> 

女性の記事一覧

燃えたっていうか、いつまでも忘れられないのが17歳の夏にした3P。別に最初からそのつもりってわけじゃなかったんだけど、流れでそうなっちゃったの。まぁ、そもそも場所が前の年まで付き合ってた元彼の部屋だったから、まったくもって普通とは言えないかもしれないけど…。


今、初の“女性用バイアグラ”が認可間近かもしれない、と海外のメディアで報じられ話題になっている。説明するまでもないと思うが、バイアグラは、1998年にア...

続きを読む

男性がイチモツの長短や太細で悩むように、女性も下半身のデリケートゾーン周辺で悩んでいるのである。とはいえ、男性にとっては、女性が何にどの程度悩んでいるの...

続きを読む

東京がまだ東京市だった頃の話。大正12年(1923)2月、某デパートの店員によって、男4人が警察に引き渡された。店内で迷惑な行為を重ねていたからという。...

続きを読む

この春、女性たちの間で密かに流行しているファッションが「白靴下」だ。白靴下といえば、中高生が履くスクールソックスのイメージ。成人女性がファッションに取り...

続きを読む

壁ドンと聞いて、ある一定年齢以上の人は、壁が薄いアパートでのギシアン騒音に対して、隣室住人から抗議の意味で壁を叩かれることを連想するだろう。学生時代など...

続きを読む

心が激して、思わず訳の分からないことを口走ってしまう――誰にでも、そんな経験はあるのではないか。とかく色恋沙汰になれば、お互いが搾り出すエネルギーも大き...

続きを読む

性的なことに関心を持ち始めた小学校高学年~中学生の頃は、そこから生じる疑問についてオトコ同士で語り合うこともしょっちゅうだったろう。毛が生えてきただの、...

続きを読む

合コンの定番トークといえば恋愛遍歴に関する話題だ。なかでも「彼氏はどのくらいいないの?」なんて質問は、定番中の定番。むしろそのリサーチを怠ることは、現代...

続きを読む

外国人男性を好む日本人女性が少なくないのは、現在でもよく見られる光景である。では、そうした傾向がいつ頃からのものなのか。明確な時期は断定できないものの、...

続きを読む

続きを読む

もしも突然クイズ司会者に「エロい子とエロくない子、好きなのはどっち!? 制限時間30秒で」と聞かれたら、どう答えるだろうか。おそらく8割の男性は、3秒も...

続きを読む

「人は見た目ではない」という。容姿や体型、服装などで、相手がどういう人かを決めつけてしまうのではなく、性格や価値観で判断せよ、ということなのだろう。一方...

続きを読む

「結婚するまでセックスはしない」という美徳がすでに前時代的なものになり、婚前交渉が当たり前になりつつある現代。出会ってすぐであったり、一夜限りのセックス...

続きを読む

他人から見ればエキセントリックな行動でも本人が個性だと言い張ればそれが受け入れられる、なんとも間口の広い世の中になった昨今。とりわけ多いのは「イタい女」...

続きを読む

続きを読む

志半ばで物事を諦めなければならないというのは本当に口惜しいものだ。バンドマンとしてメジャーデビューを目指していたが、なかなか芽が出ず、一定の年齢を機に楽...

続きを読む

24歳の時、街頭でAVにスカウトされたB子(現在33歳)。ちょうど、本職へのフラストレーションが溜まっていた時期でもあったため、思いきってAVへの出演を...

続きを読む

合コンにしろデートにしろ、まだ付き合っていない男女同士の間でよく飛び交うのが「どんな人が好み? 芸能人で言うと?」というやり取り。この質問には「相手の好...

続きを読む

「田舎のほうが、娯楽が少ないから初エッチが早いんでしょ?」  地方出身者なら、一度は言われたことがあるだろう。私事で恐縮だが、岩手県出身である筆者もしょ...

続きを読む

世の男性の中には、「昔の女性は大人しく控えめだった」などと本気で信じている向きがいるらしい。もちろん、そんな考えは根拠のない幻想であり、数々の文献や資料...

続きを読む

13歳で援助交際デビューし、大学進学後スナックでのアルバイトも経験するが、割に合わないと判断し、デリヘル嬢に転身したA子(現在24歳)。しかし、デリヘル...

続きを読む

多くの産業が不景気の煽りを受け、非常に厳しい状況が続くなか、不況知らずと言われているのが「性」に携わる商売だ。性産業とひとくちに言っても、個室ビデオやラ...

続きを読む

現代人にとって欠かせないものの1つに「電車」が挙げられる。職場が徒歩圏内という恵まれた環境にある人はごく僅かで、都市圏に住むほとんどの人は通勤に「電車」...

続きを読む

オトコにとって、女性のオナニーほど興味をそそられるものはない。そのためか、アダルトビデオでも、男優との絡みを描いた作品よりも、女優のオナニー物を好むとい...

続きを読む

中国の西安市にある陜西師範大学は26日、「女性用立位便器」の正式使用を始めたという。その目的は節水だ。男性用の立位便器の場合、小便を水洗するのに使用する...

続きを読む

続きを読む

「日々の抑圧」といえば、読者諸兄は何をイメージされるだろうか。人間関係、仕事のストレス、金銭の問題など、日本社会で生活していく上で切り離せない抑圧は多い...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週