森咲智美、汗ばむ下乳&とんでもないモザイクショット公開

森咲智美、下乳に汗!

 グラビアアイドルの森咲智美が、フェチ度と破壊力満点のセクシーショットを公開してくれた。

 15日、森咲は「今日の撮影前にworkout」と2枚の画像をTwitterにアップ。「下乳汗でウェア濡れた…」という言葉も添えられた画像は、確かに胸の下部分がしっとりと濡れているスポーツウェア姿だ。

 ピンクのぴちぴちウェアを着る森咲は体のラインが丸わかりの状態で、それだけでもかなり刺激的。お尻のぷりぷり具合や胸のハリもすさまじく、ひと汗かいた後の仕上がりっぷりは「さすが」の一言だ。

 これにネット上のファンも、「見事なカラダ」「汗がエロい」「まさに匂い立つエロス!」「めちゃくちゃセクシー」などと大喜び。あっという間に5000件の「いいね」がつけられており、フォロワーたちも興奮の汗が止まらなかったようだ。

 さらに森咲は、とんでもない画像でファンを刺激した。大型のオブジェのようなものの中に入っているショットで、「とんでもない撮影してきました」と報告したのだ。

 この画像の森咲はコートを脱ぎかけており、胸から下半身にかけてモザイクが入っている状態。その表情は色っぽく、かなり淫らな妄想が膨らむ。とんでもない撮影というのはバラエティ的な意味ではなく、アダルトな意味に違いないと勝手に思い込んでしまうカットだ。

 これにもネット上のファンからは、「エロい」の声が殺到。情報解禁を待ちわびる声も大きく、撮影内容が気になった人が続出することになった。

 圧倒的なネット人気を背景にさまざまなシーンで活躍する森咲。日頃から体作りに汗を流し、撮影でも体を張る彼女は、まだまだ人気を高めることになりそうだ。

【森咲智美】
公式Twitter(@p_tomo0812

おやすみなさい😴 pic.twitter.com/pCnqEXju50 — 森咲智美 (@p_tomo0812) March 11, 2021 森咲智美、おやすみ前の過激ツイート  「日本一エロすぎるグラドル」という異名で知られる森咲智美が、言動不一致なツイートでファンを困惑させたようだ。  11日、森咲は「おやすみなさい」と1枚の画像をTwitterにアップ。これがファンを困らせた。というのも、就寝前の挨拶をしておきながら、ノーブラパンティという超ド級のセクシーショットでコチラをギラつかせてきたのだ!  パンティのみで横に寝そべり、コチラをジッと見つめる森咲。いかにも柔らかそうな素肌はうっとりするほど美しく、ボリューミーな横乳は肉感的で、腰からお尻にかけての盛り上がりもたまらない。下着の食い込み具合もかなりエロティックで、誰がどう見ても興奮を覚える1枚になっている。  当然ながらネット上のファンは、「エロすぎ」「さすが」「ヤバい」などと大興奮。森咲の「おやすみなさい」に対して素直に「おやすみ」と返すファンも多いが、目が覚めてしまった人も多く、あっという間に3000件以上の「いいね」がつけられることになった。  抜群のSNS人気を誇り、連日のようにネットニュースに取り上げるなど、話題になりまくっている森咲。実際、今回もまたこうしてネットニュースとして取り上げており、この記事の後にもほかのメディアが同投稿をネタにした記事を配信するのかもしれない。いずれにしろ、各ニュースメディアは森咲智美の投稿に注目しており、すぐさま記事として配信している状態だ。 「昔からキャッチーな発言をしてくれるタレントというのは、イベントなどで重宝すると言われています。ユニークで刺激的な発言をするメディアも取り上げやすいですから、少しでも露出を増やしたいイベント主催者としては、発信力のあるタレントはメディアに強いとして何度でも呼びたくなるわけです。  そういった意味で森咲さんはとてもメディアに強いタイプといえそうです。毎日のようにSNSの投稿を続けていて、いまだにネタになり続けるわけですから。それだけ彼女の投稿がキャッチーで、記事にしやすいのだと思います」(芸能ライター)  「#これがこう」という人気タグを大発明するなど、SNSの巧みさには定評がある森咲。ビジュアルはもちろんのこと、その天才的なアイデアも人気のヒミツと言えそうだ。 【森咲智美】 公式Twitter(@p_tomo0812)

