> 

日本のアダルトパーソン列伝の記事一覧

三菱といえば戦前では三井や住友と並ぶ巨大財閥であり、戦後に解体されたがその後再結集され、現在でもなお産業界ではその名を冠した企業グループが一大勢力として活動を続けている。


SMというジャンルは広く知られてはいるものの、いまだに誤解されている部分が多い。たとえば、SMを暴力や苦痛のみとしてとらえ、物理的な現象ばかりに視点をお...

続きを読む

「山宣」(やません)の愛称で知られる山本宣治(1889~1929)は、昭和初期に活躍した代議士として知られている。裕福な家庭に生まれた山宣だったが、生ま...

続きを読む

谷崎潤一郎(1886~1965)といえば、いうまでもなく近代文学を代表する作家の一人である。『刺青』『痴人の愛』『蘆刈』『細雪』といった、短編から長編ま...

続きを読む

歴史の教科書に出てくるため、中江兆民の名はわりとよく知られている。しかし、教科書や学校の授業では、せいぜい「自由民権運動の政治家」とか「フランスの思想家...

続きを読む

明治の政治家・松方正義といえば、明治期の歴史に詳しい人か、日本の貨幣制度について知識のある人ならすぐにわかるかもしれない。薩摩藩(現・鹿児島県)の藩士の...

続きを読む

「変態」というものを、興味本位や雑談のネタとしてとらえられることは多いが、研究対象にすえようという学者は少ない。そのなかで、明治時代に性欲そして変態につ...

続きを読む

日本近代文学において恋愛と性を語る上で、詩人で評論家の北村透谷(きたむら・とうこく/1868~94)を見逃すわけにはいかない。透谷、本名・北村門太郎は明...

続きを読む

宮沢賢治といえば、『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』など数多くの童話や、『雨ニモマケズ』その他の詩によって、作家として有名だ。その作品は全集にして全16巻...

続きを読む

学校の教科書などに登場する偉人や歴史上の人物のなかでも、野口英世(1876~1928)は、とくによく知られた人物の一人であろう。貧しい農家の生まれで、幼...

続きを読む

鴎外こと森林太郎といえば、幼少期からエリートとして育てられ、若い頃から小説や評論など多くの優れた作品を遺し、また『即興詩人』『ファウスト』をはじめとする...

続きを読む

文学者、とくに作家には変わり者が少なくない。近代や現代の文学史を見渡すと、変人や変わり者の類が実に多い。だが、そのなかでもとくに際立った変人ぶりで異彩を...

続きを読む

金子光晴(1895~1975)といえば、昭和初期から戦後を代表する詩人として広く知られ、その作品は学校の教科書などにも多く採用されている。また、創作だけ...

続きを読む

竹久夢二といえば、優しげな瞳と細くしなやかな体の女性画で知られる人気画家である。女性にもファンが多い画風の作家だが、絵画以外にも詩や短歌、童謡なども多く...

続きを読む

与謝野鉄幹(1873~1935)とその妻・晶子(1878~1942)といえば、明治期歌壇の革新派としてあまりに有名だが、その奔放さは自らの性生活にも現れ...

続きを読む

近代日本において、性それも猥雑とか変態といったジャンルにおいて、梅原北明(うめはら・ほくめい)の名を見逃すことはできない。かの宮武外骨(みやたけ・がいこ...

続きを読む

「毛相学」(もうそうがく)というものがある。手相や家相のようなジャンルと同様に、人体の「毛」の外見や性質によって人間の性格や運勢について分析判断を試みる...

続きを読む

アダルト関係で多くの人々の関心をひく要素のひとつに、性感染症がある。少し前までは性病と呼ばれたものを商売のネタにして、巨額の財産を手にした男がいる。医薬...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週