【ネットナンパ】制服で誘うって、そりゃ反則だ!

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】

【ネットナンパ】制服で誘うって、そりゃ反則だ!の画像1
Illustrate by ながおか

 ここ最近、出会い系で遊ぶ際にやたらと不美人やおデブちゃんに当たってしまう。バイオリズムみたいなもので、可愛い娘チャンとばかり当たる時期もあったりするのだが……。

 “ひさしぶりにマブい娘とエッチしたいなぁ”、そう思い接続したのは筆者愛用サイトのひとつである【PC MAX】。この連載記事で何度も紹介しているように、この【PC MAX】は、無料で女性の写真のサムネイルを見ることができるのだ。それゆえ、不美人やおデブちゃんとしたくない時に頼りになるサイトと言えよう。

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

 サイトのTOPページから『掲示板で探す・写真』をクリックして、サムネイルの一覧を表示させると違和感のある写真が飛び込んできた。

 その写真はオヘソから上のバストアップ写真。洋服を着ているのだが、なぜかその洋服の上にたくさんのハートマークスタンプ加工が施されていたのだ。顔を公開するのに躊躇して、目やクチをこうしたスタンプで隠すというのならまだわかる。だが、この娘は顔は一切隠すことなく洋服だけ隠している。どう考えてもオカシイ。

 さっそくポイントを消費して、そのサムネイル写真を通常表示に切り替えた。

 

じ、JKの制服じゃん!

 

 通常表示したことによって、スタンプの隙間から見える情報でJKの制服だと判断できた。18歳未満はサイトを利用できないという建前のはずだ。もし本物のJKでこの娘と遊んだ場合、にっくき淫行条例のせいで眠れない夜を過ごすことになってしまう。

 などとアレコレ不審に思いながら、この娘の募集内容を表示してみた。

 
———————–
タイトル:
余裕のある大人の男性希望でっす! 
 
掲示板内容:
高校卒業してからプーしてまぁす 
 
155センチで44キロ。胸はDカップかな?
童顔なのでいつも年下に間違えられちゃいます。 
 
仲良くなれたら高校の時の制服とかも持っていくよ! 
 
色んな意味で余裕のある方からのお誘いまってますね。
新宿か大久保あたりが希望です! 
 

亜美 
 
年齢 19歳
身長 155cm
体型 スリム
———————–

 ほほぅ、そういうワケか。かなりしたたかな娘である。それとなくわかるようにJKの制服で撮影したプリクラを餌にするとは!

 肝心の顔はというと、プリクラ補正がかかっているものの若かりし頃の原田知世を彷彿とさせるショートカットと涼しげな目元。どちらかというと筆者は若いころの原田知世よりも2012年現在の原田知世のほうが好みなのだが、この亜美ちゃんも充分可愛い。こうなったらこの餌に釣られるしかない!!

 
———————–
こんばんは亜美さん。新宿の会社員ショーイチ、34歳です。 
 
亜美さんの書き込みを見て、ぜひ楽しくお会いしたいと思いました。
ちょうどヒマしてたので、今すぐの待ち合わせでも数時間後の待ち合わせでも大丈夫です! 
 
条件とか希望もできるだけあわせますので詳しく教えてほしいです。
———————–

 
 運良く筆者のメールが一番乗りだった。それゆえか、数分もしない内に返信が届き交渉開始。サクっと話がまとまり待ち合わせの約束が成立したのであった。

 亜美ちゃんが指定した待ち合わせ場所は歌舞伎町入口脇のセブンイレブンの前。あらかじめお互いに服装を教え合っていたので、ほぼ約束の時間通りに合流成功。

 

び、微妙である。

 

 やはりプリクラ補正がかなり強かった。原田知世には遠く及ばない。うーん、若いころの原田知世をかなり劣化させた感じだ。今の芸能人で例えると剛力彩芽といったところ。まぁ、見る人によっては可愛く見えるかもしれないが……。

 だが、この春に高校を卒業したばかりの19歳だ。しかも、仲良くなれれば制服プレイも楽しめるかもしれない。気を取り直し、落胆している素振りを見せずにエスコート開始。 
 
 

 
「ね、亜美ちゃん。高校出てからずっとプーしてるの?」 
 
「うん、勉強嫌いだから専門にも行きたくなかったし」 
 
「じゃ、まだ親と暮らしてるのかな?」 
 
「うん。20歳になったらお水する予定だから、当分実家暮らしかなぁ」 
 
「お、お水で働きたいんだ?」 
 
「そう! ワタシ、普通のバイトとか絶対にできないし」 
 
「へ、へぇ。そうなんだ」

 

 なんとも頭の悪そうな娘だ。だが、行きずりのSEXに偏差値は関係ナッシング。それにこういう娘のほうが後腐れなく遊べるというもの。そうこうしているうちにホテルへ到着。彼女との相性を計りかねた筆者は、いつもより安めのホテルを選んだ格好だ。

 部屋に入りまず一服する筆者。すると、「喉乾いちゃったから何か飲んでいいですか?」と冷蔵庫を開けながら亜美ちゃんが訪ねてきた。まさかここでダメとは言えない。「うん。好きなの飲んでいいよ」と答えるしかない。

 ペットボトルのウーロン茶を選んだ亜美ちゃん。筆者に礼も言わず、ソファーの上であぐらをかいて飲み始める。短めのスカートから白い下着が見えているのも構わずにだ。

 間を持たせるため、そして場を盛り上げるために覚悟を決めておしゃべり開始。

 

「それにしても亜美ちゃん可愛いね。さっきから気になってたんだけど、芸能人の誰かに似てるって言われない?」 
 
「んー、たまに剛力彩芽って言われるかな。でもあんなブスに似てるって言われても全然嬉しくないし」

 

 何を言ってるんだこの女は? だが、調子を合わせるしかない。

 
「そ、そうだよね。剛力というより上戸彩に似てるんじゃない?」

 
 我ながら無理があるなと思いつつ、そう振ってみた。

「え! ホントに! そう言われたの今日で2回目。嬉しいかもぉ」 
 
「うん。目の辺りとか全体の可愛らしい感じが似てるよ」 
 
「うわぁ、嬉しい!」

 ふぅ。なんとか事なきを得た。いきなり「剛力彩芽に似てるね」と言っていたら地雷を踏むところだったようだ。こうしてとりあえず亜美ちゃんのご機嫌をとることに成功。そして別々にシャワーを浴びた後、ベッドインの運びとなった。

 仰向けで待ち構える亜美ちゃんに覆いかぶさりディープキス。煙草を吸わない十代女子の唾液の旨さに感動する筆者。24歳も年下の娘とこうやって唾液交換できるだなんて、“僕ぁ、幸せだなぁ”としみじみ。

 お次は推定Dカップのおっぱいを堪能する番。若さゆえか、パッツンパッツンに弾力に富んだ美乳だ。個人的にはふわふわのトロロンおっぱいのほうが好みなのだが、10代スリム女子にそれを求めるのは無謀ってもの。コリコリに堅くなった乳首を舌で弾きながら、強弱をつけて吸い込む。

 「痛かったりしたら、すぐに言ってね」と優しい振りをすると、「もっと強くても大丈夫だよ!」とのこと。だったら、遠慮はしない。甘噛みを交えつつ、乳房に指を喰い込ませながら攻めまくったのである。

 おっぱいのお次はアソコに行くとみせかけて、唐突に脇の下を攻めることにした。ガバっと亜美ちゃんの二の腕を掴み、バンザイの格好にさせる。「痛くしないから安心してね」と断ってから、脇の下を舐めはじめる。 
 
 

ジョリ、チリリ。

 

 処理が甘かったのか、短く堅い毛が筆者の舌を刺激する。だが、またそれも良し! 甘酸っぱい汗の匂いが筆者の食欲と性欲を刺激してくる。両方の脇の下を味わった後、いよいよデルタゾーンに突入だ。

 亜美ちゃんのアンダーヘアは綺麗に処理されていた。陰唇の周りは剃られていて、クリトリスより上の部分にわずかに毛が残る程度だった。 

 

「ずいぶん綺麗なアソコだね? エステとかで処理してもらってるの?」 
 
「ううん、自分でやってるよ!」 
 
「でも、このヒダヒダの付近とか剃るのって大変じゃない?」 
 
「あ、そこはたまに友達同士で剃りあってるの」 
 
「へ? もちろん女友達だよね?」 
 
「うん。そうだよ!」

 

 10代のうら若き乙女が二人でお互いの陰毛をジョリジョリ。想像しただけで鼻血ブーしてしまいそうだ。そんな綺麗なアソコをじっくり鑑賞した後、そっとクリトリスを舌で舐め上げる。

 ビクン、と体を反応させる亜美ちゃん。暴れすぎないよう両手で彼女の腰をホールドしながら、尿道口、膣口と続けざまに舐めまくる。

 ビクビクン。さらに反応する亜美ちゃん。そんな彼女の下半身を抑えつけながら、舌と唇と歯でヴァギナ全体を愛撫する。

 ジュワわン。愛液が後から後からあふれてくる。ちょっと酸味が強く、鉄の香りのする愛液。もしかしたら生理が近いのかもしれない。ま、どんな味にせよ10代娘の愛液と思えば甘露には違いない。たっぷりと味わった後は、シックスナインに移行。亜美ちゃんのフェラはお世辞にも上手とは言えず、時折り歯が軽く亀頭にぶつかってしまう。だが、そのおかげで早漏発射することもなく長時間の舐めあいを楽しむことができた。

 そしていよいよ挿入タイム。あらかじめ枕もとにホテルの備品としてコンドームが設置されていたが、安物のゴムを使うのを避け常備しているゴムをサクっと装着した。

 メリメリヌルっと小さい穴に挿入成功。

 

むハっ!