橋本梨菜vs森咲智美 着衣エロ三番勝負  グラビアアイドルの橋本梨菜のYouTubeチャンネル『橋本ちゃんねる』にグラドル仲間の森咲智美が登場。トップグラドルふたりが、刺激的な対決企画を敢行して話題を呼んでいる。  『橋本ちゃんねる』に森咲が登場したのは、先月末に配信された『【対決?!】橋本梨菜と森咲智美が遂に最強のコラボ実現!どちらが私服で巨乳を強調させれるのか?!【罰ゲームあり】』という回。このタイトルどおり、共にGカップのふたりが自慢の私服を着て、「どっちが巨乳を強調できるか?」を競った企画だ。  これが「なんちゅうエロさや」「控えめに言って最高」「ふたりとも素晴らしい」などとグラビアファンの間で評判を呼んでいる。かなり「煽り」の利いたタイトルだが、その期待値を上回る内容ということで、目の肥えたグラビアマニアも納得のようだ。  この動画でふたりは私服を披露したわけだが、その格好はかなり大胆。もはや私服というよりグラビア衣装で、これを普段着ていると思うと確かに萌える。  ふたりが披露した服は3タイプ。1着目は「ニット対決」で2着目は「ワンピース対決」、3着目は「自由対決」だ。  ファースト勝負で橋本はグレーのニットを、一方の森咲は真っ白なタートルネックを着用。いずれもおっぱいのカタチがよくわかる「着衣巨乳」状態が眩しい姿だ。しかも森咲はピンクのブラが透けて見えるというエロテクを駆使しており、そのあざとさには橋本も舌を巻いた。  次の対決では、共にボディコン系のワンピースを身につける。ともにボディラインがよくわかる姿で、むっちり感がすさまじい。ここでも森咲は胸の谷間が丸見えのハレンチな姿を見せた。  最後の対決でも森咲はもはや「ぶっ飛んでいる」と表現したくなるほど、刺激的な姿に。ミニスカにジャケットというセットアップなのだが、ジャケットの前はがら空きでノーブラという、生おっぱいがほぼ丸見えの超ハレンチな格好になったのだ。  ラストの橋本も透け感のあるピチピチワンピで、お尻や胸の丸みが男心を刺激する姿。それでも森咲のインパクトには一歩及ばず、スタッフによるジャッジによって、この三番勝負の勝者は森咲となった。  対決途中、橋本は森咲に対して「絶対すぐヤレる」と奔放すぎる格好だと指摘。これに森咲は笑いながら「そんなことない」と否定したが、男性からのアツい眼差しは常に狙っているよう。それもすべてプロ意識ということなのかもしれない。  眼福であり貴重で、森咲が「日本一エロすぎるグラドル」と呼ばれるワケが垣間見えた今回の放送。橋本のボディとトークも堪能でき、ファンにとってはたまらない回となったに違いない。ゆるいながらも刺激的な『橋本ちゃんねる』には、引き続き攻めた企画を期待したい。

どうやってもトップが見えそうで見えない#グラビアあるある pic.twitter.com/M2SoihXmSO — 森咲智美 (@p_tomo0812) February 17, 2021 森咲智美、見えそうで見えないキケン動画  グラビアアイドルの森咲智美が、「#グラビアあるある」というハッシュタグと共にギリギリのセクシー動画を披露してくれた。  17日、森咲は「どうやってもトップが見えそうで見えない」と短い動画をTwitterで公開。その言葉どおり、谷間全開のスケスケの衣装にパンティというハレンチ極まりない姿で動き回りながら、バストトップはどうしても見えないというグラビアテクニックが詰まった動画だ。  この動画は、相変わらず見事なボディの森咲が、笑顔で体を揺らしながらコチラをジッと見つめているというもの。腰をフリフリしたり後ろを向いてお尻を突き出したりと、艶めかしいポーズを何度も決めるが、決して大事なところは見えない。そのキワどさにドキドキハラハラしつつ、ジッと魅入ってしまう魔性の動画になっている。  これにネット上のファンは、「絶妙すぎる!」「最高にエッチ」「何度も見ちゃう」「うぐぐ~」「素晴らしすぎます!」「キケンなエロス」などと大興奮。あっという間に6万回以上再生され、6000件超の「いいね」がつけられることになった。  もちろん、森咲の美貌や抜群のスタイルにも絶賛コメントが殺到。日頃からセクシーなSNS投稿で話題となる森咲だが、今回もまた新鮮な刺激をファンに与えたようだ。  そんな森咲は、18日放送の人気バラエティ『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に初出演を果たす。すでにさまざまなニュースサイトで報じられているが、森咲は「エロすぎる衣装」で挑み、ダウンタウンという超大物から”愛”ある洗礼を受けたよう。SNSでブレイクした彼女が国民的バラエティでどんな姿を見せているのか、放送が待ち遠しいファンも多いに違いない。

men's Pick Up

ニュース関連トピック