立ちんぼとは何?相場金額や本番までの交渉方法を解説!

「立ちんぼって聞いたことあるけど、実際どういうものなのか分からない」

「立ちんぼってリスクあるの?」

「立ちんぼの有名スポットはどこ?」

という悩みを持っている人には必見です。

 

本ページでは

・立ちんぼとは何か?

・立ちんぼのメリット

・立ちんぼの相場金額と交渉方法

・立ちんぼ有名スポット6選

・立ちんぼの注意点

・立ちんぼを利用しなくても無料でセックスする方法


などについて詳しく解説しているので、参考にしてください。

 

最初に結論

あくまでも「立ちんぼ」は違法行為ですし、性行為の見返りに金銭のやり取りをすること自体も当然違法行為です。

なので、「立ちんぼ」を推奨するようなページではないことをご理解いただき、本ページをご覧になってください。

また、「立ちんぼ」より安全に、違法性もなくセックスをする方法やセフレを作る方法も記事の中にて解説しているので、「どうしてもセックスがしたい!」という方はそちらをご覧いただければ幸いです。

 

 

「立ちんぼ」とは?

「立ちんぼ」とは…

「立ちんぼ」=街角に立って男性客を探す女性を指す言葉。

街中で立ったままお客さんを待っている事から、「立ちんぼ」と呼ばれています。

歴史は古く、室町時代から売春行為はあったとされております。

 

現代にも続くアングラな裏風俗と行ったところでしょうか。

 

「立ちんぼ」は違法?

日本では売春防止法という法律が定められております。

売買春そのものに対する罰則規定は存在しておりませんが、金銭取引が行われる性行為には違法性が高まります。

夫婦や交際相手は含まれず、不特定の人と性行為を行うと違法となります。

 

法律には、いわゆる「本番行為」が該当します。

なので、口性行(フェラ)や手性交(手コキ)などの本番行為とは異なる類似性行為は該当致しません。

 

では「立ちんぼ」は安全なのだと考える方も多くいらっしゃいますが、「立ちんぼ」は売春防止法の勧誘行為に該当致します。

最高刑が懲役6ヵ月の違法行為となりますので「立ちんぼ」は違法行為となります。

「立ちんぼ」を利用する際にはリスクがあるということは忘れないでください。

 

なので、あくまでも「違法行為」だと理解した上で、本ページを最後までご覧になってください。

また、「立ちんぼ」より安全に、違法性もなくセックスをする方法やセフレを作る方法も最後に解説しているので、そちらもご覧いただければ幸いです。

 

「立ちんぼ」にいる女性の本音

「法違反を犯して、「立ちんぼ」をするのであれば風俗店で働けばいいのではないか?」

そう考えるのが妥当だと思いますが、それでも何故「立ちんぼ」が存在するのか?

 

それは、「立ちんぼ」をしている女性の本音として以下のものが該当する場合が多いからです。

外国籍の女性

ビザの関係上、職に就くことができずに「立ちんぼ」をして、生計を立てている。

 

風俗店で働く事の出来ない未成年

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、風営法上での変更点はあまりなく、未成年が風俗で働く事や立ち入る事は違反行為とされています。

 

などなど、性風俗店にて何らかの事情で働けない女性が取る行動が「立ちんぼ」に繋がってきます。

この事からも、「立ちんぼ」は日本にあるアングラな裏風俗といえると思います。

また、「パパ活」をしている人口が拡大したことも、理由の一つに挙げられるかもしれませんね。

 

「立ちんぼ」はどこにいる?

そんな「立ちんぼ」たちは実際どこにいるのか?

やっぱり違法行為だし、隠れた場所と考えることは安易に想像がつきます。

しかし、「立ちんぼ」が実際に多くいるとされている場所は大都市の繁華街である、東京・大阪に多いと言われています。

東京…新宿・池袋・大久保・鶯谷・蒲田etc
大阪…梅田・なんば・天王寺・京橋etc

「立ちんぼ」行為事態は、どこの町・どの道でも立っている女性に対して、男性から性行為の交渉があれば成立する事案ですが、実際には上記の場所以外ではほとんど存在しないようです。

そういう場所と理解をしていなければ、男性も声をかけにくくなりますし、「立ちんぼ」は言葉通り立ちっぱなしとなりますので、客付きが悪い場所で行う事はまずないと考えられます。

