アイドルシーンを掻き回し続ける「異物」BiS、メジャーデビュー記念インタビュー!!

Mcyzo_DSC0787.jpg

■BiSとヲタの幸福とは

──BiSって「新生アイドル研究会」なので、研究してほしいと思うことがあるんです。アイドルの側にとっての幸福ってのは売れることだけど、ヲタの側からすると近くで話せる距離にいてほしいってのがあって、アイドルの幸せとヲタの幸せは最終的にはイコールじゃないんですよね。すると、なんか一瞬触れあってるような、その一瞬が幻が幸せなんじゃないかって思ってるんですけど、そこらへんは研究会としてどうですか研究会長!

プー 「研究会長。わからないですよ。でも私たちはたぶん皆が思ってるより好きだし忘れないから。『忘れないでください』とか言われるんですけど忘れられるわけがない。そんな濃い人たちを!」

ユッフィー 「もしかしたら今後もっと接触イベントとか減っちゃったりしても別に存在は忘れないから、ずっと大事です」

──Twitterでのリプライ禁止とかも決まったじゃないですか。そうやって環境が変わってどう思われますか? どうやったら幸せになれますか?

のぞしゃん 「これからも変わらずに応援よろしくお願いします」

──もうちょっと具体的に……!

のぞしゃん 「難しいです。どうなんでしょうね、やっぱりおっしゃってくださったように、ファンの方はたぶんこういう距離を保つのがいいんでしょうし、でもBiSとしてはもっとたくさんの人を獲得したいっていうのもあるので大変ですよね。課題ですね今後の」

プー 「リプライはちょっと我慢してください。そのぶん頑張るんで。これからやらないといけないことが増えて、こういう仕事も増えたし、その合間にダンスや歌や振付もやらないといけないっていう中で、リプライを返してて夜寝れなくて疲れた顔で現場に行くとかはありえないことだと思うんですね。でそれはもうなんか」

ユッフィー 「本末転倒!」

プー 「もっと違う部分を頑張るので、そこを見て我慢してもらえたらなって思いますね。なんか落ち込んでますか?」

──いえ、ここで殺伐としたTLにミッチェルが降臨みたいな感じを期待してます。

ミッチェル 「いま『幸せとはなんなのか』と考えちゃって……」

──根源論だ! たとえば、ミッチェルはももいろクローバーZが好きだけど、自分がももクロを見ているときに何が幸せですか?

ミッチェル 「見れてるだけで幸せですよ。今はもう会えないアイドルになっちゃってるから、チケットを取れて同じ空間で同じ空気を吸えてることが幸せ」

ワッキー 「私はいっぱい気持ちを伝えていくことしかできないかなって思ってます。一方的になるかもしれないけれど、ホントに感謝の気持ちを毎回毎回言い続けます。

プー 「しかも人によって属性もちょっと違いますよね。地下で追いかけて売れていくのが好きっていう人と、売れてからのアイドルが好き――私たちがモーニング娘。が好きみたいな感じ――っていう人もいるから、そこの幸せも違うじゃないですか。テレビで見れるだけで幸せとか」

ユッフィー 「私自身は売れてるモーニング娘。さんのような手の届かないアイドルを好きでいた人間なので、アイドルってそういうものだと思ってたんです。でも、ソロで地下アイドルをやってたときはもっと接触が多かったし、そういうことも含めて私にとってはアイドルになってる今が新鮮です。そこでアイドルオタクをやってる人の感覚とはまた自分は違うんだろうなっていうのは思います」

──ユッフィーはガチ恋が多いと思うんです。

ユッフィー 「たしかに最近ファンの人たちのガチさがちょっと変わった感じがして。熱さがメジャー・デビューとかあって、お互いに環境がかわったことが影響してるかも」

──どうしたら皆が幸せになれると思いますか?

ユッフィー 「逆にどうしてほしいんですかね?」

──結婚したがってますよ、皆。

ユッフィー 「え、でも、たとえば私がガチ恋の人と結婚したら、結婚できなかった人は幸せじゃないじゃないですか、絶望じゃないですか!」

──一夫多妻も一妻多夫も認められてないから一人しか結婚できないですよ、亡命とかしないと。

プー 「そこまでいっちゃったらもう幸せにはなれない」

ユッフィー 「私としてはアイドルは雲の上の存在だったから、今自分がアイドルって言って頑張ってるけど、まず目指してるアイドルになれてないっていうのは思ってるので、まだ『なんちゃって』だなって思います」

──ミッチェルはどういう存在になりたいとかありますか?

ミッチェル 「私、天使になりたくて」

──……。

ミッチェル 「なんか今までホントにクズだったんですよ。生活自体もホント学校に行ったり行かなかったりとか、昼まで寝てたり、朝まで遊んでたりとか、クズみたいな人間で。なんか生きてる意味がない、みたいな感じだったんですよ。だから人を幸せに、笑顔にできたら、自分の存在価値が生まれてくるんじゃないかって思ってて、それが天使につながったんですよ。それって天使のことだと思って。だからアイドルさんは、一番天使に近い職業だと思って。夢に近づいてると思って」

──BiSと天使……相当イメージが離れてる気がするんですが、ミッチェルが天使になれるのかも含めて、BiSのメジャー・デビュー後の活躍を期待してます!
(取材・文=宗像明将/写真=辰巳千恵)

■「BiS 新生アイドル研究会サイト」はコチラ

men's Pick Up

ニュース関連トピック