メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  アイドル音楽批評 >  2012年アイドルポップスベスト10  > 2ページ目

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第45回】

産業が滅び、文化だけが残るだろう ~2012年アイドルポップスベスト10まとめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


■6位:Lucky Color’s「lovely」

 沖縄のLucky Color’sによるシングル「ハートの呪文」のカップリング曲。このシングルは地元以外では入手が難しく、一時はハイパーロコドルキュレーターのうのう氏が沖縄から取り寄せたCDを路上で密売してもらうしかない状況だった。R&B色の強いトラックが並ぶ中でも「lovely」はポップな魅力を放つ楽曲。「ハートの呪文」はぜひ何らかの形で全国流通してもらいたいCDだ。

■7位:AKB48「ちょうだい、ダーリン!」

 「真夏のSounds good!」Type-A盤のカップリング曲。野中”まさ”雄一のアレンジワークが光るオールディーズ風歌謡だ。このメロディーとサウンドに乗ると、秋本康によるベッタベタな歌詞も異様な輝きを放っている。

■8位:でんぱ組inc.「強い気持ち・強い愛」

 シングル「でんぱれーどJAPAN」のカップリング曲。小沢健二の「強い気持ち・強い愛」カヴァーであり、作詞が小沢健二、作曲が筒美京平、編曲が前山田健一という、盆と正月とコミケが一度に来たかのようなトラック。でんぱ組inc.が歌うことで、筒美京平がこの楽曲に込めた歌謡性が突如息を吹き返すことになった。プロデューサーであるもふくちゃんこと福嶋麻衣子の趣味性が出た選曲だが、同様の趣味でかせきさいだぁを作家に起用した楽曲も軒並み佳曲だ。

 なお、でんぱ組inc.の古川未鈴は「MARQUEE」vol.94のインタビューでChu!☆LipsとFeamのダンスからの影響を語っており、かつての地下アイドルシーンについての見識の高さに感銘すら受けた。

 

 
■9位:Tomato n’Pine「PS4U」

 「濃い色彩で彩られた「最後の楽園」! Tomato n’ Pine『PS4U』」(https://www.menscyzo.com/2012/08/post_4496.html)で紹介した。

 12月29日での「散開」が告知された今となっては何を言っても遅い感がある。優れた楽曲が集まっているだけで名盤になるというわけではない。そうさせたのは、ここに詰め込まれた玉井健二とジェーン・スーによるアイデアの膨大さだ。

■10位:Especia「DULCE」

 「堀江系」と銘打った大阪のグループのデビュー・シングル。配信、カセットテープ、CDという順番で聴くことになった不思議な形態の音源だ。ソウル、ファンクの要素が詰め込まれて、生のブラス・セクションも心地いいSchtein & Longerワークス。ライヴでは山下達郎の「MIDAS TOUCH」、ラッツ&スターの「め組のひと」をカヴァーするなど、ナイアガラ・レーベル周辺から私のような人間を狙い撃ちにしている感が半端ない。

 
 次点としては、lyrical school「リボンをきゅっと」、BELLRING少女ハート「僕らのWednesday」、Cutie Pai「Trancetic Mode」、ゆうぎ王「湿気ガール」、さくら学院関連の諸作を挙げたい。

 lyrical school「リボンをきゅっと」はtofubeatsの手による待望のパーティーチューン。

 

 
 BELLRING少女ハート「僕らのWednesday」は「シンセを生のブラスに差し替えましょう」と以前から運営に言っているので、引き続き検討をお願いしたい。

 

 
 Cutie Pai「Trancetic Mode」はiTunes Store配信とライヴ会場限定CD-Rのみのシングル。ゆうぎ王「湿気ガール」は、80年代の中森明菜がドラムンベースで歌っているかのような楽曲。さくら学院関連は「WONDERFUL JOURNEY」のカップリング「Song for smiling」、BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」、さくら学院科学部「サイエンスガール▽サイレンスボーイ」と佳作ぞろいだ。

 

 

