30年来の蜜月関係 フジテレビと絆を深めるとんねるずの思惑


「昨年の秋にフジテレビで放送された『とんねるず×さまぁ~ずの一文無しジャーニー 2×2』は業界内で評判の高いものでした。視聴率は平均で11.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と特筆するものではありませんが、とんねるずが“ヒッチハイク”という体を張った企画に挑戦したことで注目を集めました。内容的にも、とんねるずならではの暴走が随所に見られるもので、彼らがロケでもヤル気十分だということを証明するもので、これには多くの関係者が色めき立ちました(笑)。彼らを起用して番組を作りたいテレビマンは多いですから。もちろん簡単には実現しないでしょうが…。この番組も、よその局が同じ企画を持っていったとしたら成立しなかったかもしれません。それだけとんねるずとフジテレビの関係は深い。彼らが“何かやる”となれば、それはフジテレビを介してのことになるのではないでしょうか」(放送作家)

 とんねるずとさまぁ~ずの番組は、今年に入って2度新しいバージョンが放送されている。視聴率を見ると、2月の放送分は11.8%、7月は12.7%とわずかながら高くはなっている。ネット上の評判も、「とんねるずの新境地だな」「こういうバラエティが見たかった」と絶賛する声も多い。ヒッチハイクという企画のため毎週レギュラー放送するのは難しいが、今後も不定期特番として続くだろう。

 レギュラー番組である『みなさん~』も、打ち切り説が叫ばれて久しいが、今年に入ってからはコンスタントに二桁の視聴率を稼いでおり安定した人気を保っている。また、近頃の『みなさん~』には、新人アナの永島優実(22)がよく登場するが、これこそとんねるずとフジテレビの深い関係を示していると前出の放送作家は語る。

「これまでの『みなさん~』では、常に当時のエースクラスがアシスタントを担当していました。最近では加藤綾子(29)や三田友梨佳(27)です。しかし、ここ数ヶ月のロケ企画に永島は出ずっぱりで、これは異例ともいえる抜擢でしょう。単に石橋さんが彼女のことを気に入っているだけとも考えられますが、来春にもフリーになるのではと言われているエース加藤の後を任せられる人材を早く育てなければという気なのかも。局の上層部とも親交の深い石橋さんは、『よろしく頼むよ』と育成を頼まれている可能性もありますね。どちらにせよ、とんねるずとの絡みは永島にとって貴重な経験になりますから、今後彼女がエースアナに成長するのは間違いない。フジとしても新エースの誕生は早ければ早いほど嬉しいはずですし、それが叶えば、とんねるずと局の絆はますます深まるでしょう」(前出)

 とんねるずとフジテレビの関係はますます密接になっていくようだ。となると期待してしまうのは、これまで彼らが挑戦してこなかった『27時間テレビ』の総合司会。2015年の夏にはとんねるずの『27時間テレビ』が見たいところだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up

ニュース関連トピック