“過激でおいしい”グラドル・大塚びる、長身巨乳界のイツザイと注目度アップ


 昨今のグラビア界では、天木じゅん(21)や和地つかさ(23)といった身長150センチ以下で豊満なバストの「低身長巨乳」が人気だが、大塚のような“長身巨乳”も高い支持を誇る。最近では170センチ越えも珍しくなく、美形グラドルとして人気の染谷有香(25)は175センチでGカップバストの持ち主。神スイングで一躍知名度を上げた稲村亜美(21)も173センチの高身長だ。

 この中に入ると160センチ台の大塚は小柄な気もするが、「それくらいがちょうどいい」という声も大きい。昨年には、モデルの泉里香(28)が20代後半でグラビア進出し、身長166センチの見事な細巨乳スタイルで男性人気を上げまくったが、そんな彼女と大塚を重ねる人もいる。

 現在、ネット書店「漫画全巻ドットコム」主催の『ミス漫画全巻オーディション』に挑戦中の大塚。今のところ、ネット投票でトップ10に入っている彼女は20人で行われる最終選考まで残るだろう。グランプリを獲得することになれば、一気に人気をアップさせるのかもしれない。
(文=愉快)

men's Pick Up

ニュース関連トピック