小野六花(おのりっか)インタビュー後編 初イキと初ハメ撮りについて聞いてみた 

FANZAニュース×メンズサイゾー】人気爆発の大評判!MOODYZ専属・小野六花インタビュー後編!

「大人にならないで!」「そのままでいて!」と天然美少女として評価はうなぎのぼりの小野六花ちゃん18歳!
新作『初めてイッちゃった』も絶好調の彼女が、撮影秘話&初イキの裏側をドーンと語ります!

小野六花

(インタビュー・文/豆あき)
(構成/FANZAニュース編集部)

前編はこちら!
[mens_blogcard 172067]

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

初めてイッちゃった! 小野六花

小野六花の初イキは4本目の撮影で

――さて、上半期に発売された3本にはちょっとした秘密がありまして…実は撮影でも「イク」っていう実感がなかったという。

小野 そうなんですよ!めっちゃ気持ちいいしそれまでのエッチとは違う高まった感じはあったし、テンションも上がって、充実感もあったんですけど…この作品で「あー、イクってこういうことなんやー」ってハッキリわかったんですよ。

――イクってどんな感じでした?

小野 頭真っ白(笑)。

――デビュー作の時は何も考えられない「無」でしたけど。今度は真っ白だ!

小野 「なんも考えられない」の度合いが違いましたね(笑)。単純に、それまで味わっていた気持ちよさの100倍!

――天と地の差が!

小野 なんだろう、スイッチが入っちゃうみたいに瞬間的にドカンと来ますね。そういう感覚もいままで味わったことがなかったんですけど、この時の撮影では最初のカラミから全然違った…

――いったい何が?

小野 きっと自分の中でも気分が切り替わっていたところはあると思うんですよ、やっぱり初イキがテーマの作品なので「今日はイクぞ」と。実は台本を受け取った時から「い、イケるのかな」ってプレッシャーはちょっとあったんですけれど(苦笑)。

――まさかの初回からイッてしまったという。

小野 これは自分でもびっくりしたんですよ。始まった時からいきなり気持ちが良かったし…男優のしみけんさんとの相性もあったとは思うんですけれど、それにしても気持ちが良くて。イク前と後でその気持ちよさも違うんですよ、一度イクと気持ちよさが持続して、何度でもイケそうなくらい気持ちいい…。

――なんというか、感動ぶりがよく分かりますねー。

小野 伝わりますかね~?

小野六花、大人のオモチャの刺激にも目覚めた!

――初めて使ったときはピンとこなかったオモチャでしたが、今回はこれでも絶頂!

初めてイッちゃった! 小野六花

小野 気持ちよかったです。今回はローターと電マを使ったんですけど、前回がひたすら刺激が強くて気持ちいいどころじゃなかったローターがめっちゃ気持ちよくなっていて、「私のカラダ、イッてから急に変わったのかな?」って不思議になるくらい感じてしまいました…。

――大人のエロ階段を上ってるじゃないですか!

小野 でも、電マはまだ刺激が強いので私には早いのかもしれないですね(笑)。

――今後に期待ですね!

小野 ローターは本当にちょうどよく感じたんですよ、今回。いいところに当たるし、指や舌とは違う機械の振動がうまくハマったみたい。イク感じも全然違うんですよ。やっぱりイッた後って愛撫にしろおちんちんにしろペースって変わるじゃないですか…、それがオモチャだと一定の振動で休みなく刺激が来るから…もう何度でもイケちゃう。

――先ほど初イキの感想で「イケそうなくらいの気持ちよさが持続する」とありましたが、まさにそれだ。

小野 人と違って機械だから手加減が無いんですよ(笑)。だから連続で何度もイかされちゃう。もうすごかったです、ローター。

小野六花、オイルHが大好き!

――さて、これまでは「忙しかった!」という3Pですが、今回はまた違ったようですね。

初めてイッちゃった! 小野六花

小野 前回で、3Pがどういう動きをするのか分かっていたから余裕があったのと…大好きなオイルだったんですよ(うれしそうな顔)

――きみ、オイルH本当に好きなんだなあ!