 
 また、Negicco「Negicco 2003~2012 -BEST-」は編集盤なので選考から除外したが、基礎教養として持っておきたい1枚。

 

 
 こうしてベスト10を挙げてみたが、メジャーレコード会社からリリースされたのは半分の5枚のみという結果になった。アイドルというのは資本のある事務所とレコード会社が売り出すものだったはずだが、現在となってはインディーズ流通の作品が実に多い。人気が出たらメジャーへ行く狙いのあるアイドル(というか運営)もいるだろうが、そもそもそうした志向性自体がないアイドルもいる。本来は芸能界が生み出した「産業」のひとつであったはずのアイドルだが、商売を無視してアイドルの「文化」の部分だけを志向するインディーズ勢もいる。

 話題は冒頭に戻る。アイドルブームはいつまで続くのか。採算が取れないアイドルはやがて次々に解散していくことになるかもしれない。ただ、現在活躍するアイドルの多くがモーニング娘。を見て育った世代であるように、今AKB48を見ている世代にアイドルという文化はすでに確実に記憶されただろう。AKB48公演の東京ドームで、私の前には両親に連れられたふたりの幼い姉妹がおり、見事な振りコピをしながらはしゃいでいたことを思い出す。

 そう考えると、アイドルブームが続こうが終わろうがどちらでもいいように思う。すでにこの数年で次の世代のアイドルを生み出す準備は整った。産業として一度は衰退しても、文化として残ればいつかまた波は来る。次のアイドルブームはすでに準備されたのだ。

◆【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて】バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが”アイドル”から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える”ヤル気満々”新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による”20世紀再開”のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも……Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n’Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい
【第16回】やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊
【第17回】AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに「陶酔」していられるか
【第18回】これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル「1!2!3!4! ヨロシク!」
【第19回】右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』
【第20回】“救済”を求めるアイドルヲタ……ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流
【第21回】アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評
【第22回】死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai
【第23回】「アイドル戦国時代」終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側
【第24回】白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!
【第25回】歌舞音曲「自粛ムード」が漂う中、今こそ見たい”元気の出る”アイドル動画
【第26回】新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS「Brand-new idol Society」
【第27回】学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! さくら学院
【第28回】アグレッシヴな美意識を打ち出し、アイドル戦国時代を彩り始めた「東京女子流*」
【第29回】まるでシャーマン!! ファンに”熱”をもたらすSaori@destinyの魔力
【第30回】ヘタウマラップがクセになる「清純派ヒップホップアイドル」tengal6
【第31回】暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作「My Ixxx」!
【第32回】「アイドルっぽい音」から大胆に逸脱していくTomato n’Pine「なないろ☆ナミダ」
【第33回】福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ「ハジメマシテ」
【第34回】「アイドルとしてのヒップホップ」を突き詰めたパーティー・チューン! tengal6「プチャヘンザ!」
【第35回】「アイドル」という修羅の道を進むBiSの生きざまが刻まれた「primal.」
【第36回】「アイドル戦国時代」なんて勝手にやってろ!! 2011年アイドルポップスベスト10!!
【第37回】なんと足掛け10年分! Negiccoが新潟から届けた名曲集『Negicco 2003~2012 -BEST-』
【第38回】アイドルシーンへ奇襲した鎌ケ谷からの伏兵! KGY40Jr.「コスプレイヤー」
【第39回】中学生のアイドルラップユニットがダメな大人を叩き起こす!「HEY!BROTHER」ライムベリー
【第40回】スクール水着とケツバットで殺してくれ! BiS「PPCC」でメジャー・デビュー!!
【第41回】「ロコドル」という次元を超越した異境! KGY40Jr.「BALLPARK V-DANCE」
【第42回】濃い色彩で彩られた「最後の楽園」! Tomato n’ Pine「PS4U」
【第43回】女の子ふたりがドラムを叩き狂ってアイドル!? 「バンドじゃないもん!」
【第44回】全裸になっても内部抗争に押し流される!? エモさを武器にしたBiS「IDOL is DEAD」!


『Brand-new idol Society』


暴走アイドルBiSはここから始まった。まだの人は是非!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週