変態女たちが妄想するアブノーマルな夏の情景…ヘンリー塚本監督の新作『犯られたい夏』


「アブナイ願望をかかえた夏 犯られてもいいと思う夜がある…」主演:横山夏希
ミシンがけをしている地味な雰囲気の女。古びた和式便所でおしっこをしていると、息をひそめて覗き見する中年男がいた。部屋に戻ってアイロンがけをしているうち、ふと女はオナニーを始める。その様子もじっと男は見詰めている。そして辛抱溜まらず、包丁を持って「騒ぐな。脱げ! マンコ出せ」と言い放ち、女にビンタをくらわす。

 

201705FA02Mcyzo38.jpg※画像:『犯られたい夏』より
201705FA02Mcyzo40.jpg※画像:『犯られたい夏』より
201705FA02Mcyzo42.jpg※画像:『犯られたい夏』より
201705FA02Mcyzo43.jpg※画像:『犯られたい夏』より

 
 無抵抗の女は、あろうことか瞳を輝かせて、ねちっこいクンニに感応。イラマチオで熱心に肉棒をしゃぶり、立ちバックで犯されると歓喜の表情を浮かべる。男は女の股間に精液をぶちまけると、そのまま部屋を去っていく。女は興奮冷めやらぬ状態で、自分のマンコを鏡で見るのだった。

 後日。女が外のベンチに座っていると、たまたま男と再会。男は悪びれることなく「この前の強姦魔だ。あっちに草むらがある」と誘うと、女も待ってましたとばかり草むらに移動して、二人は青姦に燃え上がるのだった。
(文=猪口貴裕)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック