アイドルの肩書きを返上してまでAV女優の道を選んだ大型新人・伊東紅が心中を激白!

beni_DSC1813.jpg

──デビュー作は、アイドルからAV女優へと生まれ変わっていく紅ちゃんの素顔を捉えたドキュメントですよね。冒頭のインタビューの時に監督に「覚悟はできていますか?」と聞かれたとき、紅ちゃんは「はい」と答えていますが、正直そうは思えなかったんです。本心を聞かせていただけますか?

伊東 ん~。覚悟はできていたと思うんです。でも、カラダひとつで挑める自信はありませんでした。だから、それが伝わってしまったのかも…。最近のカメラって高性能だから、嘘つけないんですよね(笑)。

──あんな風にじっくり服を脱いでいくことになると思っていた?

伊東 知らなかったです。AVの知識がなかったので、セックスする以外は想像もできなくて。でも、初脱ぎをあんな風にじっくり撮ってもらえたのは嬉しかったです。伊東紅という女の子が脱ぐ瞬間を大事にしてくれてるんだと実感できたから。

──暖かい視線を感じた?

伊東 そうです。だから私も一枚一枚心を込めて脱がせていただきました。でもね、最後の下着を脱いだ時は、「あれ? これどこに置いたらいいんだろう?」って考えてました。脱ぎっぱなしは恥ずかしいでしょ?

──脱いだ服をきちんとたたんでいる姿がとても印象的でしたよ。女の子らしいなって。

伊東 ありがとうございます。不安もあり自信もない中で、ただ脱ぐことしかできませんでしたが、それでもしっかり見守ってくれる人がいるということが本当に嬉しいです。

──初セックスの事は覚えてる?

伊東 そうですね~。どんなことを考えていたのかは、思い出せません。でも、不思議と現場の風景は覚えていますね。どこにどのスタッフさんがいたとか、どんな部屋だったかとか。男優さんが凄く爽やかな方だったとも覚えています。暖かいまなざしの方で、私を女性として優しく接してくれたのが嬉しかったです。

──プライベートのセックスとはどう違った?

伊東 あそこまで丁寧にリードしてもらったのは初めてで感動しました。悪い意味ではありませんけど、普通の男の子のセックスって、そこまで温かみのあるものではないと思うんです。サバサバしてるのが普通なのかなって。だから、これが本当のセックスなのかなって思ったら、凄く癒されて、乙女な気分になりました。

──だから敏感になってたのかな? 腰がピクピク痙攣してましたよね。

伊東 それ、監督さんにも言われたんですけど、ピクピクしてました? 自分がどんなセックスをするか分かっていないので…。私、テクニックよりムード重視なので、初めて経験した甘いムードに入り込んでしまったのかも。

──本当に激甘でした。初セックスから、あそこまで甘いムードを漂わせるのは只者ではないなと感じましたよ。セックスが終わった瞬間、ふわっと緩んだ顔が可愛くて目に焼き付いてしまいました。でも、少し気になったのが、胸に発射された精子を指でくちゅくちゅ弄ってたでしょ? あれはなぜ?

伊東 あ、それは…半年ぶりに触ったからです。

──と、いうと?

伊東 半年ぶりのエッチだったんです。私って、恋愛より将来(仕事)を優先してしまうタイプなんですよね。いいのか、悪いのか(笑)。

──アイドルの鏡だね!

伊東 いえいえ、もうアイドルじゃありませんから。今後は、お仕事として堂々とエッチなことができちゃうので楽しみで仕方ないんです。

──かなり前向きですね!

伊東 あはは…よくしゃべるでしょ?(笑) 皆さんに驚かれます。

beni_DSC1710.jpg

──“しゃべる”でつなげるのもアレですが(笑)、ちなみに、フェラは得意ですか?

伊東 う~ん、嫌いではないですけど経験が少ないので、男性がどこを気持ちいいと思うのかという知識があまりないんです。しかも、男優さんは大きいので、お口に入らなくて苦労しました。ご奉仕に慣れていないので、その不安も大きかったですね。これから勉強していけば、堂々と「好き」って言えると思うのですが…。

──これまでの経験人数は?

伊東 5人です。でも、内容はそんなに濃くないかも。ご奉仕をした経験が少ないんです。初めてのセックスの時から、されるがままだったので。

──プライベートではどんなセックスしてたの?

伊東 積極的にはなれませんでしたね。相手に言われたとおりにいろんな経験をしてきたかなと思います。絶対無理ということ以外は、相手から求められたことはやっちゃうんです。そういう意味では撮影もプライベートも感覚は同じでしたね。指示する相手がセックスしてる相手ではなく、その向こう側でモニターを観てる人だったという違いだけで。

──これまた大物な発言ですね。気になるのが、されるがままの初体験なのですが?

伊東 私の人生の中で一番変わったセックスだったんです。コンクリートの上でしたから。

──どういうこと?

伊東 彼が車を持っていたのでドライブというか近所を走らせていたんですけど、その流れでそんな感じになってしまい、でも車が狭かったのでできなかったんです。気が付くと抱えられてコンクリートの上に寝かされてました。だから、初めてのセックスは体育館施設の玄関になってしまいました(笑)。

──処女のころから人前でセックスしたい願望があったとか?

