橋本マナミ、喘ぎ声ゲームで愛人らしさ発揮! 性癖告白で共演者ドン引き

 途中から原と愛菜の喘ぎ声はギャグっぽくなったが、最後までゲームをやり切った橋本。その喘ぎ声は、通常のトークのときよりもトーンが高く、鼻にかかった猫なで声という感じだった。これがリアルな喘ぎ声というわけではないだろうが、ベッドの中の彼女は甘えん坊なのかもしれない。

 さらに橋本は、番組オリジナルの「艶かるた」を作るコーナーで自身の性癖を明かす。サ行の読み札を考えた彼女は、「しり毛フェチ あなたのしり毛は国宝級」と男性のお尻に生えている毛が好きだと発表したのだ。

 これには原や愛菜から、「え~!?」と驚きの声が。しかし橋本は、「男の人の体毛が好き」「女の人にはないから」などと、しり毛好きをアピールし続ける。それでも原や愛菜が共感しないと、橋本は「なんで~」と逆にふたりを不思議がるのだった。

 橋本といえば、10月スタートのNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』で男性経験ゼロの女性を演じるなど、女優業ではセクシー路線から離れつつある。今回、喘ぎ声で艶っぽい魅力を放ちながら、共演者もドン引きの特殊なフェチを明かした彼女には、タレントとしては過激なキャラを貫いてほしいものだが…。

 

men's Pick Up

ニュース関連トピック