なので、「立ちんぼ」は「立ちんぼ」がいる。と認知されている場所にしか存在できないのです。

 

「立ちんぼ」のメリットについて

ここまで、「立ちんぼ」はアングラな裏風俗。違法な事と紹介してきましたが

では実際に、「立ちんぼ」を利用するメリットがあるのかを考えていきます。

 

メリット1:相場金額が安い

「立ちんぼ」はアングラな事も踏まえて、性風俗店と比べると比較的相場の金額が安く設定されています。

本番行為であれば、1万5000円~3万円程度
抜き行為のみであれば、5000円程度
これが相場となっております。

 

日本で本番行為が行えるソープと比較してみても、ソープの大衆店でも相場は25000円~となっており、それ以下で本番行為を行えるのであれば格安となると考えられます。

上記の金額はあくまで、相場となっており「立ちんぼ」はお店ではなく基本的に個人で行っておりますので交渉によって価格の変動があります。

交渉上手な方や客が付かない日などの状況次第では、更に安く本番行為ができる可能性もあるでしょう。

 

メリット2:時間や内容を交渉できる

交渉によって時間や内容を決めれる事もメリットといえるでしょう。

先のメリット1でもあげた通り、「立ちんぼ」は個人での行為となるため、時間やプレイ内容も交渉次第で変更出来ることがあります。

本番が出来るソープでは、基本的にゴム有りでの本番行為とされていて、通常では生本番(NSやNNといわれるノンスキン・生中出し)は出来ません。

 

一部の高級ソープでなら出来ると聞いたことがありますが、高級ソープとなるといくらかかるのか…

それと比べ、「立ちんぼ」は個人での交渉次第ですので、生本番(NSやNN)もできる可能性があります。

交渉の末、生本番(NSやNN)がOKとなれば生本番(NSやNN)が出来るとされている一部の高級ソープに行くより相場もかなり金額が抑えれるでしょう。

そんなプレイ内容を交渉できるというのは、メリットとも考えられるでしょう。

 

メリット3:女性を選べる

ソープと違って顔を実際に見てから、交渉を行える事もメリットと言えます。

通常ソープでは、パネルで選んで女性を指名しますがパネル詐欺で残念な思いをした…という男性も少なくありません。

ソープにも当たり外れがありますからね。

 

それに比べ「立ちんぼ」は実際に女性の顔や姿をみてから交渉を行える事が大きな違いとなります。

 

例えば、「立ちんぼ」が多くいるピーク時間に行ったとしましょう。

そこには10人以上の女性がいます。

その10人以上を実際に見てから、交渉が行えるのです。

自分の目で見て、したいと思った子と本番行為が出来る。

そう考えると相場よりも安く感じる事ができ、自分が納得するプレイが行えるのではないでしょうか。

 

「立ちんぼ」のデメリットについて

先に、「立ちんぼ」を利用する際のメリットをお伝え致しましたが、違法行為やアングラな裏風俗となるため、デメリットも生じます。

そんなデメリットをお伝え致します。

 

デメリット1:法律的な問題がある

兼ねてより、「立ちんぼ」は違法行為と伝えております。

違法行為と伝えてある以上、法律的な問題があるという事は変わりません。

いくら交渉次第で生本番(NSやNN)ができて相場より安いといっても、法律的な問題面は避けては通れないのです。

最高刑が懲役6ヵ月と設定されているため、罰金がつく可能性や最悪実刑判決なんてことも…

 

生本番(NSやNN)はしたいけど捕まるのは…と考える方や不安がある方は、100%ソープにいった方がリスクなく遊ぶ事ができます。

生本番(NSやNN)がどうしてもしたければ、高級ソープにいきましょう。

 

「簡単にセフレを作る方法」

立ちんぼや高級ソープに対して、あまり乗り気ではない方、気軽にセックスをしたい方は是非以下の記事をご覧になってください。

セックスまで出来る出会い系アプリ8選!ヤレるエロアプリならこれ!

 

デメリット2:性病のリスクがある

交渉の末、生本番(NSやNN)が出来たとします。

そうすると、性風俗店として営業を行っているソープと比べて違った問題が発生致します。

性風俗店では、嬢の健康の為に定期的に性病検査を行っている所がほとんどですが「立ちんぼ」ではその限りではありません。

またお客さんの管理も出来ているのかと疑問が残る所から性病のリスクは高まると考えられます。

生本番(NSやNN)行為を行わなかったとしても、口性交「フェラ」での性病感染も十分考えられます。

検査をしっかりと行っているという確証がない以上、性病のリスクは付きまとうでしょう。

 

デメリット3:美人局の可能性がある

「立ちんぼ」を行う女性の特徴として先ほどあげましたが、性風俗店で働く事の出来ない未成年やビザの関係上、就業が出来ない外国籍の方などetc、「立ちんぼ」をするしかない状況の女性もいます。

するしかない状況などの際には、悪い人たちが裏で手引きをしている可能性を考える事が出来ます。

性風俗店とは違い、当人同士での交渉となるためホテルに行って気持ちい事をした後に、ホテルの前で怖い人に…いわゆる美人局の可能性を捨てきれない所もデメリットの1つだと考えられるでしょう。

 

「立ちんぼ」にいる女性の特徴

「立ちんぼ」を利用する際には、基本的には男性から「立ちんぼ」に声をかけて交渉が始まります。

「立ちんぼ」側から、声をかけて交渉をとなってしまうとまた違った法律に抵触する可能性があります。

では「立ちんぼ」を見分見分けられるように「立ちんぼ」の特徴をお伝え致します。

 

特徴1:美人率が高い

「立ちんぼ」が多くいるというスポットのピーク時には綺麗な美人の女性が多くいます

「立ちんぼ」はアングラといっても個人間の交渉によって探すのですから、美人や可愛い子でない限り、客付きが悪くなってしまいます。

そんな美人がなぜ「立ちんぼ」を行っているのかは

・完全に割り切りでお金が欲しい。
・性風俗店に在籍して、縛られる(プレイ内容や出勤時間)くらいなら自分で稼ぎたい

などが当てはまります。

 

確かに、個人でそこそこのお客さんが獲得できて自分の好きな時間に働けるのであれば、お店に取り分をとられないので、「立ちんぼ」の方が稼げます。

そんな理由から、美人な女性や可愛い子が多くなると考えられるでしょう。

 

特徴2:露出面が多い/エロい

「立ちんぼ」は個人間の交渉の末に性行為または性行類似行為を行ってお金を稼いでいます。

そんな時にきっちりと決まった畏まった服装をしている人は少ないんです。

脱着のしやすい少しエッチな服装をしている事が多い。

相手をエッチな気持ちにしなければなりませんので、露出面が多い少しエッチな服を着て誘惑しているのです。

 

特徴3:街中で立ったまま

その場で目的もなく「立ちんぼ」をしている女性。

「立ちんぼ」の女性の特徴なのに、「立ちんぼ」をしている女性って?となるかもしれませんが
その言葉の意味通りとなります。

「立ちんぼ」=街中で立ったままお客さんを待っている事です。

露出の多いエッチな女性がその場から動かずにいるのであれば誰か(客)を待っていると考えられます。

 

「立ちんぼ」かどうか見抜く方法

3点の特徴を把握しましたら、実際に見抜く方法をお伝え致します。

特徴と場所さえ抑えていれば、見抜く事は簡単だと言えるでしょう。

 

男性を見てることが多い

「立ちんぼ」はお客さんとなる人を探しています。

男性(客)を探しているのですから、きょろきょろと男性を見ている事が多いのです。

この子「立ちんぼ」かな?と思った子の視線の先を追ってみてください。

通り過ぎる男性や近くにいる男性を気にしている様子であれば、誰かを待っていて探しているか「立ちんぼ」の可能性がぐっと上がります。

 

目線を向けると目が合う

では実際に目線を向けてみたとしましょう。

「立ちんぼ」は探してきょろきょろしていたわけですので、すぐに目が合うと思います。

通常他人と目が合ってしまうと自然と目をそらしたりすることが多いですが、相手が「立ちんぼ」であれば、そのまま見つめてくることが多いです。

それは「立ちんぼ」からしたら探していたかもしれない人が見つかったからですね。

 