ヌルヌルなのにギッチギチじゃん

 

 こんな気持ちのいい穴は久し振りだ。TENGAに通常使用の数倍のローションを含ませ、万力で締めあげられているとでも言えばいいのだろうか。中までしっかり濡れ濡れで、柔らかくて温かく、なのに強烈に締め上げてくるのだ。ナマで挿入していたらひとたまりも無かったであろう。

 だがこの時筆者が装備していたのは厚さ0.1ミリの極厚タイプだった。余談だが、最近筆者は薄さ0.03ミリの極薄タイプと0.1ミリの極厚タイプの2種類のゴムを持ち歩いているのだ。

 シックスナインの最中に軽く指入れをして、挿入前からキツマンだとわかっていたので極厚タイプをチョイスしていたのである。

 
 それでも、亜美ちゃんの名器具合は厚さ0.1ミリもなにするものぞと容赦なく愚息を締め上げてくる。油断するとスグにイってしまいそうだ。

 せっかくの10代女子である。しかも名器だ。アっという間にイってしまってはもったいない!!

 腰をゆっくりと振りながら目を閉じ、心の中で般若心経を唱え始めた。 
 
 

かんじざいぼさつぎょうじんはんにゃはらみったじしょうけんごうんかいくうどいっさいくやくしゃりししきふいくうくうふいしき……
 
 
 

 高校生時代、よく金縛りに遭遇していた筆者はその恐怖から逃れるために般若心経を唱えていた。今でも空であんじることができるほど毎晩のように唱えていたものだ。まぁ、今でいう厨二病ってやつかもしれない。 
 
 

しきそくぜくうくうそくぜしきじゅそうぎょうしきやくぶにょぜしゃりしぜしょうほうくうそうふ、ふ……

ふぅ。 
 
 

 ひとつ判明した。早漏予防に般若心経は役に立たない。挿入してから1分も持たずに発射してしまったのである。

 めちゃくちゃ情けなくて恥ずかしい。穴があったら入れなおしたいくらいだ。

 

「じつはさ、俺、エッチするの1か月ぶりくらいなんだよね。それに亜美ちゃんみたいに若くて可愛いコとエッチするのも初めてだし……」

 

 早漏発射後のお約束で、いつもの言い訳をカマす筆者。もちろん大ウソで、この前日の夜もしっかりオナニーしていたのだが。

 バツの悪さを感じながら帰り支度を始める。今回は大人の余裕を見せつけるため、あえて2回戦は求めなかったのである。

 

「ね、ね、亜美ちゃん。良かったらまた都合のいい時に俺と遊んでくれるかな?」 
 
「あ、はい。いいですよ」

 

 まずまずの感触である。“こいつ、マジ早漏だし、チョー楽勝!”とでも思っているのであろう。掲示板の募集に書かれていた制服プレイをおねだりしたいところだが、どうしても切り出すことができなかった。

 “なんだよコイツ、制服目当てかよ。ウゼーなぁ”と思われたくなかったのである。そう、筆者は24歳も年下の娘を相手にマジチキンなのであった。まぁ、亜美ちゃんの名器に制服プレイが加わったら、それこそ三こすり半も持たないであろう。

 こうしてその場でお互いのメールアドレスと電話番号を交換した。

 

「20歳になってお水するまでは気楽に遊ぶつもりだから、いつでもメールしていいよ!」

 
 別れ際にタメグチで明るく告げる亜美ちゃん。田舎のヤンキーがよく口にするであろう「俺20歳になったら煙草も止めるしバカも止めてマジメになるよ」という意味不明なセリフに通じるものがあるなぁ。

 
 ちなみに、キャバクラにしろデリヘルにしろ、18歳以上から働くことは可能だ。なぜ亜美ちゃんが20歳にこだわっていたのか聞くのを忘れてしまった。東京都内で20歳以上にこだわるといったら、筆者にはソープランドぐらいしか思いつかないのだが……。

 2度目のデートの時に聞いてみたいが、やぶ蛇になってしまいそうな気もする。ま、なにはともあれ次回のデートまでに、もっと極厚タイプのゴムを探しておかねば!

(文=所沢ショーイチ)

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

人気コンテンツ関連トピック