小野 だからパッケージの写真も見て欲しいんですけど、明らかにテンション上がってるんですよね(照)。

――ほんとだ…Wフェラも完全に食いしん坊の顔ですよね。

小野 そう、しかもこの時は自粛期間にお風呂たくさん入っていて、すごく身体が絞れていた状態なのでカラダも調子が良くって(笑)。テンションは上がるし、気持ちいいし、大好きなオイルHもできるしで…。

――そりゃこの笑顔ですよね。

小野 足がちょっとスッキリしたのか、太ももが軽くてちょっと動きやすかったりしましたね。脚もよく開いたし、たぶん映像を見たらわかるんですけど、身体が動きやすくなってるからイクときにピクピク動いちゃってるのが見てわかるんだろうなーって。

――初めての3Pとはやっぱり違いましたか?

小野 前回はずっと責められてて気持ちいい…だったんですけど、今回はイッた後も責められてるから気持ちよすぎてどんどんイッちゃう…でしたね。しかもオイル! オイルで気持ちいいのに、そんなにされたら頭真っ白になっちゃう。

――相当の出来事だったというのがよく分かるコメントですね!

小野 伝わりました!?

ハメ撮りとふだんの撮影、どっちが好き?

――そしてラストを飾るのがハメ撮りですね。これまた人生初の経験なのかな?

小野 そうですそうです。プライベートではもちろん経験なかったし…でも、普段の撮影とは雰囲気も全然違って新鮮でしたね。やっぱりどうしても人の視線って気になっちゃうんですよ。

――撮影現場って、想像以上に人がいますしね。

初めてイッちゃった! 小野六花

小野 男優さんやカメラマンさんだけじゃなくて、たくさんのスタッフさんがいる。しかもみんなこっちを見ている中でエッチするって、やっぱり意識しちゃいますよね。そういうのにまだ慣れていなかったので…ハメ撮りはそういうのが無くて集中できました。それは本当に良かったです!

――どっちが自分向きですか?

小野 これは選べないです!どっちも良さがあるんですよ。ハメ撮りはリラックスできて、スッと気持ちよくなれたりプライベートのエッチっぽさがあったんですけど、やっぱり普段の撮影はいい意味の緊張感もあって「頑張ろう」って自分の限界を超えていいとこ見せようとするから結果、お仕事に対する満足感もあるし。

――なるほどー!

小野 人の視線はプレッシャーでもあるけど、そのお陰でいいお仕事が出来ていたと思います。だからどっちも自分には合ってると思います!

――視線を意識と言えば、デビューの時はカメラをチラチラ見すぎてたという反省もありましたが。

小野 あ~…その時に比べたら全然慣れてるのかもしれませんね(笑)。

クリトリスの場所はデビュー後に知りました

――いかにデビュー作の時はウブだったかってことですよね。

小野 そうなんですよ、デビュー作に出たときは本当に何にも知らなかったんだなって後から思いました。あのー…わたしクリトリスの場所も知らなかったんですよ(照)。

――えっ!何そのいい話!!

小野 クリトリスっていうものがあるっていうことは知っていたんですけど、どこにあるのかはホンマに知らんくて…

――自分で触って確かめたりは?

小野 なかったんです。オナニーも一度やってみたけど気持ちよくなかったし、全然やらなかったんです。

――そのまま、漠然とエッチして「気持ちいいなあ」くらいの認識で大人へ…。

小野 まさかこんなにちっちゃいものだとは…初めての撮影で男優さんに「クリが感じるの?」って言われて、確かにその時ピンポイントで気持ちいことに気が付いたんですよ。これはいったいどこなんだろうって、それで後からググったら図解が出てきて、「あっ、あのクリトリスって…」って初めて詳しく分かったんですよ。

――すっげえ遠回りしてきましたね!

小野 そのあとお風呂で自分で確認しました(笑)。いやあ…あんなに弄られて気持ちがいいのに、すごくちっちゃいんですよね。これは見つからないわ…と。

――そんなクリイキも今回は見せてくれます。

小野 良かったです…でもナカもやっぱり好きですね。バックで奥を突かれてる時が気持ちいいので、それでイケるともうずっと気持ちいいままで。この時クリもナカも体験できたので…最高でしたね。

小野六花 新作『思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ』

――そんな身体がどんどんエロく開発されている中で…来月はこちらの新作が登場します!『思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ』予約も開始!

まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花

小野 もうこれで5本目なんですよ、早いですねー!

――今回は主観映像が多めなのかな?

小野 そうですね、私はお姉ちゃんの彼氏を誘惑して寝取ってしまうという…そういう作品です。

――寝取り!ちなみにちらっとでもそういう願望あります?

小野 いや~、無理無理無理(笑)。友達の彼氏がどんなにかっこよくてもそういう風に思えないし、考えたこともないですよ~!

――そんな六花ちゃんが、今回は初のJK役。

まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花

小野 制服は着てるんですけど、役としてJKを演じるのは初…つい最近まで着ていたとはいえ、当時は普通のブレザーで今回着たような優等生な良い子のブレザーじゃなくてホント地味な制服だったんです。だから昔に戻って懐かしいというより、「あ~、優等生みたい」っていう感じでしたね。

――リアル学生時代は優等生ではなかった?

小野 全然違うんですよ(笑)。特にかしこいって感じでもなく、ただただ友達とキャッキャしてるごく普通の高校生やったんで、こんな華のある感じじゃなかったんですよね。

――じゃあ、こういう優等生で真面目そうなのにお姉ちゃんの彼氏を寝取っちゃうくらい小悪魔な女の子っていう感じでは…

小野 キャラぜんぜん違いますね(笑)、だから違う自分になったみたいで楽しかったんですよ。

寝取りなんて考えられない!あってはならないこと!!

――隠れてこっそりっていうのがテーマのひとつなんでしょうか。

小野 そうですね、お姉ちゃんにバレへんようにこっそり触りあいっこしたり…それもまたお姉ちゃんそばにいるからチラチラ様子見ながら触っていくんですけど、そんなシチュエーション考えられなくて。やっちゃいけないでしょ、そんなこと(笑)。

――わはははは!

小野 彼氏がお風呂に入っているときに押しかけて脱衣場でフェラしちゃうとか、お姉ちゃんが寝ているスキに…とか。バックでしながら振り返って、口に人差し指当てて「シー」とか、本当にこの子のやってることは…

まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花

小野六花、恋愛観は意外と堅実!

――わはははは!いままで思いもよらなかった寝取りH、やってみてどうでした?

小野 いや~楽しかった(笑)。でも、あくまでそういう役だから楽しめたっていうのはありますね。プライベートでこんなことできないですよ、その後の人間関係気になっちゃったり、絶対大変じゃないですかー!

――おっしゃる通りで!でも、六花ちゃんの恋愛観は意外と堅実なんですね。

小野 普通がいいですね…あんまり冒険できない性格なので、だからこそこういう自分じゃない自分になれるのは変身してるみたいでまた楽しいんですよ。

――ここは楽しみにしていて欲しいっていう見どころは?

小野 実はここで初めてのオナニー撮影があります!プライベートでは経験も少なくてちょっと苦手だったんですけど頑張っています!

――大丈夫だった?

小野 おもちゃを使ったんですよ、とにかく男優さんが弄ってくれて気持ちよかったところ…クリと穴の周りがすごく感じたなぁ~って思い返しながら自分でもやってみたら…イケたんですよ!

――苦手克服じゃん!

小野 ほんとですよ、「やったー!」って声出しちゃいたいくらいうれしかった。ちゃんと自分の身体が感じることができて、最後までできることが分かって安心したし、嬉しかった。

――ちょっとそれは楽しみにしておきたいですね。

小野 あ…でもブルーレイだけのお楽しみ映像なので、みなさんよろしくお願いします!

