> 

社会の記事一覧(13ページ目)

1989年から2009年までの20年間、毎年軍事関連の予算額が2桁増となる大軍拡を続け、いまや日本をはじめとするアジア諸国の、国防上の脅威として厳然と立...

続きを読む

先月29日、岐阜県可児市の公立中学校の校長らが記者会見を開き、同校で起こったいじめの事件に関して、事実関係を認めた上で、保護者らに謝罪した。 いじめ事件...

続きを読む

さすがにこの男を法廷で見た時は「この人がハーレム作ってたってマジで......!?」と信じられない気持ちだった。お腹がポッコリと出て、ずんぐりむっくりし...

続きを読む

男にとって"最悪"とも言える個人情報流出騒動が勃発した。四国の人妻専門デリヘルで、男性会員に登録させていた実名や携帯電話番号、顔写真までがネット上に流出...

続きを読む

この度、思うところあって結婚相談所に登録した。そこでアドバイザーとなっていただいたM氏は、私のような恋愛に不得手な者にもわかりやすく、適切なアドバイスを...

続きを読む

続きを読む

東京大学卒業の学歴としてのステイタスは言うまでもない。まさにエリートの代名詞と呼ぶことに、異論はないだろう。 だが、すべての東大卒業者がエリートやエグゼ...

続きを読む

続きを読む

今ではこうした考えの向きも少ないと思うが、「女の浮気は絶対に許されないが、男の浮気は甲斐性のひとつだ」などという主張も以前の日本には強く根付いていたらし...

続きを読む

続きを読む

2010年3月某日、東京地裁。ガチムチな大柄の体にスーツを着込み、ふんぞり返って被告人席に座っていたのは、佐藤祐介(49)。千葉県警佐倉署の元警部補(懲...

続きを読む

「処女」と聞けば、普通は誰でも「純粋」や「無垢」など、性的なことについてまだ何も知らない少女を表現する言葉を想像するはずである。しかし、「処女であること...

続きを読む

アメリカ中西部のインディアナ州にあるインディアナ大学で行われたリサーチで、女性には「他の女性が好きな男性を好きになりやすい」という、恋愛における強い「集...

続きを読む

続きを読む

自宅の屋根裏部屋で海外の風邪薬を原料に覚せい剤を密造したとして、相模原市のイラン人2人が逮捕された。自宅から押収した密造マニュアルに沿って科学捜査研究所...

続きを読む

続きを読む

「日本人女性と韓国人女性では、どちらが美しいのか」この日本人男性なら誰もが(?)気になる疑問について、アジアより遠く離れたアメリカのネット上で議論が巻き...

続きを読む

続きを読む

ニューヨーク州バタヴィアの公園で性行為をしていた男女が、パトロール中の警察官に見つかり現行犯逮捕された。地元新聞の「The Batavian」紙によると...

続きを読む

続きを読む

北九州連続監禁殺害事件。2002年3月早朝、1人の少女が監禁されていたマンションから逃げ出し、祖父に助けを求めたことから事件は発覚する。逮捕されたのは元...

続きを読む

マンガ家・小栗左多里が、外国人の恋人との生活を描いた人気コミック『ダーリンは外国人』(メディアファクトリー)が井上真央主演で実写映画化されるなど話題を集...

続きを読む

続きを読む

ギリシャの騒擾(そうじょう)にユーロ通貨制度への不安、北欧の火山活動による異常気象など、よくない話題の相次ぐヨーロッパ諸国。そんななか、先日議会の総選挙...

続きを読む

続きを読む

わずか数時間のうちに8人の女性を手にかけ、その残忍ゆえに凶悪殺人鬼として歴史に名を残しているのが、リチャード・フランクリン・スペック(1966年、犯行当...

続きを読む

カナダの結婚情報誌「ウェディングベルズ」が行ったアンケートで、カナダ人女性の大半は結婚前にセックスをすることに賛成しているという結果が出た。もちろん、こ...

続きを読む

続きを読む

インターネットカフェを利用する際、利用者の本人確認を義務づける「インターネット端末利用営業の規制に関する条例」(ネットカフェ規制条例)がこの7月1日から...

続きを読む

続きを読む

黒いピッタリとしたスーツに、クッキリとした目鼻立ち。サラサラのロングヘアがすらっとした長身によく似合っている。彼女が法廷に入ってきた瞬間、傍聴席は静まり...

続きを読む

小池徹平主演映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が昨年公開されるなど、日本では近年「ブラック企業」の存在が問題視されている。し...

続きを読む

1985年2月15日深夜2時頃のこと、東京都杉並区和田1丁目の和田本町派出所に若い男が侵入。勤務していた31歳の巡査が物音に振り向いたところ、持っていた...

続きを読む

16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁が東京都青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、「アート引っ越しセンター」の愛称でお馴染みの大手引っ越し...

続きを読む

入院患者にかいがいしく尽くしてくれる「白衣の天使」。清純で優しげなイメージから、ついついたまらん妄想をしてしまう男は少なくないだろう。妄想はあくまでも妄...

