>  > 

事件の記事一覧(6ページ目)

"少しでも一緒にいたかった" 当初、報じられていた動機はこうだったが......。 2008年9月5日夜、東京都新宿区のホテルでスーツケースに入れられた...

続きを読む

明治36年のこと、長崎の三菱造船所で工員として働いていた松門寿平(43)は、友人の妻であるさだ(29)と男女の関係となり、その友人の死後に結婚。コツコツ...

続きを読む

合成麻薬を一緒に使用した女性(当時30)の救命を怠り死亡させたとして、実刑判決をが言い渡されていた押尾学被告(32)。控訴審初公判が東京高裁で開かれた。...

続きを読む

続きを読む

坊主頭に中肉中背。年齢の割に体格はしっかりしている。からし色のポロシャツにハイウエスト気味の紺色ズボン。眼光は鋭いが、茶目っ気もあり、おそらく、女性にも...

続きを読む

2月11日、東京・新宿駅での通り魔予告をした男子中学生(15)が逮捕された。中学生はネット掲示板に「2月11日午後9時ピッタリに新宿駅(新南口だったハイ...

続きを読む

暴行事件以降、活動を休止していた鬼束ちひろ(30)がレーベルを移籍し、4月6日にニューシングル「青い鳥」、同20日にはアルバム『剣と楓』をリリースする。...

続きを読む

統一地方選が近づくなか、現東京都知事の石原慎太郎氏にも少しずつスポットが当たっているようだ。だが、相変わらずの妄言や失言にいささかの変わりも無いようにお...

続きを読む

住居侵入罪は刑法第130条。「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの...

続きを読む

ストーカー行為等の規制等に関する法律、略してストーカー規制法。この法律違反で裁かれる被告人たちには、いくらか共通点がある。それはプライドが高いこと、そし...

続きを読む

中国発のポータルサイト「百度」のファイル共有サービス「Baiduライブラリ」が、マンガ入手し放題の無法地帯になっていることは、今月1日以降の報道でご存知...

続きを読む

続きを読む

勾留されているはずなのに色黒、被告人なのにジャージではなくスーツ。下には黒いTシャツ、と、いわゆる"被告人スタイル"とはかけ離れた、珍しいタイプだった。...

続きを読む

7名が死亡、10名が負傷した秋葉原通り魔殺人事件の公判もやっと終わりが見えてきた。1月25日、論告が行われ、検察側は死刑を求刑。3月下旬には判決が下され...

続きを読む

今月14日から「ドミノ・ピザ」で開催されていた、「イケメンドミノ25コンテスト」。ピザ屋で働いていたらホレちゃいそうなイケメンに投票してナンバーワンを決...

続きを読む

視聴率争いで首位を走るフジテレビを追い掛ける日本テレビが、4月に大改編に着手する。羽鳥慎一アナの退社により終了する『ズームイン!!SUPER』をはじめ、...

続きを読む

裁判所には、先日書いたような傍聴マニアと呼ばれる者たちだけでなく、他にも様々な傍聴人がいる。当事者とその家族、捜査関係者をはじめ、被告人や被害者の友人知...

続きを読む

名誉毀損罪は刑法第230条。「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に...

続きを読む

傍聴を始めたころというのは、裁判の流れをつかめていないため、闇雲にいろいろな罪名を傍聴するものだが、長く裁判所に通っている傍聴人には、おのずと専門分野が...

続きを読む

数年前のこと、某フェスの喫煙所で、明らかにタバコじゃないものを吸ってる男がいた。気分が良くなっちゃってるのも手伝ってか、周りの人たちに「吸いますか~?」...

続きを読む

幾多の反対を押し切って可決された青少年健全育成条例改正案。「18歳未満でも購入可能な漫画やアニメに対して、過度な性的描写を禁止する」というまっとうな理由...

続きを読む

「片桐えりりか」、みなさんはこの女性を知っているだろうか。 ニコニコ生放送で自身の肉体を晒す少女が増えていることは、先日の記事でお伝えした通り。「踊って...

続きを読む

平成22年度版犯罪白書によれば、65歳未満の年齢層においては、一般刑法犯検挙人員は、最近になり減少傾向を示すようになったものの、65歳以上の高齢者の検挙...

続きを読む

法廷で見ていると、女はウソをつき通すことが多い。と過去の記事でも書いているかもしれないが、特に男がらみとなると、その程度はハンパない。 合意の上で男とセ...

続きを読む

11月22日、東京都は過激な性的表現を含む漫画などについて、18歳未満への販売を規制する「都青少年健全育成条例改正案」を再提出した。この条例は今年3月に...

続きを読む

「去年の4月、サークルのコンパで初めてその子と会い、カワイイ子だなと思いました。派手なルックスで。キャバクラに勤めてたことがあるか、聞いたりしました.....

