> 

日本の奇習の記事一覧

処女というものに対する評価は、世界的、歴史的に見てみると実に両極端である。古代ローマからその後のヨーロッパ諸国、キリスト教文化圏のように処女を神聖視する地域がある一方、処女を価値の低いもの、嫌悪すべきものとする地域や民族も各地に分散している。


以前、当サイトで瀬戸内海のある島ではセックス未経験の少年たちに対して、経験を積んだ婦人たちがセックスの手ほどきをするという「童貞開き」という風習があった...

続きを読む

かつての日本の地域社会にごく普通に存在していた「遊び宿」や「夜這い」について紹介すると、男性たちが地域内の女性を性的に支配していたかのように勘違い、また...

続きを読む

日本の伝統的な性道徳の中で、処女というものに対してなんの価値もなかったことは何度か紹介した。この感覚は、日本の歴史や民俗学を学んだ者であればいわば普通に...

続きを読む

かつて日本各地で、「夜這い」がごく普通に行われていたことは、数々の資料によって明らかである。都市部などではすでに近世に廃れてしまっていたようだが、ほんの...

続きを読む

結婚生活において、セックスが大切であることはいうまでもない。とくに以前の日本では、家の繁栄のためにはもちろん、夫婦の日々の楽しみという点でも、セックスが...

続きを読む

現代の日本人が自国の性文化について誤解している点はいくつもあるが、そのひとつが「処女」に対する考え方であろう。 以前にも当サイトで書かせていただいたこと...

続きを読む

相撲といえば男がとるものと決まっているようだが、民俗学関係の資料を読んでいると「女相撲」の記述がいくつか見つかる。江戸時代の寛延年間から宝暦年間というか...

続きを読む

かつて日本の地域社会では、共同体あるいは集団への帰属や融合を重視したと考えられる、さまざまなルールやシステムが数多く伝えられている。そのなかでも、とくに...

続きを読む

その夜這いであるが、地域で定められた厳格なルールに基づいて行われる。しばしば、地域に住む女性たちの人権と自由を無視して挙行される共同体公認のレイプ行為な...

続きを読む

生命力や生産、力などを象徴するものとして、日本各地で信仰や祭祀の対象になっているペニスをかたどったモニュメント。神社のご神体や祭りの神輿などにこれが用い...

続きを読む

昔の日本では、離婚や再婚についてはそれほど悪いイメージはなかったらしい。もともと日本では、カトリック圏のように宗教上の戒律で離婚が禁じられているわけでは...

続きを読む

先人のさまざまな調査や研究をみると、古くから日本には性や結婚に関するさまざまな慣習や儀礼が数多く記されている。そのなかには、やや常識から逸脱したものや、...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週