『釣りバカ』効果で広瀬アリスのファン急増…可愛すぎるヒロインに「癒される」と絶賛


 女優としては特撮ヒーロー映画『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』で電波人間タックルを演じて一部で注目され、その後も映画『銀の匙 Silver Spoon』やドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)などに出演。しかし、いずれも広瀬の役柄が大きな話題になることはなく、映画やドラマで次々と主演を射止めている妹・すずに比べると地味な印象が否めない。

 特にCM露出量においては「次期CM女王」とまで呼ばれる妹・すずに大きく水をあけられ、若年層はまだしも大人世代では知名度そのものが高くない現実があった。

 しかし、かねてから美少女マニアの間では「妹に負けない超美形」と根強い人気があり、本来なら広瀬も妹と同様に大ブレイクするだけの逸材だと評価されている。それが今回の『釣りバカ』をきっかけに実現する可能性があるという。

「題材的にも金曜夜8時という時間帯的にも中高年の視聴者が多いと予想され、そこでファンをつかめば一気に知名度が高まる。役柄的に可愛らしさや爽やかさなど、彼女の持ち味がそのまま評価につながるという利点もあります。同枠始まって以来の注目度の高いドラマでもありますし、彼女にとって勝負作になるのは間違いない。これで高評価されれば息の長い活躍が期待できるようになり、いずれ妹と人気が逆転することも十分にあり得る」(アイドルライター)

 一部では石田ゆり子(46)・石田ひかり(43)姉妹との類似を指摘する意見もある。当初はトレンディドラマに引っ張りだこの妹・ひかりが大人気だったが、年齢を重ねた後に姉・ゆり子の大人っぽい演技が次第に評価されるようになり、ついには人気が逆転。現在進行形の人気女優である姉に対し、妹はほとんどメディア露出していない。

「すずはバラエティー番組でスタッフ軽視発言をしたことで最近は人気が急落。特に若年層のネットユーザーからの評判が悪くなり、支持基盤を失いかけている。決して喜ばしいことではないでしょうが、その妹の大失速によって姉の爽やかイメージが際立って人気が高まっている側面もある」(前同)

 もちろん、姉妹どちらかだけではなく二人そろって大活躍する可能性もあるだろう。いずれにせよ、その大きなカギとなるのは今作のヒロイン役の評価であることは間違いない。癒し要素満載の演技を楽しみつつ、広瀬が妹に追いつくきっかけになるのかどうか注目したい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

芸能関連トピック