【女王様のSM講座】ホンモノのSはドSを奴隷にする! そして、時にはMにもなっちゃうの♪


 以前、元カリスマAV男優の加藤鷹さまが、「本当のSは、Mを求めない。本当のSは、Sを奴隷にしてこそ快感を得る」ってTwitterに書いてたけど、確かにドSだったらそうなるわね。ドSの人を相手に自分の方がSだと示せれば、ものすごい優越感に浸れそうよね。

 わたくしが思うに、ホンモノのSの人は、相手や状況に応じてMに転じられる。よくSは「サービスのS」とも言われるけど、優秀なSは相手の要求に応えるためにMにもなっちゃうの。

 わたくしも女王様でありながら、実はSとMのどちらも楽しめるタイプ。相手がステキなSなら、喜んでMになるわ。わたくしのアナルは未開発だけど、処女を捧げてもいいって思ってる。

 ちなみに、アナル開発って、物理的な技術が絶対必要だけど、相手の気持ちのコントロールも大事なの。お尻の穴と心を同時にほぐさなきゃ、アナルはちゃんと開発されないのよ。わたくしのアナルと心を解放してくれるSの方にいつか会ってみたいわね。

 ちょっと話がズレちゃったけど、わたくしの奴隷の中にも「元ドS」っていう人は多い。昔はM女を調教していた人が、ある日突然、Mの世界にのめり込んでいくの。もともとはすごくSっ気が強かったんです…なんてカミングアウトされることは少なくないわ。

 SMを好きになる人って性への探求心が強いから、Sの世界に没頭しているうちに「Mの快楽を知ってこそ本当のSだ」って気づくみたい。そんな風に快楽を突き詰めていく人もいれば、SMプレイをしているうちに自分の中のMが覚醒して完全にMになっていくタイプもいる。

 自称S男のみなさん! 自分をSだと言い張っているようじゃまだまだね。騙されたと思ってわたくしのもとにいらっしゃい。Mの快楽を思う存分味わわせてあげるから。

【えり女王様】
OLを経験したのち、2014年にいきなりSMの世界に飛び込む。
わずか半年で老舗SMクラブのNo.1女王様に。
これまでに跪かせてきた奴隷たちは3000人以上に及ぶ。

えり女王様のコラムのバックナンバーはコチラ

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック