芹那、久々のセクシーショットで美脚を披露! 女優として評価上昇で完全復活なるか


 一方の出演ドラマ『ブラックリベンジ』では、清純派女優を装いながら裏でオトコと遊びまくっている計算高い“ゲス女”を好演。セレブ社長との結婚式で今までの男遊び遍歴をツーショット写真と共に暴露され、醜く取り乱すという役柄に体当たりで挑んだ。これが「過去最高のハマり役」と絶賛され、女優としての注目度が急上昇。かつては「女に嫌われる女」といわれていた時期もあった芹那だが、従来のぶりっ子イメージを破壊するほどの演技力の高さを見せたことで女性層からの評価も高まっている。

「今年10月に上演された舞台『野畑の飼ってた宇宙人』や昨年公開された映画『アズミ・ハルコは行方不明』などにも出演し、意外な演技力の高さを発揮。かつてバラエティで見せていたぶりっ子キャラを“卒業”し、さまざまな演技に対応できる個性派女優として覚醒しようとしています。もともとルックスの素材はアイドル時代からピカイチでしたし、これから経験を積んでいけば女優として化けるかもしれませんね」(前同)

 あらためて美貌に注目が集まり、演技力の高さも評価されつつある芹那。女優の道で完全復活となるか、今後に注目だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック