30代女性と遊ぶ際は○○に気をつけろ!

 30代女性と遊ぶ場合、もっとも気をつけなければならないのは「自分をどこまで大人っぽく見せるか」だ。たとえば20代男性が30代女性と遊ぶ時、大抵は自分が子供っぽく見られないよう、あるいは対等に渡り合える器を持っているようにふるまうだろう。また、30代男性が30代女性と遊ぶ時、もちろん歳が近いのだからそれほど焦ることはないが、しかし20代女性と遊ぶ時に武器となる「30代男の大人っぽさ」あるいは「経済力」のようなものが30代女性には簡単に通用しない。だから、30代女性と遊ぶ時はより高いダンディズムを発揮して男らしさを見せようと考えてしまうのではないだろうか。

 しかし個人的に思うのは、実際に相手の男性にどう思われているかは別として、30代女性は自分の年齢や容姿に引け目を感じているパターンが多い。相手が20代男性ならなおさらだ。その状況の中で30代女性は自分が培ってきたコミュニケーション能力や空気の読み方、あるいはグチを受け止められる頼もしさを恋愛の武器にしがちではないだろうか。全員ではないが、こういう30代女性と今まで何度も遭遇してきた。

 そんな時に、男性が自分のダンディズムをより発揮しようとするとどうなるか。弱音を吐かない。なるべくエスコート。豊富な話題を提供。これらのダンディズムを男性が発揮してしまうと、30代女性が大人っぽさをアピールする場面がなくなってしまう。そうすると、アピールが出来ない分、自分の年齢に一層引け目を感じる可能性がある。もちろん、100点満点のダンディズムを見せられたなら女性のハートをつかむこともあるだろうが、30代女性はキャリアがある分、目も肥えている。そうなるとおそらく80点のダンディズムだ。それでは完璧に相手の心をつかめるとは言いにくい。

 だからこそ、あえて自分の甘さ、頼りなさをチラ見せすることが大切。「大人の女性だから自分も対等に渡り合える大人っぽさを見せよう」ではなく、あえて「ちょっと子どもっぽい部分を作る」のだ。もっといえば、30代女性が大人っぽさをアピールしやすいよう自分をやや甘めの人間にする。とはいえ、このさじ加減は難しい。甘めに設定しすぎると子どもっぽく見られてしまう。

 たとえば仕事のグチなら「新人の教育担当になったんだけど、初めてだから難しいな」というのが良い。つまり「新人の教育担当」の部分は出来る男を示しているが、「初めてだから難しい」というところに30代女性がアピールできるゾーンを生み出している。なんだか難しく考えすぎな気もするが、30代女性とはそんな意識で戦ってみるのが良いだろう。
(文=トビタシンイチ/ブログ「トビタシンイチのエロ探検記」

トビタシンイチ(とびた・しんいち)
日夜エロネタを求めて風俗・合コン・ナンパに挑むエロ探検家であり、ライターとしてさまざまな失敗エピソードを紹介している。国内有数の早漏男子という顔も持つ。

men's Pick Up

カルチャー関連トピック