【数量限定】まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花 (ブルーレイディスク) 特典DVDと生写真3枚付き【数量限定】まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花 (ブルーレイディスク) 特典DVDと生写真3枚付き

――チョイチョイいい感じのプロモーションいれてくるのがズルいですね!かわいいから許す!!

小野 あはははは!

サイテーの女の子を演じてみて…楽しかった!?
――しかし、プライベートでは恥ずかしくっておねだりも出来なかった六花ちゃん。ここまでの4作品でもどっちかというと受け身だった六花ちゃんが誘惑するっていうのが楽しみですねえ。

小野 「バレないからいいじゃん」とか甘えてる?懐いてるのかな?そういう感じで迫ってます(笑)。

まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花

――たまらんすねぇ。

小野 お姉ちゃんとエッチしてるところを見て、「なんでお姉ちゃんとしてんの?」って言って、ちょっと強気に攻めたりする痴女っぽいエッチ。

――そこまで見せてくれるのか!!

小野 でもねー、本当に演じていて罪悪感がひどくって。あまりに申し訳ないから、当日はマネージャーさんに「サイテーよなー」ってこぼしてました(苦笑)

――それだけ役に入り込んでたってことですよ。

小野 この作品もやっぱり最後に撮影したやつが一番テンション上がってるんですけど、酔いつぶれて寝ちゃったお姉ちゃんのすぐ後ろのソファでエッチするのが…声出しちゃいけないから我慢してるんだけど~っていうやつが、なんやろ、本当に悪いことしてる気分でサイテーなんですけど、めっちゃ燃えました(笑)。でも、本当にプライベートでそんな願望無いんですよ!そんな子じゃないんですよ!!

まだ10代少女で発育途中!性の知識の薄い思春期の彼女の妹とドキドキこっそりエッチッチ 小野六花

――わかってますって、大丈夫ですって!!

小野 と、いいつつも自分で観るのが楽しみな作品なんですよね(笑)。結構本格的にお芝居したので、どんな子になってるか楽しみにしています!

女の子からもフォローされて…

――ちなみに自分のAVを観るのに抵抗はないんですか?

小野 最初観れへんかったけど、思い切って再生してみたら「これは私じゃない」と思えば平気だなと思ったんで。いまはもう平気ですね。

――自分から見た「小野六花」ってどんな子ですか?

小野 控えめでおとなしそうな女の子だなあ…って、実際はちょっとっていうか全然うるさいしおしゃべりな人なんで~。

――ツイッターでチョイチョイその片鱗は見えますね(笑)。

小野 あー、そうですね。ツイッターもみなさん是非フォローしてください。イベントの予定も今色々頑張ってるんですが、今はとにかく率直な感想を教えて欲しいし、おしゃべりしたいです!

――もうすでにフォロワーさんも増えてきておりますが、リプのやり取りで印象的だったことはありますか?

小野 女の子のフォロワーさんが出来たんですよ。まさか自分が女の子からフォローされるとは思っていなかったのでビックリしました。

小野 女の子のフォロワーさんって写真もちゃんとチェックしてくれて、「どんなリップ使ってるの?」とかメイクのお話もしてくれて。なんか嬉しいなあって。

――かつての自分を見るような気持ちじゃないですか?

小野 明日花キララさんは私とは比べようもないくらいキレイで雲の上の人ですよー!でも、本当に女の子からも好きになってもらえるのは意外だったんです。

――そうなんですねー

小野 やっぱり心のどこかで「AV女優だから世間の目も厳しいだろう」って、どこか後ろめたいような気持ちはあったんですよ。でも、昔の私みたいにAV女優であっても興味を持ってくれて、女の子として声をかけてくれる女の子がいるっていうことが分かって…安心できたというか。いいもんですね!

――これから先、新しいフォロワーさんもどんどん増えます。小野六花という女優を知るために観て欲しい作品を選んでみてもらえますか?

