愛人疑惑? 月に3日の仕事で高級マンション住まい、BMWに乗るグラドル


 テレビ的には「売れないタレント」の部類に見えるかもしれないが、実はグラドルの仕事は幅広い。彼女たちもいわゆる“愛人手当”に頼ることなく、それなりに自立した生き方をしているようだ。また、彼女たちに限らず、タレントの住むマンションの家賃は基本的に事務所が払っている。杉原杏璃が深刻なストーカー被害に悩んでいたが、DVD発売記念の握手・撮影会を通じて熱烈なファンがついてしまうこともあるため、セキュリティのしっかりしたマンションをあてがうのが普通だ。

「家賃だけでなく衣装代、化粧品代などまで事務所負担の場合も。最近だとブログで宣伝する代わりに商品をもらったり、ギャラが発生したりとオイシイ副業もありますしね。ただ、事務所が支払う給料だけで物足りなければ、それ以上を求めて何らかの契約を交わす…ということもあるでしょう」(前同)

 ちなみに尾崎は番組内で、芸能人専門AVレーベルの「MUTEKI」から毎年出演オファーがあると暴露していた。大金を手にするためにそうした方向にシフトチェンジすることも可能だが、尾崎は今のところは出演を断っているという。それにしても、月に数日の労働時間で、高級マンションでの有閑生活を謳歌できるとすれば、タレントとは実に魅力的な仕事のように見えるが、実際は「30代、40代になっても同じようにやっていけるわけではないし、やはり将来を不安に思っているコが多い。正直、月に100万も稼げないコたちは早めにいい人を見つけて結婚するしかないという焦りがある」(前同)というから、老後を見据えればそう甘い世界でもなさそうだ。

men's Pick Up

芸能関連トピック