【ネットナンパ】Fカップの巨乳人妻がクンニに感動!! ノーピストンのまま大量射精へ!

「フェラしなくていいんですか?」

「ありがとう。じゃ、少しだけお願いしようかな?」

「は、はい」


 身体を起こそうとするマミコちゃん。


「あ! そのままで大丈夫」

「え?」

「俺がチンチンを入れるから、口を開けて」

「は、はい」


 マミコちゃんが仰向けのまま口を開く。そのクチマンコめがけて勃起チンコをゆっくり差し入れる。

 亀頭を入れたところで腰を固定する。下手にこれ以上入れるのは危険だろう。


「それじゃあ、亀頭に舌を当ててぐるんぐるんと動かしてみて」

「は、はい」

「あ、ゆっくりだよ。速くされると出ちゃうからさ」


 指示通りに舌を動かすマミコちゃん。


「そう、上手だよ。そのまま舐めながら、手でタマタマを優しく触って」

「は、はひ」


ギンっ!


 チンコがさらに反り返る。その不意の動きについていけず、彼女の口からチンコが外れてしまった。


ガシッ


 タマ触りを中断し、両手を筆者の腰の後ろに回してきたマミコちゃん。“そのまま動かず黙ってチンコを舐めさせろ”という彼女の意志表示なのだろうか。

 ここは素直に従うことにした。

 そのまま数分ほど舐めてもらったところでギブアップ。


「も、もう十分過ぎるよ。お願いだからもう入れさせて」

「は、はい」


 しっかりコンドームを着用する。そして入れる直前にクリトリスを舐めることにした。

 クリ舐めしながら指先で膣口周囲の濡れ具合を確認。まだヌレヌレ状態だったので、挿入しても問題なさそうだ。

 正常位でインサート開始。

 半分ほど挿入したところで一旦停止。マン圧に慣らしながら挿入することで早漏を避けるのが狙いだ。


グネン!


 突然、マミコちゃんが腰を使ってきた。これは予想外だった。

 巧みな腰使いにより、チンコが一気に根元まで飲み込まれてしまった。


ん? このまま俺が動かなかったら、マミコちゃんはどうするんだろう?


 その答えを知るべく、無言のまま動きを止め続ける。


ぐね、ククン、ググっ、くねん…


 下から腰をリズミカルに動かしてきたマミコちゃん。これは一朝一夕で身に付けられる動きではない。前のセフレにでもたっぷりと仕込まれたのだろうか?

 とにかく気持ちいい。このままではピストンすることなく射精してしまいそうだ。


がしッ!


 マミコちゃんが両足を上げ、筆者の腰の辺りで交差させた。

 マウントポジションを取られそうになった格闘家が行うガードポジションのような形だ。

 腰が密着し、チンコにかかるマン圧が急激に高まる。

 その状態でクイクイと腰を使い始めるマミコちゃん。


「め、滅茶苦茶気持ちいいよ」

「わ、私もです」

「このまま、イカせてくれる?」

「は、はい」


 もっとこの絞め技を満喫したかったが、ものの数十秒で限界を迎えてしまった。


「い、イクっ」


 そう一声かけ、ドクドクとゴム内に射精する。


ふぅ。


 ただの一度もピストンすることなく、果ててしまった。

 その後も腰の動きを止めないマミコちゃん。数分ほど放置していたのだが、そろそろチンコが萎み始めてきた。


「ありがとう。もう十分だよ」

「え?」

「このままだとゴムが外れちゃうからチンコを抜くね」

「え、あ、はい」


 キョトンとしているマミコちゃん。


ま、まさか!?

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック