可憐な音楽教師にして悪女でビッチ! 逢沢りな、刺激的すぎる濡れ場でファン悩殺


 可愛らしい見た目からは想像できないが、「どんな男でも簡単に落とせる」と考える茜。第4話で教え子と平気で体を重ねた彼女だったが、最新話では、飲みに行った同僚教師と帰り際にキスしてそのままラブホに行ってしまう。

 茜の服装は淡いピンクのスカートに白のシャツで、まるで清純派アイドルのような雰囲気。しかし、ベッドに座ると、ビッチぶりを遺憾なく発揮することになる。自らシャツを脱ぎ相手を誘惑し始めるのだ。

 相手の男性教師は以前から茜に好意をもっており、彼女はもちろんそれに気づいていた。「したいんでしょ?」とでも言いたげな表情で迫り、スカートを脱ぐ。下着姿になった茜は、男の手を自らの胸に持っていき、揉ませる。そして、そのままベッドの上で乱れ始めるのだった。

 このシーンを目にしたネット上の男性視聴者は、「深夜とはいえ、かなり過激」「こんな可愛い先生に迫られたい」「やばいぐらいエロい」などと大興奮。当然ながら、逢沢ファンは見事に悩殺されてしまったようだ。さらに今回は、主人公の花火と麦も激しいキスを交わし、そのままベッドインするという流れもあり、大いに盛り上がった。麦が花火の制服のスカートの中に手を入れ、ゆっくりとパンティを下ろすと、ネット上には悲鳴にも似たハイテンションなコメントが寄せられることになった。

 初回からネットをざわつかせているドラマ『クズの本懐』。この作品について雑誌インタビューで聞かれた逢沢は、「後半の方がもっとすごいと思います。もっとクズになってきます」と語っていた。これ以上過激な描写が続いたら、ファンはどうなってしまうのだろうか。
(文=aiba)

men's Pick Up

ニュース関連トピック