AVを観ないでファンになる人が急増中!? SNSが生み出す新たな“AV女優のアイドル化現象”


 坂口みほのは、2013年にSOD専属女優としてデビューし、同年10月S1専属となり、そして今年7月にミリオン専属女優なったという華々しい経歴の持ち主で、そのルックスは文字通りのアイドル系美少女。しゃべれば、ほんわかマッタリの“あまちゃん”風キャラだったりするところもまた魅力のひとつ。かと思えば、カラミになるとその表情は一変する。急に目力の強い色っぽいオンナの顔になり、美乳色白で細身の、これまたどちらかといえば幼げなカラダを大きく波打たせながら、「キモチイイ…イク!」と甲高い声で絶叫し、痙攣しながらイキまくる姿を晒すのだ。

 この普段の姿とエッチしている時のギャップは、天と地、鶴と亀、雲泥といった形容でも収まらないというか、もはや気候変動した現在のゲリラ豪雨にあったような気分…ズブ濡れである。

 また過去の出演作には、こんなカワイイ子が…と思わせる『イラマチオ奴隷志願 仕事のできないドジなOLは、優秀な口便器』といった作品でハードイラマチオにヨダレを垂れ流す姿を見せ付けてくれたかと思えば、『精子ちょうだい』という作品では笑顔でぶっかけ&ゴックンするという内容のモノもある。

 筆者は最近、彼女の最新作『黒髪美少女アイドルの初中出し』も見せていただいたが、彼女はここで「やっぱり妊娠とか怖いし…」と、今までしたことがないという中出しを「興味はちょっとだけあります」と言いながら生挿入。いつにもまして尻や下半身をヒクヒクさせ、時には騎乗位で腰を振り乱し、時には全身を痙攣させて悶え、「イク!」と叫んで昇天し、股間から中出しされたザーメンを滴らせる姿を見せ付けている。またこの作品では、2連発で中出しされる3P、着エロDVD的楽しみのマイクロビキニ姿もあれば、中出しファックの合間には手首を拘束されてのイラマチオ顔射もある。さらには本人も「あんなに出るとは思わなかったから驚きました」という潮吹き&ハメ潮噴射のシーンも満載だ。

 ということで、ネットやSNSでAVアイドルユニットの『ミリオンガールズZ』のメンバーとして坂口みほのファンになったという人はもちろん、それ以外の方も、坂口みほののセックスにおける本性を、是非“作品で”しっかりとチェックしていただければと思うのである。
(文=浅見光弘)

浅見光弘・プロフィール
果物系と呼ばれた古式ゆかしき某AV情報誌編集者として業界に携わり、ゆえあって今やひきこもり系ライターになっちゃいました…。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック