【ネットナンパ】甘酸っぱいマン臭も大好物なんデス!

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】

【ネットナンパ】甘酸っぱいマン臭も大好物なんデス!の画像1
Illustrate by ながおか

 筆者が愛用している出会える系サイト。ここ数年来の変化として著しいのは30代以上の女性が急激に増えたことだろう。以前なら30代というだけで必要以上に目立っていたし、よほどの熟女マニアくらいにしか需要がなかったのである。

 だが、現在は40代、50代の女性も平気な顔して募集しているのだ。男性側もそんな熟年女性の書き込みを茶飯事として受け止めているといった格好である。

 そんな高齢化現象が進む出会える系サイトだが、もちろん若い娘さんも存在している。中でも人気なのは18歳から19歳といった未成年の少女だ。

 そしてこういった出会える系サイトを利用する男性は、なんだかんだ言っても若い娘さんには目が無い。それゆえ、未成年女子の書き込みが行われると、アっという間に複数の男性がアプローチして募集が締め切られてしまうのである。

 かく言う筆者も若い娘さんも大好物だ。自分の娘といっても通じそうな年の差が、背徳感を否応なしに後押ししてくれるのでたまらないのである。

 
———————–
新宿で会えますよ☆ 
 

今から会えるひとー☆☆
チビっこでロリロリしてますが、立派な大人です。
まだ18だからお酒とタバコはダメなんですけどね。 
 
それでもエッチの経験は子供じゃありません!
終電まで私をお姫様扱いしてくれませんか? 
 

書込み日時:4/* 20:10
受付メール数 :2/15 
 
メールを送信する 
 
♀やいこ 
 
18-19歳
販売業
———————–

 
 いつものように愛用サイトの一つである【ワクワクメール】を覗いていると、こんな書き込みに遭遇した。この時、時間は20時15分。わずか5分もの間で、既に2名の男性がこのやいこチャンにアプローチしていた。やはり未成年の人気は高いのである。

 少々出遅れた感もあったが、諦めたらそこで試合が終わってしまう。ポイントの無駄撃ちになってしまうことを恐れずにアプローチを開始した筆者であった。

 
———————–
こんばんは、やいこさん。
都内のデザイン事務所で働くショーイチ、34歳です。 
 
たったいま仕事が終わったところでヒマしてました。
このまま真っ直ぐ帰宅するのが寂しいと思ってた所です。 
 
そんな時、やいこさんの書き込みを見ちゃいました!
ぜひ、こんな私と遊んでもらえませんか? 
 
痛いのとか汚いのとかは興味がないノーマルなので、安心してもらえると思います。 
 
良かったら、詳しい条件とか教えてもらえますか?
———————–

 
 この【ワクワクメール】では、こうした返信を行うと5ポイントほどのポイント消費となる。1ポイントは10円もしないので、メールを1通送るたびにかかる金額は数十円ほどだ。だいたい一人の女性と会うに至るまでは平均4、5通ほどのメールを送ることになるので、合計200円弱といった感じである。

 出会える系サイトを使う以前の筆者は、この200円弱を高いと思っていた。だが、ポイント消費の発生しない無料系サイトはとにかく効率が悪いのである。百戦錬磨を自負する筆者であっても、成功率はせいぜい数割ほどだった。無料ゆえ男性ユーザーの数も多く、冷やかしの女性ユーザーも多かったからだ。

 そんなワケで、今の筆者はこの200円弱が物凄く安く感じるのである。そもそもこの程度の金額で二の足を踏むような方は、出会える系サイトには不向きであると断言しておこう。

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

 さて、話が逸れてしまったが、上のアタックメールを送信して間もなくやいこチャンから返信が届いた。そこから数通ほどのメールを交換し、無事に待ち合わせの約束を取り付けることに成功したのであった。

 待ち合わせ場所は、新宿アルタ前から道路一本を隔てた所にある喫煙コーナーだ。実はここ、最近の筆者のお気に入りなのである。煙草を吸いながら女の子を待ち、無事に合流できた後は他の喫煙者を後に残して去るのが気持ちイイのだ。

 約束の時間ちょうどに、やいこチャンらしき女性がキョロキョロしながら喫煙コーナーに近づいてきた。あらかじめ彼女の服装を聞いていたのでスグにピンときたのである。

 吸っていた煙草をすぐに揉み消さず、ゆっくりと紫煙を味わいながら値踏みを開始する筆者。彼女の身長は150センチ以下のミニモニ体型であった。おっと、最近の若い方には「ミニモニ」では通じないかもしれない。要するに超チビっ子のロリロリしたスタイルってことである。ちょっと場違いな彼女に、周りの喫煙者の注目が集まっていることがヒシヒシと感じられた。