伊東 ないですよ~(笑)。性欲自体あまりなかったんです。でも、好きな人に求められたら嬉しいじゃないですか。Mなので、最初は「イヤ~」っていうんですけど、そう言ってさらに激しく迫られることを密かに期待していたりしたんです(爆笑)。

──なんだか安心しました。真面目すぎる子かと心配になったけど、ちゃんとエッチな子なんだね(笑)。

伊東 あはは。そうですよ。エッチなことに興味がなかったら、この仕事はできませんから。でも、この仕事の良さって、ただセックスするだけじゃないってことだとも思ってます。撮影をしてみて、勉強になることがいっぱいあったんですよ。それがやりがいでもあるんですよね。

──やっぱり真面目だ(笑)。では、勉強になったというプレイは?

伊東 ほぼ初体験で勉強することばかりでしたけど、驚いたのは騎乗位で女の子が反対を向く体位、背面騎乗位って言うんでしたっけ? あれは「なんで私は反対を向けられているんだろう?」って不思議だったんですけど、“AVならでは”だと聞いて納得したんです。普通、セックスする時ってお互いの顔を見ますよね? でも、AVでは観ている方のためにセックスする相手に背中を向けることもあるんだって。そういう目立たないところにこだわりがあるんだと驚かされました。

──変わった体位は苦手?

伊東 それはないです。ただビックリしただけです。ジェットコースターと同じ感覚。次はどうなっちゃうんだろうってドキドキ感がアトラクションみたいで楽しかったです(笑)。

──驚かされると言えば、どっきりにひっかかるシーンもありましたね?

伊東 そうなんですよ~。質問のコーナーのはずが、急にオナニーして下さいって指令に変わっていて…。戸惑っていたら急に人がどば~って入ってきて。そこは、観ている方は面白いシーンだと思うので、笑ってやってください。私、イジラれキャラなので、ああいうのも嫌いではないんです。

──さまざまな体験を重ねて、その度に素顔でリアクションする紅ちゃんにハマる男性が続出すると思います。しかし、デビュー作はどたばたばかりではなく、まさかのエンディングを迎えるんですよね?

伊東 はい…。最後、凄く泣いてしまったんです。

──あの涙の意味は?

伊東 観てくれた方々に自分の決意を話すシーンだったんですけど、これまでの想いが一気に溢れてしまったんです。脱ぐことに抵抗がなかったわけではないし、何も分からない状態で現場に入って、それなりに自分のできる限りをやって、そういった経緯の中で、それができたという達成感と、こんな私がやりやすい環境を作ってくれたスタッフへの感謝と…。あの涙はきっと、頑張った自分を褒めてあげたいという気持ちが爆発したのかも。あっ、こうして話してるだけで、また泣きそう(苦笑)。

──アイドル時代はその努力が報われなかったんだよね。その悔しさも爆発したのかな?

伊東 それもあるし、逆に1人だと他の人がカバーしてくれないと分かっていたので、その不安もあったし…。でも、できないことも頑張れば報われるんだと認めてもらえたことが嬉しかったんです。完璧に近づけた方がいいんだろうけど、それはすぐにはできないですからね。そういう焦りを優しく受け止めてくれた、AV界に対する感謝の気持ちはとても大きいです。

──今後はどんなAV女優になりたいですか?

伊東 いろんなことを経験したいです! いっぱい成長したいです! そして、みなさんに愛される女優になりたいです!!

──では、最後に熱い“想い”をぶちまけちゃってください!

伊東 このデビュー作は、スタッフさん、監督さん、男優さんたちが、凄く大事に作ってくれた素敵な感動大作です。緊張やぎこちないところも伝わってしまうと思いますが、一所懸命に頑張りましたので、みなさんの感想をぜひ聞かせて欲しいです。怖いし、不安もありますが、愛のあるお言葉を待っています♪ 一緒に、紅の成長を見届けて下さいね!

beni_DSC1783.jpg

 新人女優のデビューインタビューは、軽く3ケタはやらせていただいている筆者ですが、こんなにも纏め作業に苦労した女の子は初めてかもしれません。なぜなら、紅ちゃんの熱いトークは、本当はこの2倍の分量があったのです。きっと、デビュー作が4時間にも及ぶ大作になったのも、その同じ理由なんだと思いました。1シーンごとに素直な感情をぶつけて挑む紅ちゃん。現代社会では「努力の人」ほど報われないと思われがちですが、いやいやそんなことはないのだなと、小さな体からポジティブオーラを発散する彼女を目の当たりにして強く感じました。

 さて、気になる大型新人・伊東紅ちゃんの作品を手軽に楽しめるお得なスマホ専用サイトがあります。iPhoneとAndroidのどちらでも楽しめるアダルト動画サイト『ShowMall「おとなのアダルト動画」』では、月額わずか577円で最大70本のAVが観放題。常時35本の話題作が用意されており、毎日1本ずつ作品が入れ替わるという画期的なシステムが大評判に! 最新作も1本から購入できますので、出費が気になるという方も安心してご利用できます。まずは無料会員登録でお確かめの上、ご利用ください。善は急げ。新人の熱は熱いうちに味わうべし、ですよ!
(取材・文=文月みほ/写真=辰巳千恵)

■『元アイドルユニットメンバー伊東紅AVデビュー
■「ShowMall」はコチラ
アリスJAPAN公式ホームページコチラ

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 4コマグラビア
  2. 所沢ショーイチ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 元デリヘル店長の回想録
  5. トコショー
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. 風俗体験談
  8. ヘンリー塚本
  9. 世界一周エロ旅
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事