【フィリピーナの魅力】宗教を感じるエクスタシー

crosssex1217.jpg※イメージ画像 photo by wonderboy83 from flickr

フィリピン在住・ことぶき太郎が綴る、フィリピーナの魅力発見
「快感体験観察日記第14弾!」

 宗教を否定するわけでも辱めるわけでもないが、セックスと宗教は切り離せないものがあると思う。それは、セックスは肉体的行為で、宗教は精神的なものだからだ。

 まったく違うものだと思うだろうが、セックスの美味しい行為は精神的な要素が強い。心からその時を楽しみ、のめり込まなければ本当の快感は得られない。

 心に迷いがあってはならない。宗教と同じだ。

 フィリピンは8割以上がカトリックの国である。聖書に「セックスをしてはいけない」とは書いてない。他の欲望と同様に、溺れてはいけないと教えているだけだ。

 人類史上最古の犯罪は、嫉妬がらみの性欲犯罪だという。それは、今でも変わってはいないかも。宗教が欲望を戒めるのも納得がいく。

 某ホテルで仕事をしていたときだから、2004年だったと思う。見た目、敬虔なクリスチャンの女の子を面接し、雇った。ところが、彼女は未婚の母で、同居する子どもが一人と、それぞれに種の違う子供が他に二人いる、都合三人の子供を持つ28歳のオンナだったのだ。

 日本人的感覚で言えば、一人の伴侶と生涯をともにして神の下に生きる、となるのがクリスチャンであると思う。それなのに、種違いの子供三人がいて未婚、別のオトコと同棲中では……。敬虔なクリスチャン、とはいえない。

 その、同棲中のオトコと分かれた後に、オレは彼女とやってしまったのだから、文句は言えないけど。

 ある日、仕事が終わり、帰る時間が一緒になったオレは、飲みに誘った。軽く食事をして、ビールを飲みながらバンド演奏を楽しんで、ホテルとなるまで、双方とも何の疑問も抱かなかった。

 ホテルに入って、またビールで乾杯。つまらない話をしながら、笑い合っていたが、顔がほんのりと染まってきた頃、彼女は、オレの体にもたれかかってきた。

 オレは彼女の頬に手を当て、唇を重ねた。彼女の手は、オレのバスローブを取り去り、ブリーフの中をまさぐり、黒なまこを探し当てた。

 オレの手が、彼女の下着の中にもぐりこもうとすると、身体をよじる。息づかいは荒くなっているのに、オレの手が、再び下着を脱がせようとすると、身体をよじる。はて……。

(なるほど、そういうことか)

 一人納得したオレは、ブラジャーの上からふくよかなおっぱいを、むぎゅっと掴んだ。彼女の首が、後ろへ倒れる。

(やっぱり、そうか)

 納得が確信に変わったオレは、手を小さなパンティーの上へあてがった。薄い布切れを通して、恥丘のふくらみと叢の絨毯が、温かみをもって手に伝わる。彼女は、ビールの匂いの混ざった甘い吐息を吐く。

 肌を露にして触れられる前に、下着を着けたままで愛撫されることを好むオンナがいる。そうしながら、高まっていくわけだ。彼女が、そうなのだ。

 オレは、ブラジャーの上に顔を持っていき、鼻を押し付ける。コロンを下着につけているのか、甘くいい香りがする。ふくよかなおっぱいの谷間に顔を埋めながら、パンティーの上に置いた右手を、静かに下へと這わせる。

(はぁ~っ)

 と、彼女は、意外に大きなあえぎ声を出して、身体を弓なりにさせた。愛液で湿ったピンク色のパンティーが、オレの指を誘う。薄布の上から、クリトリスを転がす。ピンク色のパンティーが、おまんこに沿って、赤みを帯びた色に変色している。濡れに、濡れているようだ。オレは、中指と人指し指をパンティーの脇から滑り込ませた。

(ひぃや~っ)

 と、彼女は、日本語に聞こえるような声を上げる

 滑り込ませた指は、陰毛でざらつく土手周りから柔らかな肉ヒダを、まさぐる。十分すぎるほどに、濡れたおまんこは、指に絡み付いてくる。

 刺激的だ!

 裸のオンナを、いじくりまわすのはもちろんだが、パンティーとブラを着けたオンナを撫で回すのは、視激的で刺激的だ。見て触りながら、想像力を掻き立てる。

 彼女は、オレのブリーフを器用に脱がせ、むき出しにした黒なまこにキスをしながら、手でしごいている。横向きのまま、パンティーの中に指を入れ、想像鑑賞を楽しんでいたオレは、仰向けになって69の体制へ持っていった。

 上になった彼女は、ブラジャーをはずし、やや大きめの乳輪と乳首を黒なまこの亀頭にこすりつける。すでに、涎を流していた黒なまこは、喜びに何度もうなずいている。

 オレはパンティーの中へ入れた指を、もぞもぞと動かし続けていた。土手に生える短めの陰毛。
恥丘を覆うやや長めの陰毛。こりっとした、大きめのクリトリス。それらを、弄繰り回しながら、濡れたピンクのパンティーを見て、想像力を働かせ楽しんでいた。彼女の口に含まれた黒なまこにも、その想像力が伝わり快感倍増。

 美味しい!

 見て美味しい。

 触って美味しい。

 想像しながら、しゃぶられて美味しい。

 ゴージャスな美味しさだ。

 そして、両手を腰へもっていき、パンティーの縁をつまむ。そろりそろりと下げ、汗ばんだお尻を露にしていく。お尻の割れ目が見えてくる。片足を上げさせ、パンティーを脱がせる。

 亀裂がオレの目の前に現れ、濡れてヒクヒクしているおまんこが、曝される。彼女は、黒なまこを舐め舐めしながら、呼吸を荒くして声を出す。

(んぐっ・・・ひぃいぃやぁ~)

 この興奮は、何ともいえない。

 数多くのおまんこを見てきたけど、この眼前に迫るパンティー越しの想像快感は、中年過ぎても楽しめることに気付いた。変態かな……はははっ。

 セックスには二通りある。子どもを作る生殖行為と、愛を確かめ合い快楽を求める行為だ。宗教が戒めるのは、快楽を求めすぎる欲望であって、生殖行為ではない。

 フィリピン人は、堕胎や避妊には否定的である。理由は、カトリックだから。他に理由はない(決して、正しいとは思わないが)。

 そして、愛を確かめる行為、快楽を得るための行為としてのセックスは、別だと考えているように思える。

 しかし、その行為の結果、できてしまった子どもは、神からの授かり物なのだ(これも、決して正しいとは思わないが)から、ちょっとおかしいとも思う。

 だからか、常にセックスパートナーを探し求めている。神の与えた快楽を楽しみ、生きている実感を味わいたいのだろう。もちろん、敬虔な真のカトリック教徒もたくさんいる。でも……ちょっと違うんじゃないかなと。

 間違いを犯しても、謝れば神は許してくれると思っている。それが、フィリピンカトリックだ。確かに、聖書には何度でも許しなさい……と書いてはあるが。

 ……フィリピーナには、神が授けたたくさんの魅力と、魔力がある。
(文=ことぶき太郎)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック