これが“国民的美少女”の実力だ! 籠谷さくら、初イメージ作品でエロカワメイドに!!

1124kagotani_main05.jpgルージュとヒールの合わせ!

 
「初めてひとりでDVDをリリースしたんですけど、いまだに実感が湧きません。“本当にコレって私なんですか”って感じです。やっと昨日DVDを見たんですが、やっぱり恥ずかしかったですね(笑)。これからメンバーに見せたいと思います!」

 普段は無邪気な高校生そのもののさくらちゃんですが、この日着用してきた黒のセクシーなワンピース姿の大人っぽいこと。とても16歳とは思えません!! 大人の女性へと成長している真っ只中なんでしょうね~。そんな彼女の初DVDは7月に沖縄で撮影されたもので、現役女子高生の眩しすぎる肢体がたっぷりと収録されております!

 
「幼なじみの男の子が上京しちゃうので、それを寂しがる女の子の役を演じました。車を洗ったり、トマトを食べたり、自転車に乗ったりするシーンがあります。それと、メイドにもなったりしました。メイド服は、ロリータファッションを一度着てみたかったのもあって、すごくうれしかったです♪ ツインテールにした私も新しい一面だと思いますよ!」

 
 メイドのシーンでは、お腹部分が開いたセクシーな衣装を着ているさくらちゃん。その姿はまさに“エロカワ”の一言!! また、そのセクシーメイド衣装にビキニ水着を着用して胸の谷間をアピールするなどし、意外な豊満さもアピールしております。

 
「私が一番面白いと思ったのは、サンドイッチを作っているシーンです。私が下手過ぎてトマトを落としちゃって、『大丈夫かな?』と思いながら撮影しました。なので、結構素顔が見られると思います。セクシーだと思うのは最後のシーンで、夕陽が落ちた頃に海で走ってしゃがむところ。自分じゃないぐらい大人っぽくてビックリしました。ぜひ見て欲しいシーンです♪」

 
 その大人っぽいシーンは、オスカーグラドル部の先輩にあたる原幹恵ちゃんや中村静香ちゃん譲りなのでしょう。初めてのグラビア作品ということで、諸先輩たちの作品を参考にしたのかな?

 
「『素の籠谷を出しなさい』と言われたので、誰にも影響されず自分らしさを出しました。だから参考にしたりはしませんでした。実は私、空手の黒帯を持っているので、次回は10年間習った空手の道着を着て『うおぉ~~~~!』っていうところを見せたいと思います♪」

 
 しっかりと自己主張する辺りは、オスカーの教育の賜物でしょうか。厳しい芸能界を生き抜くためには、必要なことだったりしますからね~。

 

1124kagotani_main06.jpgこれからの活躍に期待です!!

 
 今年は、初グラビア作品にX-21の活動など大活躍だったさくらちゃん。「やっぱり初めてのことが多く、自分がさらにステップアップした年でもありました。X-21は初めて活動停止になる危機にも見舞われて悩んだ時もありました。でも、スタッフさんやファンの方の顔を見たら頑張らないといけないと思いましたし、そのおかげで強くなれた1年でしたね」と振り返り、来年の抱負を「高校2年生で花のセブンティーンになりますから、さらに大人っぽくなれたらと思います♪」と力強く語ってくれました。

 2012年の『全日本国民的美少女コンテスト』から早3年。当時に比べると大人っぽくなったさくらちゃんですが、まだ16歳ということで、これからさらに美しさに磨きをかけそうです。美少女から美女へ、順調に成長するさくらちゃんの次回作が今から楽しみデス♪
(文=広能コルレオーネ/撮影=サブ山県)

◆籠谷さくら
■オフィシャルブログ「籠谷さくらのさくらん♪らん♪らん」

【籠谷さくら グラビアギャラリー】
※サムネイルをクリックすると拡大します。

men's Pick Up

グラビア関連トピック