エロ業界の鉄人・所沢ショーイチのハメ歴史 20回

【ネットナンパ】年齢差24歳のギャル二人と3P

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】

shibuyagirl0330.jpg
※イメージ画像 photo by w00kie from flickr

 筆者の元にオナニーグッズが届いた。某紙に掲載する体験記事を書くためにメーカーから送られてきたものだ。

 使い心地を試すためにさっそく実践してみた。いやぁ、最近のオナホってすごい!! 下手なユルマンよりも気持ちよく、思わず2連チャンで自家発電してしまった。その翌日のことである。先日この記事でも紹介したギャル二人組から、「今日も3Pで遊びませんか?」とのお誘いが来たのだ。

 こうした出会い系でのデートは、とにかく2度目が大事。2回目のデートでさらなる好印象を相手に与えることができれば、3度目、4度目と定期的に遊べる関係になることも可能だし、ノリさえ良ければより過激なプレイに持ち込むこともできるからだ。

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

 半日ほど前にオナホで2回も発射したばかりではあったが、二人の申し出を快諾した筆者は待ち合わせ場所へ向かった。約束の時間を5分ほど過ぎたあたりで、「ヤッホー! お待たせ!!」と大きな声が響いた。

 周りの人たちは何事かと視線を向けてくる。そんなことお構いなしに二人はツカツカと筆者に近づいてきて、「お待たせ~! 元気だった?」と明るく話しかけてきた。

 ノリノリである。

 二人は未成年なハズなのに、軽く飲んできたのではとさえ思われた。そこで「いきなりテンション高いなぁ。もしかして飲んでるの?」と聞いてみた。すると「ううん、飲んでないよぉ。いつもこんな感じだよぉ」という。

 やはり2度目のデートということで、二人とも緊張感なくやってきたからであろう。前回よりもくだけた感じで筆者にアレコレと話しかけてきた。

 これはいい傾向だ。ほくそ笑みつつ、前回と同じお風呂の広いラブオテルをチョイスしてチェックインしたのである。

 室内に入ると、筆者は前回と同じように床に正座して二人に頭を垂れた。「約束通り誘ってくれてありがとうね。俺スンゲーうれしいよ」とまじめな顔で謝意を表す。二人ともバカウケ状態で大笑いだ。「そんなことないよぉ。急に誘ったのに来てくれてアリガトね」と応じてくれた。

 そして、「じゃ、またこの間と同じように三人でお風呂入ろうよ」と向こうからうれしいお誘い。さっそく湯船にお湯をためはじめる筆者。その間、これからはサイトを通さず直接やりとりしようという話になり、三人で直アド交換を実施。これでポイントの消費を気にせずに、いつでもメールできるようになったワケだ。

 前回は初回のデートなのであまり二人のプライベートまでは聞かなかったのだが、今回は様子を見ながらいろいろと聞き出すことにした。

 まず二人とも、年齢は「18歳」とのことだ。サイトのプロフィール欄にはシステム上「18~19歳」としか表示されていなかったのだが、コレで年齢がはっきりとわかった。

 「あ、でもちょうど2カ月後の今日が誕生日だ!」だの「ワタシは9月で19歳だよ」といった会話の内容も、しっかりと頭の中にインプットする。こうした情報を覚えておき、時期が近づいたらバースデーメールを送る予定。こうすればますます、好印象を与えられるのだ。

 ノリノリで場は進み、混浴でイチャイチャした後に三人仲良くベッドイン。だが、筆者は昨夜オナホで2発抜いており、その前日にはハメ撮りの仕事で濃厚なプレイをしていた。

 それゆえ、気持ちは『賢者モード』だったのだ。

 そこで、その日は二人を気持ちよくさせることに専念。しつこいくらいに二人の赤貝を舐め倒し、ケツ穴から足指まで全身を舐めまくった。

 その後、時間をかけたスローリーな挿入を開始。途中でゴムを交換しながら、二人それぞれに挿入し、ころ合いをみて濃厚な液体を発射した。

 プレイ後、またもや三人で湯船に入りまったりとおしゃべり開始。筆者はここでもリサーチに徹することにした。二人の趣味や普段どこで遊んでいるか、カラオケでは何を歌うか、過去に付き合っていた男のタイプなどなど。一度に二人分の情報を暗記しなければいけないので大変だったが、なんとか聞きたいことは一通り聞き出せた格好だ。

 その後、「二人ともそろそろ電車の時間だよね。夜の新宿は危ないから駅まで送っていくよ」と紳士気取りで駅までエスコート。

 別れ際、「こんなに優しくされるのって初めてかも。また絶対に遊んでくださいね」とのお誘いを受けた。筆者はすかさず、「うん、エッチじゃなくてカラオケだけのデートでも付き合うから、気軽にメールしてよ。カラオケ代くらいなら、いつでもおごるからさ」とお返事。

 すると二人はなにやらコソコソナイショ話をしたかと思うと、二人して筆者のほっぺたにキスしてきたのである。新宿駅の改札付近の人混みの中である!! もうこのシチュエーションだけでゴハンが何杯でも食べられそうだ!

 オナホのおかげでいつも以上に優しく女の子に接することができた格好だ。これからはいつ二人に誘われてもいいように、オナホを持ち歩こうかなとまじめに考えている筆者であった。

 あ、二人が好きだと言っていたアーティストの曲も聴いておかなければいけないな。さっそくネットで検索して曲を覚え、いつカラオケに誘われてもいいように準備しておかなければ……。我ながら、こういうところだけはマメなんだよなぁ。

(文=所沢ショーイチ)

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

人気コンテンツ関連トピック