マスクを外した“ものまねメイク”ざわちんに、「思ってたのと違う!」と整形疑惑


 タレントとして、あまりにも順風満帆なスタートを切り、このまま“ものまねメイクタレント”として活動すると思われていたざわちんだが、9月22日に放送された『がんばった大賞』(フジテレビ系)では、初めて“素顔出演”という行動に出た。これまで常に装着していたマスクを外し、テレビで素顔を披露したのだ。

 マスクを利用することで、これまでいなかった“ものまねメイクタレント”として一躍売れっ子となったざわちんが、なぜ突如素顔出演を決心したのかはわからない。すでに7月に放送された『情熱大陸』(TBS系)で、素顔が流れていることから、もはやマスク姿を貫き通す必要性を感じなくなったのかもしれない。それとも単に番組サイドから素顔での出演を打診されたのだろうか。理由はともかく、『がんばった大賞』で彼女の素顔を見た視聴者は、「顔、長くない…?」「思ってたのと違う!」「鼻はメイクじゃなくて整形なのでは!?」などといった反応を示したのだった。

 そんな経緯があったからか、冒頭の『ナイナイアンサー』の中で、ざわちんは自身の過去を赤裸々に語り続けたが、それよりもネットで『整形』と揶揄されるほど、整いすぎた鼻筋のインパクトの方が強かった。さらに、同番組には、ざわちんのマネジャーでもある実の母親“ママちん”が登場したのだが、娘と同様にあまりにも綺麗な鼻筋を披露すると、さっそくネット上では「親子で整形してたのか!?」と再び話題になってしまうことに…。

 ものまねメイクの腕前は確かなざわちんだが、マスクを外した素顔に需要はなかったのかもしれない。今後も素顔を晒したことで、ファンが減ったり、バッシングを浴びたりするのであれば、マスクのものまねメイクタレントとして活動するのが無難と言えそうだ。
(文=菊池由貴)

men's Pick Up

ニュース関連トピック