小野 それならやっぱりデビュー作かな。ほんまにはじめてのお仕事で、自分でいうのも変なんですけど初々しい(笑)。この時の緊張やドキドキはもう私も味わえないし、この時の姿をもう一度やってみようと思っても無理ですね。このガチガチな感じにはもうなれないとおもいます。

――それだけお仕事に慣れてしまったというのもあり、生々しい小野六花はこれがオンリーワンなのかもしれない。

小野 そう思います。本来の私って、きっとこういう感じの女の子だと思うので、まずはこれを観て欲しいなと思います!

今後の目標は責める女!

――今後の目標ってありますか?

小野 責める方!

――ナニで目覚めたの!!

小野 もともとドMじゃなかったんですよ。自分は普通だろうなーとは思っていたんですけど、お仕事しているうちに相手の感じてる顔、苦しそうな顔を見てるとちょっと気分が盛り上がることに気が付いてしまって…

――きましたね!

小野 でも、こういう願望は恋愛感情ある人には絶対わかないんです。だから仕事の中で、小野六花としての願望をちょっと形にできるような責められる女になりたいと思ってます。

――いい目標じゃないですか!

小野 頑張ります!女友達も応援してくれているので(笑)。

――え、ちょっと待ってちょっと待って。最後の最後で超気になるネタきたぞ!

小野 え?(笑)

――女友達にはオープンにしてるんですか?

小野 いや、そういうわけじゃなかったんですけど…デビューするっていう時、情報解禁したら即連絡来ましたね(笑)。地元の男の子が見つけたらしくて、それが広がったみたい。

――あれまー、AVやりそうだと思われてたのかな?

小野 いや、逆に「絶対やらんと思ってたー、それだけはないやろ」って言われましたね。そういう風には見られてなかったみたい。でも「がんばれ」ってみんな言ってくれますね。

――早い段階から熱心なファンゲットじゃないですか。

小野 女の子から連絡来ることが多くて、みんな興味津々ですよ。「しみけんさんって本当にうまいの?」とか、めっちゃ聞かれるんですよ。

――初めてイッた相手がしみけんさんだもんなー(笑)。

小野 「うまいよ~!」ってこっちも自慢げに。「AV女優なればええやん」ってこっちも誘ってはみてるんですけど、「それはイヤやから、男優さんのセフレになりたい」って。

――めちゃめちゃ面白いな現代っ子(笑)。

小野 みんな興味はあるのでめっちゃ応援してくれるんですよ。友達5人くらいがAVも買ってくれてるんですけど、長文で感想おくってくれたりしてるんですよ。

――みんな観てくれてるんだ~。

小野 で、実は自分で出演作を観直したっていうのもそういう友達と一緒なんですよ。それこそ小6くらいからの長い付き合いの親友と自分がセックスしているAVを(笑)。

――おもしれえ…反応どうでした?

小野 基本、褒めてくれないんですよー、友達の中では私いじられキャラなので「いつもと全然違うやん」とか煽られたり(笑)。

――こういう仕事に就いたからって疎遠になるわけじゃないから良かったじゃないですか。

小野 ですね。あ、3作目のメイドさんのパッケージは「かわいい」って評判でしたよ。でも、言われる私は「自分じゃない」って思ってるので、他人事みたいな気分なんですけれど(笑)。

――そんな友達もびっくりさせるようなご活躍、期待しております!!

小野 頑張ります。応援してくださいね!

小野六花

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 まさに「新世代」といった感じで、AVにネガティブなものがなくてお仕事もエッチも楽しんでいる、自然体だけどちゃんと前向きな女の子でした。よくしゃべるしよく笑う、そして雑談が止まらない!SNSでもイベントでも良い、彼女と触れ合っていただきたい…きっと大好きになるよ!

(インタビュー・文/豆あき)
(構成/FANZAニュース編集部)

【記事提供:FANZAニュース

men's Pick Up

AV関連トピック