> 

フィリピーナの魅力の記事一覧

「ダヤ(ッ)」(ずるい)  いろんな場面で使われる言葉だ。カードや麻雀をしていてズルをした時、家でアイスクリームを一人で舐めている時、買い物に行って自分の服だけ衝動買いしてしまった時、などなど。  「ダヤ(ッ)・モ」は、(あんたは、ずるい)だ。きつい言葉で投げかけられたり、睨まれながら言われたら、「何でだよ」と反論して...


歴史は、繰り返す。誰の言った言葉か忘れたが、歴史とは年表だけではなく、個人にだってあるものだ。生まれてから現在まで、そして未来へと繋がっていく。2009...

続きを読む

フィリピンの文化は、ハロハロ文化だという。ハロハロ、つまり混ぜ合わせということだ。700以上の島からなり、多民族がそれぞれの言葉を持つ。そこに、マレー民...

続きを読む

宗教を否定するわけでも、辱めるわけでもないが、セックスと宗教は切り離せないものがあると思う。それは、セックスは肉体的行為で、宗教は精神的なものだからだ。...

続きを読む

数の子天井・三段俵締め・ミミズ千匹が、三大名器だという。誰が決めたのか知らないが、確かに、きゅっきゅっと締まったり、ミミズのように、おまんこの中が蠢くと...

続きを読む

貞操とか操とかいう言葉は、もう耳にしなくなって久しい。貞操とは性的純潔、つまり処女や童貞を守ること。英訳は、Chastity。これには、洗練・簡素・無飾...

続きを読む

「オトコは種蒔き人で、女は畑だ」と、何かで読んだことがある。  確かに、タネを蒔かれて子供を胎内で育てるのだから、一理ある。だがそれは、「オンナは子供を...

続きを読む

オレはカラオケバーで遊ぶのは好きだが、酒はあまり飲まない。ヘネシーでもルージュ・ド・シャトー・マルゴーでも旨いとは思うが、料理に使ったほうがましだ、と考...

続きを読む

日本では、いじめの問題が一向に無くならないようだ。オレ達の子供の頃にも、いじめはあった。しかし、死を招くようないじめは無かった。いじめっ子もいじめられっ...

続きを読む

日本人は、正直なようで嘘つきである。フィリピン人は、嘘つきのようで正直である。  日本人はいろいろな本を読んだり、いろいろなドラマをテレビなどで見たりす...

続きを読む

セックスの体位は四十八手あるという。確か、カーマ・スートラ(古代インドの性愛書)では、もっと多かったと思う。でも、全部やった奴はいないんじゃないのかな。...

続きを読む

まだ若い頃、日本でストリップを見たことがある。脱いで裸を見せるだけでなく、踊りが上手いのにびっくりしたものだ。バナナをおまんこに入れて、むにゅっと切って...

続きを読む

潮吹きオンナなんて、ビデオの世界だけだろう。おしっこさせてるだけじゃねえか。と笑っていたものだが、実際に出会ってしまった。出会ったというか、フィリピンに...

続きを読む

日本女性から、色気とセクシーが失われつつあるような気がする。日本人は本当に性を楽しんでいるのだろうか。小野小町や和泉式部の時代は、現世を謳歌し性を楽しん...

続きを読む

「日本人は隠して魅せる。フィリピーナは見せて魅せる」というのが、単純に言って日本女性の色気と、フィリピーナのセクシーの違いであろう。「フィリピーナの女性...

続きを読む

Sと数度楽しんだ後、Kから連絡が入った。デートしたいという。友達のSとやっちゃってるからなあ、と思いながらも会うことにした。理性とか欲望の前に、オレのオ...

続きを読む

最近、南米でエルニーニョが発生したんだとか。南米の海面温度が高くなって、世界中の気候や作物の収穫に影響を及ぼすというが、研究者は毎日・毎日、海面温度を測...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週