一人で立っている

「立ちんぼ」は個人間での交渉となりますので、基本的に1人で立っています。

集団やグループでいることはほぼないと考えられます。

集団やグループでいるとなると男性(客)側にも警戒心を与えてしまいますので、上記の特徴と見極め方を参考に1人で「立ちんぼ」している女性に声をかけましょう。

 

「立ちんぼ」の相場金額について

メリットの部分で相場より安く生本番(NSやNN)行為ができる可能性があるとお伝え致しましたが
実際の相場金額については下記の通りです。

個人の交渉で行われている立ちんぼですが、実際にはその場所場所にあった相場があります。

「立ちんぼ」の相場と致しましては

本番行為→1万5000円~3万円
抜き行為→5000円前後

これらが基本的な相場となります。

地域地域で相場に違いがありますが、ほとんどの場合は平均して2万円前後となります。

 

「立ちんぼ」との交渉方法

では実際に立ちんぼとの交渉からプレイまでの流れを説明致します。

 

STEP1:声をかける

実際に「立ちんぼ」が出現するスポットに行って上記特徴をもとに「立ちんぼ」を探してください。

無事に「立ちんぼ」を見つける事ができれば、交渉をしていきましょう。

相場を元に金額・プレイ内容を伝えてください。

「立ちんぼ」サイドからもこれは出来るけどこれは出来ない等の条件が提示される事があります。

お互いの意見をもとに交渉を進めてください。

 

STEP2:金銭の受け渡し

お金は基本的に先払い方式が多くなっているそうです。

後になってしまうと時間がルーズになってしまったり男性が逃げてしまうリスクを恐れて「立ちんぼ」サイドは先払いの要求がほとんど。

交渉した内容を基に、今回のお金を先に支払いましょう。

 

STEP3:ラブホテルへ

お金の支払いが終わったら、ホテルに向かいましょう。

本番ではなく、抜き行為の場合はホテルとは限りませんが、実際に「立ちんぼ」の女性とプレイする場所へ向かいます。

本番行為の場合は、ラブホテルを利用することがほとんどだと思いますが、その場合は条件をよく聞いたうえで交渉をしましょう。

ホ別やホ込などホテルの使用料金についても交渉をしておいた方がスムーズです。

 

STEP4:プレイ

ラブホテルについたらプレイ開始です。

【STEP1:声をかける】で交渉した内容のプレイを行いましょう。

実際にラブホテルまでこれたから交渉の際にはなかったプレイをしてしまう。という事はやめましょう。

個人間で交渉を行い、条件に合意の元で本番行為を行うので交渉時にないプレイをしてしまいますと、後々痛い目を見ることがあるかもしれません。

 

「立ちんぼ」との交渉に使う隠語

「立ちんぼ」と交渉する時は、基本的に相手は隠語を使用してきます。

周囲の人に聞かれてしまう事やアングラな風俗の意識を「立ちんぼ」サイドも持っている為です。

よくある隠語をお伝えしておきます。

「金額の隠語」

金額に関しては、基本的に単位をつけず数字のみが多いです。

1や3=1万や3万円 イチゴ=1万5千円 などです。

 

「セックスの隠語」

セックスの隠語に関しましては、皆様ご存じの通りとなります。

セックス=本番

本番が交渉の際にOKであれば、挿入OKということになります。

 

逆に本番以外の場合はプチと表す事が多いです。

プチ=口行為(フェラまで)などの本番なしの行為をさします。

 

「ホテル代金の隠語」

ホテル代金につきましては、先ほど軽く触れましたが

ホ別=ホテル代は別の隠語となります。

イチゴ ホ別=ホテル代は別で1万5千円ください。

ということになります。

 

「立ちんぼ」の有名スポット6選で紹介!

