女の女優魂に火をつけたとでもいいましょうか。本人も当時を振り返り、『好きなことをやれればそれでいいという自分の考えの甘さに、気づかされたんです。初めてこの職業に真剣に向かい合うようになりました』と語っています。女優として改めて覚悟を決めた彼女は、オーディションにも受かるようになり、現在では、業界内でも注目の存在に成長しました」(芸能事務所関係者)

 『銭の戦争』の冒頭、木村はゴージャスなドレスに身を包み、優雅な佇まいで登場した。令嬢役を演じている彼女は、胸元と指先に大きな宝石をキラキラと輝かせ、ゆっくりと微笑む。見るからに気品さの漂う木村には、ネット上からも「クールビューティーな令嬢がハマっている」「似合いすぎ」といった声が寄せられている。また、バッチリ決めたスーツ姿のシーンは、いかにもデキる女といった雰囲気を醸し出し、落ち着いたセリフ回しは、上品さや知性が感じられるものだった。CMなどでは自然体な美しさが際立つ“ナチュラル系美人”ともいえる木村だが、そのギャップもまたクールさを際立たせるのに一役買ってるようだ。

 第1話の放送終了直後から、壮絶な人間ドラマとして話題となっているドラマだが、今後はさらに登場人物の関係性も複雑に絡み合っていく。物語の行方も気になるが、絶賛の声が寄せられている木村のクールビューティな令嬢が、どんな表情を見せてくれるのかにも注目だ。
(文=おおはし)

men's Pick Up

ニュース関連トピック