> 

心中の記事一覧

大正14年8月15日の深夜2時頃のこと、埼玉県秩父郡中川村(現・秩父市)で店舗を兼ねた住宅が爆破された。突然のごう音に驚いた住民が駆けつけると、家屋が大破し、住民である飲食店経営の女性(47)が重傷。被害の状況から、住居裏の塀に工業用ダイナマイトを仕掛けて爆破させたらしいことが判明。経営者一家を狙った殺人未遂事件として...


明治や大正の時代の新聞をめくってみると、心中事件の記事が数多く掲載されている。多くは20代の若いカップルで、普通の勤め人を始め、男子学生とカフェー女給、...

続きを読む

明治時代の新聞を見ると、男女関係による心中事件を取り上げた記事がやたらと目につく。一般的な成人男女をはじめ、男子学生とカフェー女給、サラリーマンと看護婦...

続きを読む

昭和31年(1956年)9月5日、東京・港区芝新橋(現・新橋)のホテルで宿泊している外国人2名が昼過ぎになっても起きてこないため、従業員が様子を見に行く...

続きを読む

明治25年(1892年)といえば、9月には長崎で駐留イギリス人商社マンがカネを払って日本人の売春婦に犬とセックスさせた事件が起きていることは、以前、本サ...

続きを読む

昭和36(1961)年7月18日、東京で起きた事件。その日の午後2時50分頃のこと、警視庁に若い女が「交際相手を殺した」と自首してきた。これを受けた同捜...

続きを読む

いまでこそ『朝日新聞』や『読売新聞』、『毎日新聞』といった大新聞は硬い紙面づくりであるが、創刊当初の明治期や大正初期は、娯楽性あふれる記事や広告が満載だ...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週