> 

社会の記事一覧(2ページ目)

明治43年(1910)12月頃から、東京・青山北町(現・港区)あたりに痴漢が出没するようになった。 被害者の話では、通りかかる女性に近づいては、抱きつい...

続きを読む

近年、ブラック企業という呼び名が一般的になっているが、企業や資本家が底辺の労働者を虐待する歴史は今に始まったことではない。明治期には労働者は過酷な状況に...

続きを読む

性犯罪者のなかには、その性癖から常習的に犯行を重ねる者も少なくない。明治や大正の新聞記事を見ると、連続婦女暴行犯の事例など珍しくはない。10代の少年がレ...

続きを読む

SM業界に足を踏み入れて、かれこれ10数年。私、ライターの菅野久美子は、これまでいろいろなSM界に住む人に出会ってきた。 そこには、SMを通して人間の本...

続きを読む

明治時代に社会問題になっていたもののひとつが、青少年の非行であった。当時の新聞を眺めてみると、10代から20代の男女によるさまざまな犯罪や不正行為を報じ...

続きを読む

その事件が起きたのは、明治26年(1983)5月25日、雨の降る深夜のことだった。 午後11時過ぎのこと、大阪府河内赤坂村字水分(現・南河内郡千早赤坂村...

続きを読む

昭和28年(1953)12月18日のこと、千葉県国吉町(現・いすみ市)に住む82歳の男性が暴漢に襲われ、頭部に重傷を負う事件が発生した。犯人は37歳の男...

続きを読む

昭和初期の「東京朝日新聞」では、女性読者からの悩みや相談に紙上で答える「女性相談」という企画が連載されていた。そのなかで、昭和10年10月21日の欄に、...

続きを読む

大正15年(1926)7月21日の午後4時頃のこと、警視庁洲崎署(現・深川署)に身なりのキチンとしたご婦人がやってきた。そして、対応した署員に「娼妓にな...

続きを読む

明治28年(1895)8月頃のこと、東京・東信濃町(現・信濃町)のすし店兼銘酒店でお楽という19歳の女性が働いていた。 ちなみに、銘酒屋または銘酒店とは...

続きを読む

戦前の新聞を眺めてみると、身体的な特徴を報じた記事がいくつも見つかる。以前、拙稿にてご紹介した『仰天! ペニスが2個ある男性を発見(明治26年)』なども...

続きを読む

昭和8年(1933)7月9日のこと、東京・四谷の簡易旅館に、お下げ髪にまだあどけない顔つきの、いかにもまだ10代という感じの少女が20歳くらいの男と同宿...

続きを読む

ここ数年、男性中心だった公営競技への女性進出が目覚ましい。競輪は女性だけの『ガールズ競輪』がアイドル並みの人気を集め、競艇の女性選手には追っかけが存在す...

続きを読む

都市開発によって、夜の歓楽街としての表情がスッカリと変わってしまった新宿区歌舞伎町。かつては、日本を代表する風俗街であり、ファッションヘルスをはじめとす...

続きを読む

SM業界に足を踏み入れて、かれこれ10数年。私、ライターの菅野久美子は、これまでいろいろなSM界に住む人に出会ってきた。 そこには、SMを通して人間の本...

続きを読む

大正15年(1926)5月21日のこと、大阪市のある民家の庭から複数の胎児の遺体が発見された。民家は市内のある医院で薬剤師を務める男の自宅だった。そして...

続きを読む

「テレビでは仲良さげに話してるのにさ、スタジオを出たら、にらみ合ったり、罵りあったり、忙しそうよね~(ニヤリ)」 皮肉を込めた感じで話しはじめたのは、某...

続きを読む

医者や医療関係者などが、患者や来訪者に対して性的関係を強要したり、あるいはそうした状況に持ち込んだりする事件や不祥事は、現在でも珍しくない。 医師が女性...

続きを読む

大正年間という時代は、15年と短いながら、重大な事件や注目すべき出来事がいくつも起こった、きわめて興味深い時期である。 事件や犯罪においても、いくつもの...

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。現在60歳の彼女を私のような放送作家や局のスタッフは敬愛の意を込めて「中川おばちゃん」と呼...

続きを読む

大学を卒業して、SM雑誌の編集者を経てアダルト系のライターになった私は、さまざまなエッチな現場に立ちあってきた。うんこが香ばしく香り立つスカトロの現場も...

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。その中川おばちゃんは、局内で見てはいけないものをよく見ちゃうという。それはいったい何なのか...

続きを読む

「行くんだったら午後3時過ぎだね。目のやり場に困るほどだよ」と、少しエロい含み笑いでそう切り出したのは、現在50歳の会社経営者であるS氏。Sは都内の某繁...

続きを読む

明治期の新聞記事を見ると、男が自分の娘や奥さんを遊廓などで働かせるケースがしばしば報じられている。そうしたなかには、ケガや病気などで本人が働くことができ...