続きを読む

現在、東京地裁ではあの"秋葉原17人殺傷事件"の公判が続いている。2008年6月8日午後0時30分過ぎ、信号無視したトラックが交差点に突入。その後車を降...

続きを読む

若い頃はまったく気にならなかったのに、年齢を重ねるにつれて気になってくるもの、なーんだ? 男性にとっては、まず髪の毛の増減が死活問題になってくるが、もう...

続きを読む

続きを読む

千葉県のある県立高校にて。40代の女性教諭が、勤務する高校の1年男子と交際していたとして、減給の処分を下された。この男子生徒は、進路変更を理由に退学して...

続きを読む

5月20日、女装してケーキ店に入店し、ケーキを注文した上で、ワンピースをまくり上げて女性店員(25)に陰部を露出した自衛官の男性(51)が逮捕された。容...

続きを読む

続きを読む

2001年9月に14歳と16歳の少女への強姦未遂の罪で実刑判決を下された男性が、昨年7月13日から8月21日にかけて、横浜市内で4件の強制わいせつや強盗...

続きを読む

続きを読む

「騒音オバさん」で有名だったのは奈良の某女性だが、かつて二代目騒音オバさんとして世間を騒がせた女性がいた。  07年、関東のある都市で、隣家に度重なる嫌...

続きを読む

泥棒に入った家のガレージが開かず、家主が留守で中に閉じ込められた、妻子持ちの浮気相手が自分だけではなく他にもいた、勝手に入った家のプールで溺れた、または...

続きを読む

続きを読む

中国でこのたび、既婚者の結婚と性生活についてのアンケートが1万人近くを対象に大々的に行われたという。それによると、何と中国人の既婚者カップルのうち、64...

続きを読む

続きを読む

男と女の別れが、いつも円満とは限らない。......というよりも、どちらかが未練タラタラ、さらには「復讐」まで考えてしまうことのほうが多いのかもしれない...

続きを読む

続きを読む

パイプカットにかわる男性向けの避妊方法が登場し、話題となっている。その方法とは......、睾丸に超音波をビビビと当てること。これで6カ月間は精子を生産...

続きを読む

放火を殺人行為として見た場合、例えば首を絞めたり、刺したりなど、ある程度加害者の労力が必要な行為に比べて、はるかに簡単だ。そのせいか、大変なことをやって...

続きを読む

今年5月9日の英国「デイリー・メール」紙によれば、妻に性的な対象として見られていない男性は、妻に性的な対象として見られている男性と比べ、心臓病や脳卒中の...

続きを読む

北朝鮮名物の、アノ「喜び組」が消滅していたという衝撃的な記事が東京スポーツに掲載され、一部で話題となっている。金正日総書記(68)が、権力の象徴として結...

続きを読む

続きを読む

夏の参議院選に向けて、与野党ともに戦略を立て始めている。中でも、自民・民主の両党が特に重視しているのが、国民からの高感度の高い有名人候補の擁立である。 ...

続きを読む

続きを読む

「カニバリズム」という言葉をご存知だろうか。人間が人間の肉を食べる行動、「人肉食」のことを指してそういう。 タンパク質の供給源が不足していた地域などに人...

続きを読む

続きを読む

北欧と聞いて日本人が思い浮かべる言葉といえば、「寒い」「日照時間が少ない」「IKEA」「バイキング」そして「フリーセックス」のどれかが、かなりの確率で当...

続きを読む

続きを読む

皆様初めまして。私は昔「霞っ子クラブ」という傍聴グループを作り、同タイトルのブログを書いていた高橋ユキと申します。凶悪犯罪の報道後の状況が知りたく裁判所...

続きを読む

「オークションで処女喪失」と言えば、かのナタリー・ディラン嬢を真っ先に思い出すが、今度はオーストラリアのテレビ番組制作者が、「処女(童貞)喪失オークショ...

続きを読む

そろそろ企業の株主総会の季節が近づいてきたが、大企業の総務担当者がしばしば口にするのは、「総会屋は、確かにいなくなった。だが、実は警察が取って代わっただ...

続きを読む

イギリスの百貨店「デベンハムズ」が行ったリサーチによると、同国でかなり色気のない「女性用スカート付き水着」が前年以上に売れ行きが好調だという。一方の、ビ...

続きを読む

性的な表現やサービスの規制については、果たしてそれが本当に有効に働くのか、有識者たちの思うような効果が得られるのかという点において、疑問を感じないわけに...

続きを読む

昭和43年(1968)6月16日の午後3時過ぎ、国鉄(現・JR)大船駅のホーム手前約100メートルの位置で、走行してきた横須賀線上り電車の前から6両目が...

続きを読む

『裏モノJAPAN 2010年05月号』(鉄人社)に掲載された記事の内容にユーザーが大激怒だ。 その内容は画像投稿SNS、pixivでのナンパ方式を解説...

続きを読む

続きを読む
  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週