「立ちんぼ」がどこに多く出現するのか。

東京・大阪で3選ずつお伝え致します。

場所と特徴、ピーク時間、危険性も併せて記載致します。

 

立ちんぼ有名スポット1:新宿 歌舞伎町

新宿歌舞伎町『大久保公園周辺』

ピーク時間は18時~20時前後となります。

0時前後になるとほとんど撤収してしまうようです。

相場はホ別で1万~2万円と。

こちらは交渉次第で前後するため、金額には幅が御座いますがほとんどがホ別での交渉となります。

日本人が割合的に多く、10代から40代くらいまでの女性が多くいます。

以前までは新宿には「立ちんぼ」のスポットがほかにもありましたが、今はここに集中しているようです。

 

立ちんぼ有名スポット2:新大久保駅 東側路地

新大久保駅『東側路地』

歌舞伎町から距離もそんなに離れていないため、相場・ピーク時間はほとんど同じで18時~20時前後となります。

撤収時間は新大久保の方が少し早く23時前後となります。

歌舞伎町と比べるとこちらのスポットは、アジア系の外国の人が多く、日本人は少ない印象です。

近隣のラブホテルが安い事から交渉含めてトータル的な金額は歌舞伎町よりも安くすむことが多いです。

 

立ちんぼ有名スポット3:池袋

『池袋西口公園周辺』

ここは注意点があります。

池袋西口公園周辺は待ち合わせでもよく使われるスポットとなりますので、「立ちんぼ」だと思って声をかけたらただの待ち合わせだった。なんてこともありますので、しっかりと見極められる人におススメです。

相場は1万3000円~2万円
下限が少し上がっておりますが、交渉次第となりますので相場には大きく変化は御座いません。

ピークの時間帯としては18時~21時となっており、駅の立地上乗り換え駅として使用される事が多い事が起因していると考えられています。

 

電車の時間に影響しているので、終電に近づくに連れて撤収しているようです。

池袋では「立ちんぼ」をしているJCJKがいると噂がたつ事があります。

そんな噂が立つくらいですので、年齢層は比較的若い女性が多いみたいです。

 

立ちんぼ有名スポット4:梅田

梅田のたちんぼスポットといえば泉の広場が一番有名でした。

過去形にしているのは、後述の危険性の部分で触れておりますが、2020年に一斉摘発されています。

一斉摘発をされているのにも関わらず、今でも「立ちんぼ」の目撃情報があります。

泉の広場は大阪の「立ちんぼ」界隈では高レベルという事もあり人気が今も根強く残っています。

相場は東京と変わらず1万~2万円と交渉次第といったところでしょうか。

 

1度一斉摘発をされていますので、まだ警察の目が光っているのは確かです。

リスクがあることを理解しておきましょう。

 

立ちんぼ有名スポット5:難波

関東の人は難波といわれてもわからない人もいるかもしれませんが、ミナミという呼び方ならピンとくる人も多いのではないでしょうか。

難波駅からすぐの近鉄難波ビル付近は「立ちんぼ」スポットとなっております。

年齢層は比較的に若く18時頃から目撃されています。

相場はあまり変わらず1万~2万円ですが、20代から30代が多い事から人気のスポットとなっています。

いくら若い子がよくても18歳以下の場合は問答無用で犯罪となりますので、要注意です。

 

立ちんぼ有名スポット6:天王寺

天王寺はあべのハルカスがあり梅田や難波に次ぐ繁華街としても有名です。

「立ちんぼ」が出現するスポットとしては天王寺公園周辺となります。

天王寺は「立ちんぼ」の相場は安くなっており7000円~ということもあるそうです。

比較的に年齢層が高めで、30~40歳代が多くいるとの事です。

ホテル街が近くにあるため、交渉後はスムーズにプレイに移れることがメリットです。

 

「立ちんぼの注意点

実際に「立ちんぼ」を利用する際の、注意点をお伝えして置きます。

アングラな裏風俗となるため、あくまでも違法でそれ自体がもう注意するべき部分なのですが、一応3点ほど注意点をあげておきます。

 

注意点1:逮捕の可能性

個人間の交渉により、本番行為を行った。

「自由恋愛でしょ?」と思いますが、売春防止法によって逮捕される可能性は十分に考えられます。

以前、大阪にて「たちんぼ」女性61人が一斉逮捕された事があります。

体を売った女性61人が現行犯逮捕された「大阪“ど真ん中”の待ち合わせスポット」で何が起きていたのか?《直撃ルポ》 | 文春オンライン (bunshun.jp)

「立ちんぼ」が現れるスポットが有名になると警察がマークをして、このように一斉に現行犯逮捕に繋がることもあります。

 