続きを読む

「今年は近年まれに見る豊作ですね」 もちろん、これは農家の方のコメントではない。これは大阪の某熟女風俗店の店長のコメント。つまり、働く女のコの質も人数も...

続きを読む

続きを読む

大正15年(1926)5月4日、姫路市の尋常小学校の教師(34)が3月頃までに数名の女生徒に暴行を働いたという容疑で姫路警察署に逮捕された。 この教師が...

続きを読む

某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。その中川おばちゃんいわく、都内の某放送局の女子トイレは酸っぱい臭いがこもるのだという。それ...

続きを読む

続きを読む

昭和9年(1934)4月6日、岡山県で31歳の男が警察に逮捕された。容疑は傷害罪だった。といっても、だれかとケンカしたり、凶器で殴りつけたりしたわけでは...

続きを読む

明治18年(1885)1月12日のこと、大阪・豊島郡池田村(現・池田市)にいた勘兵衛とよねという夫婦がそろって銭湯に出かけた。 入り口で別れてからそれぞ...

続きを読む

続きを読む

「すっごく困るのよ、こっちが掃除ができなくてさ…」 そんな感じでぼやいているのは、某ラジオ局を中心に派遣で清掃業を担当している中川さん(仮名)。現在60...

続きを読む

女性をさんざんもてあそんだ挙句、邪魔になるとトンズラしまうような無責任極まる非道な男の例は珍しくない。そうした場合、多くの女性が泣き寝入りしてしまってい...

続きを読む

「こっちは60歳過ぎのババアで単なる掃除係だから、アタシみたいのがいても気にしないで陰口の言いたい放題なのよね…」 そう切り出したのは、某ラジオ局を中心...

続きを読む

続きを読む

明治36年(1903)、埼玉県東児玉村(現・美里町)でその悲惨な事件は起きた。 この村に住む農業・峰五郎の長女おこめ(15)は「天成の美人」と評判で、村...

続きを読む

続きを読む

大正15年(1926)6月のこと、埼玉県秩父郡原谷村(現・秩父市)で、「死人を抱いて寝ている者がいる」という気味の悪い噂が流れるようになった。噂とはいえ...

続きを読む

最近、いきなり感情的になって相手を怒鳴りつけたり、時には暴力をふるったりする中高年が増えているという。中高年といっても、とくに50代後半から60代の、い...

続きを読む

続きを読む

性犯罪のなかでも、とくに卑劣なものがレイプ犯であることはいうまでもない。明治期の新聞にもレイプならびにその未遂事件の記事は数多い。たとえば、明治43年9...

続きを読む

続きを読む

突然ですが、ある日、気付いたら「嫁ができていた」という状況になったら、あなたはどうしますか? しかも、ロシア人。さらに、その女性の正体が…ということは...

続きを読む

明治時代、社会問題としてマスコミに取り上げられていたもののひとつが同性愛の流行であったようだ。 日本では古来より同性同士のセックスには寛容であったが、明...

続きを読む

さまざまな出会い系サービスがあるアメリカ。出会い系アプリのUI(ユーザー・インタフェース)革命とも言われる「Tinder(ティンダー)」が世界中を席巻す...

続きを読む

政府は2020年までに男性の育児休暇取得率を13%まで上げたいと考えているようだが、現状は2%にも満たず、まだまだ珍しい存在のイクメンたち。それゆえ他の...

続きを読む

続きを読む

オスカー女優のアン・ハサウェイが、アメリカのテレビ番組『Lip Sync Battle(リップ・シンク・バトル)』で大胆すぎるパフォーマンスを披露したこ...

続きを読む

続きを読む

ひと昔前まで、“出会い系”と名のつくものは性的な関係のみを目的とする男女の出会いの場だったが、いまや一般の人たちもそれを出会いのきっかけとして利用する時...

続きを読む

明治43年(1910)7月9日夜11時頃のこと。東京・小石川区(現・文京区)に住むお花という15歳の少女が実家である氷屋さんの配達に出たところを男に襲わ...

続きを読む

先日、国際的な泌尿器の医学雑誌『BJUインターナショナル』において、男性器の世界的な平均値が発表された。 欧米や中東を中心とする世界中の男性15,000...

続きを読む

続きを読む

「現代人はスマホと浮気している」ということが、コンドームで知られるデュレックス社のリサーチによって判明した。 イギリスのタブロイドサイト「Daily M...

続きを読む

続きを読む

昨今のランニングブームにより、フィットネスの情報などをトラッキング(記録)しスマートフォンと連動するウェアラブル端末の活動量計が広く普及している。 種類...

続きを読む

続きを読む

『流行語』というものを調べてみると、今では使われず過去の遺物になっているものが多い。それゆえに流行語なのであろうが、それにしても昨年2014年の流行語で...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週