 筆者はあいにく視力がよくないので、顔まではハッキリ判別できなかった。だが、顔なんて些細な問題だ。周りの喫煙者に優越感を感じながらゆっくりと彼女に近づいて行き、声をかけた。

 
「こんばんはぁ、やいこチャンかな?」 
 
「あ、は、ハイ」

 
 筆者に顔を向けながら返事をするやいこチャン。
 
 
 
 うーん、微妙だった。 
 
 
 
 若さゆえかお肌はツルツルのピカピカで弾力に富んでいそうだったが、造作がイマイチだったのである。薄化粧というかほとんど素っぴんに近いのであろう。そんなやいこチャンを芸能人で例えると、小森純の素っぴん顔といった感じだ。

 おしゃれのセンスもイマイチのようで、趣味の悪い花柄のスカートも印象的だった。

 だが、無問題! たまにはこんな野暮ったい娘といたすのも面白そうである。そもそもおしゃれセンスがゼロに等しい筆者にファッションセンスを語る資格はないのであった。

 
「お待たせ! ワクワクメールで約束していたショーイチです」 
 
「あ、やいこです。今日はよろしくお願いします」

 
 ペコっと頭を下げるやいこチャン。このように出会ってすぐに頭を垂れることができる娘は、ほとんどの場合アタリである。育ちの良さゆえか、こちらの要求にあまり嫌な顔をせずに応じてくれることが多いのだ。

 途端に気を良くした筆者トコショー。ここまでは小声で会話していたのだが、少しボリュームを上げて周りの人に聞こえるくらいの声で「じゃ、行こうか!」と告げた。そして、彼女の腰にそっと手をまわしながらホテル街へと向かったのである。

 歩きながら世間話を開始。

 
「ね、やいこチャン。俺の他にもたくさんメール来てたでしょ?」 
 
「あ、はい。ショーイチさんからメール来る前に二人の人からメールもらってました」 
 
「え? じゃあ俺を入れて3人だけ?」 
 
「はい。ショーイチさんに返事したあと、掲示板の書き込みを停止しましたから」 
 
「あぁ、なるほどね。放っておくといくらでもメール来ちゃいそうだものね」 
 
「はい。そうみたいですね」 
 
「やいこチャンはよくワクワクとかで遊んでるの?」 
 
「先月友達に聞いてからなので、まだ1カ月くらいですかね」 
 
「こうやって会うのは俺で何人目?」 
 
「えーっと……」 
 
「あ、答えたくなかったら無理しないでね」 
 
「いえ、お会いしたのは3人ですけどホテルに行くのはショーイチさんで二人目です」 
 
「あぁ、そうなんだ。そのうちの1人は会って逃げた感じ?」 
 
「そのぉ、ちょっと怖そうな人だったんでその場でゴメンナサイしちゃいました」 
 
「うん。それで良かったと思うよ。ホテルに入って二人っきりになってからじゃ遅いもんね」

 
 などとおしゃべりしている間にホテルに到着。この時筆者が選んだホテルは、休憩3,980円のお手頃価格のところ。ここ最近ちょっと遊びすぎでフトコロが寂しげなので仕方あるまい。浴室がそう広くないので、別々にシャワーを浴びてからの開戦となった。

 受け身のエッチが好きとのことだったので、筆者が主導権を握り攻めることに。

 
「じゃあ、痛いとか嫌だと思ったらスグに教えてね」 
 
「はい」 
 
「あ、それと気持ちイイ愛撫があったら続けてあげるから、それも教えてね」 
 
「(コクン)」

 
 ベッドの上で仰向けに横たわるやいこチャンをまずは視姦。身長145センチほどのやせ形体型で、オッパイはBカップほど。うっすらと控えめなアンダーヘアの茂みがロリロリしていて鼻血ものだ。

 視覚で十分興奮した後、軽めのディープキスを交わす。おっかなびっくりといった感じで筆者の舌を受け入れるやいこチャン。
 
 
 
 
ムハーっ!! おぼこい反応がたまらん!!
 
 
 
 
 本当はもっとねちっこい親父愛撫を叩き込みたいところだが、やりすぎてヒかれては元も子もない。早々にキスを切り上げてオッパイを攻めることにした。

 柔らかい乳首ちゃんであったが、クチに含んで吸った途端にガッチガチに固くなった。感度はかなり良好そうだ。だが、やいこチャンは荒い呼吸を繰り返すだけでなかなかアエギ声を聞かせてくれない。我慢比べとばかりに彼女がアエぐまで胸を攻め続けるという選択肢もあったのだが、あまり焦らしても可哀そうだ。

 胸の愛撫を終えて、クンニに移行した。
 
 
 
 
ツン!
 
