メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】甘えん坊なコと初体験  > 2ページ目

【エロ体験談】初体験の相手は甘えん坊で寂しがり屋な女のコ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 彼女のアパートに行ったときのこと。深夜まで話し込んでしまい、俺は泊まることにした。

 ふたりで並んで寝ていると、急にT子が抱きついてきた。単に寝相が悪かっただけだが、彼女のイイ香りと甘い吐息を肌で感じ、思わず興奮してしまった。

 どうにも我慢できなくなった俺は、T子の首筋や胸元などにキスをしながら、小柄な割に大きな胸や尻を揉んだ。

 しかし彼女は、 「ダメだってば〜ダ〜メ」と甘い声で拒む。それでも俺がちょっかいを出し続けると、「ハァ、ダメだよ。あ…ダメ。ハァハァ」と喘ぎ声をもらし始めた。このまま押せば…と思ったが、結局何もできないまま夜が明けた。

 それから数日後。俺のアパートにT子がやってきた。

 俺は同郷の同級生と共同生活をしており、3人でしばらく雑談をする。そのうち俺の友達が寝たのでT子も帰るかと思ったが、知らぬ間に彼女は俺の布団に入っていた。

 俺も布団に入り、前と同じようにT子への想いが抑えきれず、何度もキスをする。しかし、彼女は隣の部屋にいる俺の友達を気にし、「ダメだよ〜」 と抵抗してくる。結局、またも悶々としたまま眠りにつくことになった。

 朝になり、友達が学校へ。俺は昨夜の続きとばかりにT子を愛撫し始めた。このとき童貞の俺は、エロ本から得た情報を思い出しながら、T子のアソコに手を伸ばした。彼女のアソコがグチョグチョに濡れていたのをよく覚えている。

 昨夜と違い、T子はほとんど抵抗しない。俺は彼女のパンティを脱がし、すぐにペニスを挿入した。腰を動かすと、「アッアッ」とT子が甘く切ない喘ぎ声を漏らす。彼女は両手で俺の体をギュッとつかんでいて、とても感じているようだった。

 俺はすぐにイキそうになり、ゴムをしてなかったのでT子のお腹の上にザーメンをぶちまけた。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週