壁ドンから派生した新語「股ドン」とは!? さらにその先に○○プレイ?


■男性が女性に施す「電気あんま」
 平成世代の人は、アダルトビデオでお馴染の「電マ」を連想するかもしれないが、「電気あんま」は全くの別物。一方が仰向けに寝転がり、もう一方が相手の両足首を掴み、軽く開脚させた状態で、足の裏を使って股間を踏みつけ刺激を与えるのが「電気あんま」。小学生の頃、意味もわからずこの遊びに興じた人も多いだろう。一般的には、S気質の女性が、男性を攻める際に行なうイメージが強いかもしれないが、その逆でも成立するプレイである。いや、むしろ股間に急所も持つ男性よりも、女性に適したプレイといっても過言ではないのだ。

■女性版・床オナニストも存在する!?
 特に「電気あんま」プレイが功を奏するのは、女性版・床オナニスト! 布団の上でうつ伏せになり、股間全体を擦りつけるようにして腰を動かす床オナ愛好家は、女性にも存在する。恥丘全体に受ける摩擦刺激が、股間全体に拡大することで快感を得ているのだ。男性の床オナニスト同様に、彼女たちはオナニーで強い刺激を受け過ぎているため、いざセックスとなるとオーガズムに達しにくい傾向が強い。そこで「電気あんま」プレイの登場だ。股間全体へ摩擦刺激を与えることが可能な電気あんまは、床オナニーに限りなく近い。ゆえに、オーガズムへ導くことも夢ではない。アダルトビデオの「電マ」も、股間全体を刺激するには適しているが、道具ではなく己の身体を使ってオーガズムに導くことは、男としての自信にもつながるだろう。

 セックス中に相手女性がなかなかオーガズムに達しない場合は、女性版・床オナニストかもしれないという仮説のもと、電気あんまを仕掛けるのも一興。一過性の流行でしかない「股ドン」よりも、圧倒的快感を知らしめられるだろう。
(文=菊池美佳子)

men's Pick Up

ニュース関連トピック