衝撃タトゥー美女はド変態ドM! ミステリアスな新人AV女優・水森翠インタビュー

 

――その番組はタトゥーを消すのは大変だと伝えたかったんですよね?

水森:そうなんです(笑)。私は身体にキレイな絵が描いてあるのがすごいなと思っちゃって。この人は消しているかもしれないけど、私は後悔しないだろうなって思いました。

――そのタトゥーとAVは繋がる共通点みたいなものはありますか?

水森:いや、全然ないです。私、タトゥー入っているし、胸が大きいわけでもないし、まさかAVデビューするとは思ってもいなかったです。思ってもいないっていうか、もちろん、やりたい職業ではあったんですが、やれないって勝手に思っちゃっていたので。誘ってもらってAV業界に入ったんですけど、「え? 私できるの?」っていう気持ちでした。

――しかも、デビューが大手メーカーの人気レーベルだし。

水森:そうそうそう! すごいですよね!

――タトゥー大好きな男性もいますから。知り合いのタトゥー好きな男が、タトゥーをベロベロ舐めまくるのが好きって言っていたよ(笑)。

水森:あはははは(笑)。本当ですか。

――しかも、「和彫りだったら最高。後ろにそういう男の影がちらつくから」と言ってましたよ。

水森:ふふふ(笑)。マニアックですね。

――これまで付き合ってきた恋人の反応はどうでした?

水森:事後報告もあれば、入れるって言ってから入れたものもあります。でも、基本的に私の勝手で生きてきたので。

――あまり反応はなかった?

水森:でも、二度見はされました(笑)。もともと入っていたから驚かないです。

――いちばん最初に付き合ったのは何歳くらいですか?

水森:小学生ですけど、しっかり付き合っていました。

――小学生ですか! ませてますねえ(笑)。

水森:デートもしていました。

――うらやましい! それは水森さんが小学何年生くらいですか?

水森:しっかり付き合っていたのは小学6年生くらいの時です。ヒールを履いて手を繋いでデートしていました。

――彼は何歳?

水森:同い年です。

――彼もませていた感じですか?

水森:学校のドンみたいな。ヤンキーって言うのか、やんちゃしている男の子でした。

――それはどういうきっかけで付き合ったんですか?

水森:私が好きだ~ってのを醸し出して告白させるみたいな。簡単でしたよ、小学生の時は恋愛なんて。ふふふ(笑)。

――付き合うのは相当早い方ですよね。

水森:そうですね。でも、ドキドキっていう胸の高鳴りはありましたから、ちゃんと恋愛だったと。

――小学生の彼とはどこまでいきました? デートの場所じゃないですよ(笑)。

水森:う~ん、でも、小学生だからチューくらいしかしていないんですけど、その彼とは中学に上がっていろいろあったりしたので…。

――初体験まではいかなかった?

水森:いかなかった。その彼じゃなかったです。

――初めての彼とはどうしてしなかったんですか?

水森:女の子に取られちゃったんです。中学生になったら他の学校からも女子が来るので…中学校に入ったら上には上がいました。

――付き合っているのに取られちゃった?

水森:私は生徒会に入っていたんです。そしたら同じ生徒会の茶髪でキレイな女の子に取られちゃった。ふふふ(笑)。

men's Pick Up

AV関連トピック