注意点2:性病

生本番(NSやNN)も交渉次第とお伝えしてきましたが、あまりオススメは致しません。

性病に関しては先にも説明致しましたが、個人で「立ちんぼ」を行い本番行為をしている場合、性病に危険性が常について回ります。

生本番(NSやNN)をOKとしている「立ちんぼ」も実際には多くいません。

なぜ多くないかは、性病のリスクを知っているからです。

それでも生本番(NSやNN)をOKとしている場合はリスクマネジメントが出来ていないと考えられるでしょう。

そんな「立ちんぼ」はどんな性病を持っているのかわかりませんね…

 

注意点3:自己責任

アングラな裏風俗となるため、基本的に誰も守ってくれません。

全てが自己責任となります。

もちろん大きな事件に発展してしまったり巻き込まれてしまった場合には警察や弁護士の方に依頼は出来ると思いますが、その際には、自身が売春行為をしていた法違反を認めることとなります。

そのため、ほとんどの事は泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「立ちんぼ」には若い子から大人の女性までが数多くいて男性側から実際に顔を見て交渉を行うことができる。

そしてお店ではないので、プロではなく素人と本番が出来ることから、興味を惹かれる男性も少なくないのではないでしょうか。

しかしながらいい事ばかりではなく、アングラな裏風俗と呼ばれていいるくらい「立ちんぼ」はリスクがある行為となります。

逮捕の可能性や性病の危険性を十分に理解したうえで、それでも「立ちんぼ」で遊びたいという方は
1度「「立ちんぼ」の有名スポット6選で紹介!」で紹介したスポットに足を運んでみてください。

あくまで自己責任でお願い致します。

 

「立ちんぼ」よりも安全に素人とセックスする方法」

「立ちんぼ」はあくまでも違法行為です。

そのため、利用してトラブルがあったとしても、結局「違法」なので泣き寝入りすること以外できない。

「リスクを犯してまでそうでをするべきなのだろうか?」
「性病や逮捕の危険性もあるし、立ちんぼは怖いな」

など、本ページを読んだことでこれらの不安を抱いた方が大半なのではないでしょうか?

もちろん、本ページでは「立ちんぼは、あくまでも違法行為だからやめた方が良い」というスタンスで紹介したので、これらのような気持ちになってしまうのは当然です。

むしろ、「それでも立ちんぼに行く!」という感情を抱いてしまった方が危険ですので。

 

Jメールを使って「セフレ」を作ろう

そんなリスクを犯して、お金をたくさん払ってまでセックスをしてしまうくらいなのであれば、「セフレ」を作ってしまうのが一番です!

しかも、「セフレ」ってほとんどお金を使わずに作る事ができるんです。

その方法は、【出会い系アプリ】を使うこと!

【出会い系アプリ】はできる限り格安で、かつ可愛い女の子のセフレを作るのに最適なツールで、AV女優が使っている場合もあるそう。

 

最近ではマッチングアプリなどで恋人を作る人も多いですが、多くの人が健全な恋人作りのために利用しているため、ディープな関係性になるのは非常に難しいです。

しかし、出会い系アプリは”ヤリたい女性”が多数登録しているため、非常にセフレが作りやすい環境が整っています!それこそ、お互いの目的が”ヤリたい”なので、不毛なメールのやり取りも少ないし、出会ってすぐにホテルに行くというのもザラにあります。

 

筆者がオススメする出会い系アプリは【Jメール】です。

普通のマッチングアプリだと恋活、婚活がメインになるところ、Jメールは表向きでもセフレ作りを推奨しています。

立ちんぼとは何?相場金額や本番までの交渉方法を解説!の画像6
引用元:Jメール

それこそ、会員数は業界最大級の600万人を誇り全国どこでセフレを作る事ができます。運営元も日本の会社で24時間365日のサポート体制+不適切な投稿の監視をしているため安全に利用する事が可能。

また、初回登録の際には1000pt無料配布も行っていることもあり、この無料ポイントだけでもセフレを一人以上作れる場合もあります。
※メッセージ返信7p→100通以上送信可能。

マッチングアプリとは違い、双方ともにいいねをしなければやり取りができないということもなく、直接メールでアプローチできるからセフレへ発展しやすいのです。

初回無料ポイント分でもセフレをを作ることは可能ですので、ぜひJメールを利用してみてくださいね!

 

\今すぐヤリたいならセフレを作ろう/

Jメールの登録はこちらから!

men's Pick Up