「下剋上ヒップ」月城まゆ、困り顔Fカップボディで男性ファンを悩殺! バラエティでの大活躍で注目度上昇


 月城は10代のころから地下アイドルとして関西で活動し、昨年上京したばかりにもかかわらず、今年1月に『ミスFLASH2017』11代目グランプリを受賞。敗者復活のチャレンジバトルから頂点に立ったことと自慢の桃尻にちなんで「下克上ヒップ」の愛称で親しまれている。さらに困ったような表情がキュートなことから「困り顔Fカップ」とも呼ばれ、人気が急上昇している注目の存在だ。

「今年は『月城まゆ/ミスFLASH2017』(イーネット・フロンティア)と『誘惑のまゆとぴあ』(竹書房)の2本のイメージ作品をリリースし、いずれもグラビアファンに好評。自慢のヒップやFカップのバストが魅力的なのはもちろんのこと、ブルーレイ画質で鑑賞しても肌が美しいと評判です。舌足らずな喋り方やおっとりした印象のルックスと、ド迫力のダイナマイトボディのギャップが大きく、新たな癒し系グラドルとして今後の大飛躍が期待できる逸材です」(アイドルライター)

 『ミスFLASH2017』としての活動は卒業してしまう月城だが、同誌発のグラビアアイドルユニット「G☆Girls」のメンバーとしては今後も活動を継続。さらにバラエティ番組でも活躍しており、今月7日に放送された『佳代子の部屋~真夜中のゲームパーティー~』(フジテレビ系)では占い師タレント・ゲッターズ飯田(42)の鑑定による「来年ブレイクする宣伝部員ランキング」の2位に選ばれ、番組レギュラー獲得に向けて大きく前進している。

men's Pick Up

ニュース関連トピック