【エロ体験談】パパ友の妻と寝る

 Aの奥さんは黙ってうつむいたまま。俺は奥さんの気持ちが一番大事だと思い、それをAに伝える。するとAの奥さんは、「よろしくお願いします」と俺を見つめてきた。

 このとき奥さんをよく見ると驚くほどの美女で、かなり焦った。しかも奥さんはかなり積極的なようで、俺の手をいきなり握ってくる。そして、「いつでもいいのでウチに来てください」と言ってきた。

 彼女の必死な眼差しに異様に興奮し、俺はつい「はい…」と答えてしまった。

 それから数週間後、Aから連絡があった。


「いつまで待たせるんですか?」


 少し荒っぽい口調で、俺は「やばい」と思った。そしてすぐに身支度を整え、Aの家へ向かった。

 家に着くとすぐさまAにリビングに招き入れられ、「どうするんですか?」と迫られる。俺が返事に窮していると、Aに「あんだけやりたいって言ってたでしょ」と厳しい口調で言われた。

 確かに俺はセックスがしたい。もはや誰でもいいと思えるほど飢えている。そんな俺にとってAの奥さんは女神のような存在なのかもしれない…。俺はAに「任せてほしい」と伝え、奥さんがいるという寝室に行った。

 すでに奥さんはベッドの中にいた。俺の顔を見た彼女は少し微笑み、顔を伏せる。俺はジャケットを脱いでベッドに入った。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 所沢ショーイチ
  2. ドスケベ女の性事情
  3. トコショー
  4. 4コマグラビア
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. ヘンリー塚本
  8. 風俗体験談
  9. 世界一周エロ旅
  10. パンチラ連載
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事