続きを読む

1956年(昭和31年)6月14日朝7時30分頃、東京・武蔵野市にある井の頭公園のなかにある動物園「井の頭自然文化園」で、施設内の見回りをしていた飼育係...

続きを読む

今月22日、小学6年生の女児に対して「裸の画像を(携帯電話にメールで)送れ。送らないと学校名をばらすぞ」と要求したとして大阪府の無職、中井良容疑者(23...

続きを読む

続きを読む

前回も少し触れた映画『それでもボクはやってない』は痴漢えん罪をテーマにした作品だ。世間的には〈痴漢はえん罪に巻き込まれる可能性がある〉という認識が生まれ...

続きを読む

痴漢で裁かれる被告人には同種の前科がいくつもあることが多い。そして、そのような被告人に限って、過去ブレイクした映画『それでもボクはやってない』の主人公気...

続きを読む

特に生活に困っているわけではないのに万引きしてしまい、窃盗罪で裁かれる被告人には、なぜか女が多い。しかも、繰り返す。彼女もそうだった。 A子(31)は細...

続きを読む

門外漢にとっては裁判所というのは実に不思議なところで、「いや~この人、どう見ても普通だよ......」と思えるような被告人に精神鑑定をしてみたかと思えば...

続きを読む

「亭主関白」も今は昔。現代日本では何かと男性の立場が弱くなっている。 女性専用車両やレディースデイなど、世の中には女性を優遇するサービスが溢れているし、...

続きを読む

続きを読む

事件が起きたのは1984年7月11日のこと。神奈川県大和市に住む女子高校生宛てに、文通相手の女性から1個の郵便小包が届いた。早速包みを開いたところ、二重...

続きを読む

続きを読む

付き合っていた男性を練炭自殺に見せかけ殺害した疑いで逮捕された木嶋佳苗(35)。先日、警視庁に再逮捕されたものの、頑なに否認を貫いている。状況証拠しかな...

続きを読む

あらゆる物事が科学で解決できる現代に、常識では考えられない不可思議な事件が起こった。10月23日、パリ郊外にある「ラ・ヴェリエール」という小村で、4階建...

続きを読む

続きを読む

何度目だ、といったところか。小学校教師の問題行為が、またも話題になっている。埼玉県入間市の小学校に勤務する59歳の男性教諭が、担任しているクラスの児童に...

続きを読む

去る10月9日、香川県まんのう町にある貸しロッジで、いわゆる「乱交パーティー」を主催していたとして、県警生活環境課と東かがわ署は主催団体の代表U氏(38...

続きを読む

かつて「和製コマネチ」と呼ばれた元体操オリンピック選手、中島(旧姓:岡崎)聡子(49)。昨年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同年5月に裁判が開かれた...

続きを読む

サービス開始から1週間で長期メンテナンスに突入、そしてその1週間後に閉鎖を迎えた小中学生SNS「はてなランド」。かつて、「周囲の男性を勝手に家畜として登...

続きを読む

続きを読む

今月6日、大阪市西成区の通称「ドーム」と呼ばれる日本最大の闇賭博場「福助」が摘発された。内部には100台以上のテレビモニターが設置されており、競輪、競艇...

続きを読む

10月19日から、東京地裁でいわゆる「耳かき殺人」の公判がスタートする。昨年の8月3日、耳かき店の従業員だった江尻美保さん(21=当時)とその祖母、鈴木...

続きを読む

英会話学校の電車広告を眺めながら、「英語くらい話せた方がいいかもなぁ」なんてボンヤリ思っている人は非常に多いことだろう。仕事に旅行、とりあえず共通語とし...

続きを読む

神戸市北区の路上で高校二年生の男子が何者かに刺し殺される事件が発生した。10月8日現在、まだ犯人は捕まっていない。犯行は通り魔的にも見えるし、はじめから...

続きを読む

割り切り、サポ、援助交際、数々の呼び名はあれど、そこで行われるのは金銭と引き換えのセックスや、それに類似するみだらな行為。つまり売春だ。いま、出会い系サ...

続きを読む

続きを読む

いつの時代も学生というものは金なし、場所なし、性欲だけは無限大。最近では手っ取り早く性欲を解消する手段として、マンガ喫茶を利用する若者が増えてきている。...

続きを読む

厚生労働省の郵便不正事件で、無罪判決が下るまでの、元局長、村木厚子氏(54)の苦労は並大抵のものではなかっただろう。「やっていない」ということを証明する...

続きを読む

男子高校生が、上半身のみに衣類を着用している状態で変死していた宮城県の事件が、インターネット上で話題になっている。宮城県立病院の診断によると彼は、複数回...

続きを読む

「ボクが堕胎させたって言うんですか?」 東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)の医師だった小林達之助(36)は、2009年1月、妊娠した交際相手に子宮収...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週