「媚び媚びオーラ全開」三田友梨佳アナ、羽生結弦選手のメダル触って大バッシング

0217mitapan_main.jpg※イメージ画像:「恋のミタパン」ポニーキャニオン

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(19)がソチ五輪の男子シングルで日本人史上初の金メダルに輝き、その祝福ムードがいまだ冷めやらない。女形のような華奢なスタイルと甘いマスク、プーさんのぬいぐるみが大好きでスイーツに目がないという乙女男子ぶり、それでいて世界トップの実力で王子様のような華麗な演技で観客を酔わせる。このギャップに世の女性たちはメロメロだ。

 テレビ各局もこの人気にあやかろうと、ソチに設置した特設スタジオに羽生選手を招き、その肉声をお茶の間に届けている。ところが、ある女子アナの対応が視聴者の大ヒンシュクを買ってしまった。

 その女子アナとは、フジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(26)。17日に放送された朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で三田アナが羽生選手を取材した様子が流された。表彰式を取材した三田アナだが、その途中で感極まって号泣。歴史的快挙に感動した気持ちがあふれ出てしまったのだろうが、ネット上の視聴者からは「リポートする気あるのか」「この人、毎度毎度泣いててウンザリ」「ミタパンより羽生くんの顔を映せよ」「これって選手じゃなく女子アナがメインなの?」などといった批判が噴出した。同番組では、これまでも連日羽生選手の取材リポートをしていたが、その内容は羽生選手の演技と三田アナのアップを交互に映すなど、どちらがメインか分からない構成だった。

 その後、羽生選手がスタジオに登場。ここで三田アナは「触らせてもらっていいですか?」と言い出し、若干困惑気味の羽生選手の首から下げられた金メダルを手にとった。三田アナは上目遣いで「あ、大きい。大きいですね!」と感想を口にしながら大げさにも思えるリアクション。これもなぜか視聴者の間で物議を醸すことになり、ネット上には以下のような意見が上がっている。

「羽生くんの金メダルに気安く触るんじゃねえよ!」
「媚び媚びオーラ全開でドン引きした…」
「なれなれしいし、言動がいちいちウザい」
「上目遣いで『大きいですね』って朝から何やってんの」
「羽生くんを見詰める三田アナの目が狩りをするヒョウのようだった」
「ああいう女子アナには近付いてもらいたくない」

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 所沢ショーイチ
  3. 元デリヘル店長の回想録
  4. ドスケベ女の性事情
  5. トコショー
  6. 唯井まひろ
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. パンチラ連載
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事