業界ご法度もお構いなし…得意の「逆転力」で常識を覆し続ける指原莉乃

0822sashihara_main.jpg※イメージ画像:『指原の乱vol.2 DVD』東宝

 20日深夜に放送されたAKBグループのバラエティ番組『恋愛総選挙』(フジテレビ系)と『HKT48のおでかけ!』(TBS系)が同時間帯に流されるという、いわゆる“裏かぶり”を起こし、ネット上で話題を集めている。同じAKBグループによる番組が被ることも珍しいが、両番組でメインを務めていたのはHKT48の指原莉乃(21)で、以前にも『指原の乱』(テレビ東京系)と『HKT48のおでかけ!』で裏かぶり経験のある指原には、「またか」の声が寄せられている。

 裏かぶりの原因は、フジテレビが放送していたワールドカップバレーの中継が延長し、『恋愛総選挙』の放送時間が遅れたことによるもので指原に非はない。局の事情による不測の事態といえるだろう。さらにいえば、それだけ指原が番組に出演しているという証でもある。

「そもそもなぜ裏かぶりがダメかと言いますと、視聴者が割れてしまうからなんです。そのタレントを見たい視聴者が100人いたとしても、番組が同じ時刻に放送されたら単純に考えて50人ずつに分かれてしまいますからね。そうなるともちろん視聴率も半減してしまいます。それを防ぐために裏番組でかぶらないように局の編成は配慮しているわけです。スポンサーへの気配りですよ。それを徹底していることで有名なのがジャニーズ事務所です。同じタレントはもちろんのこと、所属するタレントが同時刻に登場しないようにするほどきっちり管理してますからね。ただ、今では朝の帯番組である『あさイチ』(NHK)と『いっぷく!』(TBS系)で、井ノ原快彦(38)と国分太一(39)がかぶっていますが、それぞれ人気を確立したタレントでもあるので、例外を認めたのでしょう。事務所は同じでもグループは違いますからね。ジャニーズ事務所も所属タレントが増えてきているので、少しずつゆるくなっているのかもしれません」(業界関係者)

men's Pick Up

ニュース関連トピック