 
 
 
 まんちょに顔を近づけると、甘酸っぱい臭気が筆者の顔面を襲ってきた。これぞ青春の香りだ。若い娘さんが放つこの香りは、収穫前の果実のようである。

 食欲と性欲を同時に刺激され、夢中で武者ぶりつく筆者。彼女の愛液と筆者の唾液にまみれ、どんどん熱を帯びて行くおまんちょであった。

 
 唇でクリちゃんの皮を上下に剥き、舌先をチョロチョロと動かしてクリトリスを攻める。 
 
 顔を横に向け、クリちゃんと大陰唇を口内に頬張るようにして吸う。 
 
 唇でクリちゃんを軽く挟んだ状態で深呼吸を繰り返し、微妙な振動を与える。 
 
 舌を膣に挿入しながら、顔を小刻みに動かして尿道口にあてた鼻で刺激する。 
 
 ダダ漏れになった愛液をローション代わりにしてアナルを指先でソっと突っつく。

 
 時間を忘れてクンニに熱中するトコショー。いや、時間だけではない。日頃のしがらみから解放され、無我の境地でクンニに没頭する。嗚呼、女性器を舐める行為はなんてすばらしいんだ。いつの日か筆者の愚息が引退してしまっても、クンニだけは生涯止めることができないだろう。

 フと気がつくと、やいこチャンのクチからアエギ声が漏れていた。そして、筆者の愛撫に応えるかのように腰をガクンガクンと震わせていた。

 
「おまんこ舐められるの好きなんだね?」 
 
「や、そんなこと聞かないで」

 
 いつもならもっと言葉で攻めるところだが、年端もいかない娘には難易度が高すぎるかもしれない。

 
「じゃ、そろそろ入れちゃうね」、と断ってからゴムを装着。そして正常位でインサート開始だ。
 
 
 
 
ギッチギチ!!
 
 
 
 
 根元まで挿入した愚息を締め上げるおまんちょ。や、やばすぎる!! 一歩でも動いたらヤられてしまう。

 
「ね、やいこチャン。そんなにアソコを締めないで」 
 
「え、そ、そんなことできません」 
 
「だって凄い締め付けてるよ。もうちょっと力を抜いてくれる?」 
 
「だ、だってどうすればいいかわからないんです」 
 
「じゃあさ、肩の力を抜いて深呼吸してごらん」 
 
「(スーハー、スーハー)」

 
 なんとか締め付けから逃れようとするものの、無駄な抵抗だったようだ。彼女のまんちょは愚息を強く咥え込んだまま放してくれそうにない。

 彼女が呼吸するたびに微妙な振動が肉棒全体に伝わり、それだけでイってしまいそうになる!!

 このままでは格好がつかない。それまで密着させていた上半身を起こし、彼女の両脚を掴む筆者。そしてゆっくりと広げていく。
 
 
 
 
ギッチギチチ!!
 
 
 
 
 ダメだ。一向に緩みそうもない。だったら開き直るまでだ。
 
 
 
 
ガガガガガガガガ、ガクガクガクがク、がががガガガが!!
 
 
 
 
 高速で小刻みなピストンを叩き込む。そして「イクよ!」と声をかけた。
 
 
 
 
ふぅ。
 
 
 
 
 ピストンしていた時間は10秒もなかっただろう。せっかくのキツキツまんちょを味わうことのできない早漏チンポが本当にうらめしい。

 
「ありがとう、やいこチャン。やいこチャンのアソコが気持ち良すぎて、スグにイっちゃったよ」 
 
「わ、私も気持ち良かったです」

 
 社交辞令なのは百も承知だが、彼女の気遣いに救われた格好だ。しばし合体したまま余韻を楽しみ、ソっと愚息を引き抜く。彼女の締め付けのせいで、危うくゴムを膣内に残してしまいそうになったほどだった。

 いつもなら帰り支度をしている最中に連絡先の交換を切り出す筆者。だが、この日はどうもそんな気分になれなかった。たしかにまんちょの締り具合は抜群だったが、完全受け身のマグロだったやいこチャンと再会したいとは思えなかったからだ。

 
「じゃ、また機会があったら遊ぼうね」と駅前で別れてサヨウナラと相成った。

 見た目はロリロリで、エッチのほうは淫乱熟女ばりのセフレが欲しいなぁ。そんな女性と出会うまで、出会える系サイトは止められないことだろう。いや、例えそんなセフレができたとしても、筆者のこの病気は死ぬまで治らないハズだ。

(文=所沢ショーイチ)

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

人気コンテンツ関連トピック