相次ぐスキャンダルにファン失望…AKBに処女はいるのか?


 先日の「第3回じゃんけん大会」で優勝した島崎遥香(18)もファンに「絶対に処女!」と信じられている一人。かねてから清楚なイメージがファンに好評だった彼女は、今年7月に交流サイト『Google+』で「好きな男の子なんていなくていいじゃないか!私だって18にもなって付き合ったことないよ!」と処女宣言。彼女は渡辺と同じくスキャンダル処女でもあり、ファンにとって安心して推せる存在になっているようだ。

 同じく古参メンバーでありながらスキャンダルのない河西智美(20)も処女説が根強い。だが、最近は「合コンクイーンと呼ばれている」(週刊誌記者)というウワサがあり、昨年5月に性交との関連性が高い「骨盤腹膜炎」を患ったことを公表したため、処女厨のファンの間では評価が下がっているようだ。

 ほかにも、好きな男性にバレンタインチョコをあげたことがないという小嶋陽菜(24)、デートすらしたことがないと発言したSKE48の松井珠理奈(15=期間限定でAKB兼任)、ドラマで生まれて初めて男性とキスをしたという宮澤佐江(22=SNH48に移籍決定)、その宮澤と舞台でしたキスがファーストキスだったという柏木由紀(21)ら、処女の可能性が高いメンバーはまだまだいる。

 とはいえ、スキャンダルが発覚するまでは指原も「男性と付き合ったことがない」「携帯アドレスに男の人はお父さんとお兄ちゃんだけ。男友達もいません」などと堂々と発言していただけに、本人の言葉だけではアテにならないのが正直なところ。熱狂的なファンのためにも、メンバーは現実はどうであろうと「処女幻想」だけはアイドルとして守り抜いてほしいものである。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック