鳩よけをつくり節電に励む女優・蒼井優、「向いてないのかな」と結婚には消極的!?


 家族の話になると、収録の4~5日前に兄が結婚したことを報告した蒼井。自身の結婚願望を聞かれて「(結婚したいって)思うかなって思ってたんですけど…」と微妙な心情を吐露した。愛の誓いのときに、当事者でないにもかかわらず「もう戻れないんだ」と思ったといい、「こんなにドキドキするんだったら、向いてないのかなって思った」と今はあまりリアルに考えられないようだ。

 そこで、話は蒼井の好きな男性のタイプへ。好みは「嘘をつかない人」で「顔にはこだわりがない」といい、わりと範囲は広いようだ。苦手なポイントについては昔から「尖った靴を履く人」だといい、デートに履いてこられたら「経緯を一回聞く」とかなり敬遠しているようだ。また、タンクトップも苦手なようで、同じくデートの相手がタンクトップだったら「何か着る?(って言う)」と、この2つは譲れないポイントのようだ。しかし、タンクトップに尖った靴という格好になると「逆にちょっとツボになる」「自分の理解を超えるから」と許容できるという。

 ネット上では、この蒼井の苦手なポイントについて「わかる!」「全部代弁してくれた」「気になるところが一緒」と共感の声が上がっている。

「終始笑みを浮かべて、小悪魔っぽい雰囲気を醸し出していた蒼井ですが、ゆるふわ系の外見とは裏腹に、恋愛に関しては肉食系かつ非情なことで知られています。交際していた鈴木浩介とは昨秋にも結婚といわれていましたが、鈴木が新居用のマンションを購入すると、蒼井はメールで一方的に別れを通告。その後には三浦春馬を追って同じマンションに入居し、早朝デートを繰り返しているとも報じられ、『あっさり乗り換えた?』と切り替えの早さが話題になりました。その前に交際していた大森南朋にしても岡田准一にしても、相手が結婚を意識すると蒼井が愛想をつかすというパターンだったようですね。そのため、ネット上では『確かに、噂になった人たちは履かなそう』『マンション買わせて婚約破棄するのは嘘じゃないの?』などの声も上がっています」(同)

 7月からはドラマ『若者たち2014』(フジテレビ系)がスタートする蒼井は、映画『るろうに剣心』の『京都大火編』が8月に、『伝説の最期編』が9月に公開されるなど、今年も活躍が続いている。一時は“共演者キラー”の異名も取っただけに、新たな恋の予感もありそうだが、いつか結婚を意識させるような相手が現れるのだろうか。
(文=津本ひろとし)

men's Pick Up

ニュース関連トピック